「岩谷山」砥部焼の里へ低山トレッキング

2015.12.19

活動詳細

詳しく見る

山遊びに行きたいな~師走に入ってバタバタで土曜日の午後からの空き時間を使ってトレッキングに、しかし15時には帰宅しなければならない!(/_;)~~ ん~何処へ行こかな?近場で、ん~そうだタウン誌で紹介されてた面白そうな低山へ行こう(^^) てな、感じでお気に入りのベーカリーショップでサンドイッチ買って市内から30分前後とほど近い砥部焼の里、砥部町へ! (砥部焼で有名な砥部町は、町内に窯元が沢山あり年に2回春・秋の窯だし市は、普段高値の焼き物が不揃い・キズもの・低価格で販売となるため本州からも買いに来られ大盛況で賑わってます。) マイカーで国道33号線から国道379号線を南へ進むと衝上断層公園がありここに駐車し天然記念物だという日本最大の断層「中央構造線」が見れるそうで古い地層が新しい地層に乗り上げた珍しい逆断層なんだとか! 断層を見て寄り道を終えスタート、山道まで歩くことに旧道からT路地を左に曲がり緩やかな坂道を進むと霊岩寺が左に見え立ち寄って参拝しました。 寺の左から裏へ回ると岩谷山の登山口・案内板がありそこに、88カ所の札所が描かれていてミニ遍路が味わえそうなので修行僧気分で(笑) 登山開始も雑木林をジグザグに縫うように続く登山道は落ち葉が大量にあり滑りやすく登り難いさらに上に進んで行くと頭上にせり出しそびえ立つ断崖絶壁が....(゜_゜) この、風景は四国霊場45番札所岩屋寺にくりそつ!どうも、この山の「岩谷山」の名前の由来は岩屋寺からきているそうだ。 絶壁に沿った先の急斜面の岩場に黄色く塗られたハシゴがあり脇には鎖がありお遍路気分^^緑の森から突き出た岩峰の上が展望台に安全対策でガードパイプがあり景観的には無い方がいいのだが.... 眼下には岩谷地区ののどかな風景と砥部町を代表する山・障子山の山容を眺めながら爽やかな気分で山メシのサンドイッチとカフェオレでランチタイムを楽しみ帰宅時間があるため美しい絶景を惜しみながら下山しました。 修行場を思わせる急な岩場・はしご・鎖があり登りがいのある低山でした! 時間がなく砥部焼陶芸館を紹介できず残念 こんな、低山もいいな! 機会があれば障子山へも..... やっぱり、山で食べると美味い!               おわり 自宅着14:57                                           

衝上断層公園の駐車場に到着
駐車場から山並みを!砥部焼の窯元でしょうか煙突から煙りが
目的地へと歩き、国道から旧道に入り民家越しに山並みを!しかし、いい天気
エッ!案山子?徳島のとは違うな~ 頭がマネキンでリアル
途中、旧道を左に霊岩寺へ向かう
午後からではあるが山行日和
食べたくなった(^^)
岩谷道路の記念石碑だそう
岩谷霊岩寺、すぐそこだそう
チョット立ち寄って参拝する
お地蔵さん、お邪魔しました
南天!美味しそう違う違う(^^)
霊岩寺の脇道をさらに進むと巡路案内図
ここから、山道で山頂の展望台へ
里山ぽい感じでいい雰囲気
雑木林の中をジグザグに登る
薄暗い雑木林に陽が差し込む
ここも、大量の落ち葉で滑り登りにくい
頭上にそびえ立つ断崖絶壁の下にお地蔵さんが
陽を浴びるお地蔵さん
雑木林も陽を浴び青々しい
岩に張り付いた苔も触るとふわふわ
断崖絶壁を見上げる
眩しい!
進むと、黄色く塗られた鉄の梯子と鎖が! 遊び心をくすぐられる
こんなのも、短い階段
垂れ下がる枝越しに山並みを
尾ねに出たようだ
さっきの、断崖絶壁を上から覗き込む滑り落ちるとヤバイよね
岩尾ねが途中切れてるので黄色の橋が足が一本錆びて腐ってました(^^;;
まだまだ、色ずきが残る山並み
木々越しに黄色の橋と山並み
後ろ姿をパシャ!今日の服装はグリーン系の着こなし😜
ここを、抜けると展望台
砥部町を代表する山・障子山の綺麗な山容を眺める
岩谷山の展望台で四国風にパシャ
今日の、山メシはお気に入りのベーカリーショップで買ったベーコンチーズとカツサンドにカフェオレ
眼下に、参拝した霊岩寺の岩谷地区ののどかな里山の風景が
約束事の時間もあるので眺望を惜しみつつ下山しました。
紅葉を楽しむ
チョット寄り道して吊り橋を
断層の案内板、ふ~ん天然記念物なのか~
周辺を、ぶらぶら
河川、流れ脇の衝上断層を見る
岩博士、しばてんさんなら興味ありそう
植樹だけど枝振りが気に入りパシャ
おまけ!我が家の砥部焼、定番の絵柄もお気に入り(^^分厚くて丈夫で長持ちしてます!

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。