高安山の古道「しろ道(二階塚古墳)」

2015.12.16(水) 10:47 - 2015.12.16(水) 11:53
「しろ道」は高安山越十二道の一つで、現在の地理院地図には記載されないルートです。勾配のキツイ区間をジグザグに登り、途中の320mと380m付近に二つの両袖式古墳を見ることができます。いずれも、上下二段になっていることが確認されており、二階塚古墳と呼ばれています。また、400m付近から巨岩が列状に散在しており、古代高安城の列石遺構かもしれません。(詳細不明) 登りついた個所は一元の宮の西端部になり、フェンスが設置されていて通り抜けはできません。下山は同じルートを利用するか、神光寺道を利用してください。神光寺道は後日レポートします。 2015.12.23追記 しろ道から登った場合、フェンス西側の土塁状の植林帯を南に進んで神光寺道と合流します。そこからは、三角点のある峯山に通じています。フェンスを乗り越えることなく安全にハイキング道と合流できます。 (神光寺道の活動日記参照のこと) 2016.02.18追記 動画を追加しました。

写真

史跡の道(神光寺)

史跡の道(神光寺)

安国寺への分岐道

安国寺への分岐道

守園神神社の手前が分岐ポイント

守園神神社の手前が分岐ポイント

ここまで山道、ここから簡易舗装

ここまで山道、ここから簡易舗装

広域農道を横断

広域農道を横断

歩いてきた道(広域農道との交差個所)

歩いてきた道(広域農道との交差個所)

安国寺へ向かう

安国寺へ向かう

安国寺手前の畑道を進む

安国寺手前の畑道を進む

両側に花き栽培園

両側に花き栽培園

横穴式の古墳横を通過

横穴式の古墳横を通過

右手に安国寺の擁壁

右手に安国寺の擁壁

しろ道の登山口

しろ道の登山口

青色のP紐が目印

青色のP紐が目印

幅も広く歩きやすい

幅も広く歩きやすい

尾根へ出るまで、ジグザグに登る

尾根へ出るまで、ジグザグに登る

測量の石票、右下に安国寺が見える

測量の石票、右下に安国寺が見える

ヤブ漕ぎもなく歩きやすい

ヤブ漕ぎもなく歩きやすい

テープによるマーキングもある

テープによるマーキングもある

谷側に鉄条網

谷側に鉄条網

勾配は厳しい。

勾配は厳しい。

二階塚古墳(下塚)

二階塚古墳(下塚)

二階塚古墳(上塚)

二階塚古墳(上塚)

落ち葉で踏み跡が見えないが、幅の広い尾根を登っていく

落ち葉で踏み跡が見えないが、幅の広い尾根を登っていく

列石状に散在する巨岩

列石状に散在する巨岩

講和記念造林の記念碑(昭和26年頃の造林運動)

講和記念造林の記念碑(昭和26年頃の造林運動)

土塁の下は一元の宮のフェンス(立入禁止)

土塁の下は一元の宮のフェンス(立入禁止)

動画

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。