生駒 千光寺 行場巡り

2015.12.17(木) 10:52 - 2015.12.17(木) 16:22
役行者が大峰に行く前に修行していた場所という、千光寺へ。ここまでのルートもなかなかいい感じ。 お寺でお参りした後、鎖場があると本で読んだ裏行場へ向かう。実際は寺のお堂の裏から入るのだが、地図に「裏行場ルート」というのがあるので、そっちにあると勘違いし行ってしまう。(このルート途中に「千光寺へ」という分岐があったので、そこに入ればいくつか岩が見られたかもしれない。) お寺裏手からのルートに合流し、寺側に引き返すと、裏行場に行くことができた。 いったん迂回路で下り、3つの岩を鎖で登る。慎重にゆっくりと。 お寺に戻ると、行者堂脇に「行場は危険なので入るにはお寺の許可がいる。怪我をしても責任はとれない。」旨の看板が。勝手にすみませんでした。。。これから行かれる方はお気を付け下さい。 帰りの駅への道はずっとコンクリートの道路歩き。行きと同じルートを戻った方が楽しめそうでした。

写真

近鉄 元山上口駅 出発

近鉄 元山上口駅 出発

式内社 生駒山口神社に立ち寄る

式内社 生駒山口神社に立ち寄る

田園風景を通りすぎ

田園風景を通りすぎ

石佛群に到着

石佛群に到着

苔むした雰囲気のある場所

苔むした雰囲気のある場所

数か所に磨崖仏

数か所に磨崖仏

右 千光寺  左 行場

右 千光寺  左 行場

千光寺に到着

千光寺に到着

オールスター的な

オールスター的な

お手洗いと水車

お手洗いと水車

行者様の行列が何か所かにあります

行者様の行列が何か所かにあります

行者堂

行者堂

男子は錫杖を3回持ち上げる 女子は下駄を履いて3歩歩くと良縁があるそう

男子は錫杖を3回持ち上げる 女子は下駄を履いて3歩歩くと良縁があるそう

錫杖。ピクリともせず。

錫杖。ピクリともせず。

鉄下駄。引きずりながら一応3歩!

鉄下駄。引きずりながら一応3歩!

お堂の中に像があるよう

お堂の中に像があるよう

入口の受付(本日は無人)にあったので200円入れました

入口の受付(本日は無人)にあったので200円入れました

裏行場ルートへ。(寺を出て、手前の分岐から行場方面に入る。)川沿いにお不動さん。

裏行場ルートへ。(寺を出て、手前の分岐から行場方面に入る。)川沿いにお不動さん。

看板があったが、倒木はありませんでした

看板があったが、倒木はありませんでした

イノシシ出没の張り紙、何か所かで見ました

イノシシ出没の張り紙、何か所かで見ました

行場はまだかと進むと

行場はまだかと進むと

千光寺裏側から続くルートに合流。行場見逃した?千光寺方面に戻ってみる。

千光寺裏側から続くルートに合流。行場見逃した?千光寺方面に戻ってみる。

途中、右手の分岐に入り、西の覗きに立ち寄る。

途中、右手の分岐に入り、西の覗きに立ち寄る。

元の道に戻り、鉄塔を越える。

元の道に戻り、鉄塔を越える。

進む方向は足元のテープで確認できる

進む方向は足元のテープで確認できる

右手に、この下裏行場との看板

右手に、この下裏行場との看板

地図は直進にルートがあったので、直進してみるが道がなくなり引き返す。

地図は直進にルートがあったので、直進してみるが道がなくなり引き返す。

裏行場方面へ下る

裏行場方面へ下る

落ち葉が深く積もっている

落ち葉が深く積もっている

急坂。落ち葉の下に鎖が埋もれていた。

急坂。落ち葉の下に鎖が埋もれていた。

やっと鎖場。下るのは怖いので、左の迂回路を降りる。

やっと鎖場。下るのは怖いので、左の迂回路を降りる。

鎖付きの梯子を下り

鎖付きの梯子を下り

下から登ってみる

下から登ってみる

登れました

登れました

もっと下まで階段で降りる(この階段が結構怖い)

もっと下まで階段で降りる(この階段が結構怖い)

奥の院に到着。右手の岩に鎖とロープ。

奥の院に到着。右手の岩に鎖とロープ。

ロープを選択。木の根も多く登りやすい。

ロープを選択。木の根も多く登りやすい。

登り切ると倒木。またぐ。

登り切ると倒木。またぐ。

次の岩も鎖を使ってよじ登る

次の岩も鎖を使ってよじ登る

最初に登った鎖場に出る

最初に登った鎖場に出る

もう一度登る

もう一度登る

迂回路を使って、下まで降りると行者堂脇にでた

迂回路を使って、下まで降りると行者堂脇にでた

全体地図

全体地図

お寺を出て、金勝寺方面に行ってみる(ずっと道路と住宅街でした)

お寺を出て、金勝寺方面に行ってみる(ずっと道路と住宅街でした)

周辺地図

周辺地図

金勝寺

金勝寺

磨崖仏

磨崖仏

駅に向かう。途中にあった、昔の登山家のような名前の看板。

駅に向かう。途中にあった、昔の登山家のような名前の看板。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。