桜井~音羽三山~明日香村へ 低山縦走&歴史ハイキング

2015.12.14

活動詳細

詳しく見る
今回は記紀の旅。 8:12桜井駅発のバスに乗り損ね、次のバスが9:45までないので山まで歩く。 途中、倉橋バス停のそばに崇峻天皇陵があるので立ち寄る。蘇我馬子に暗殺された天皇。聖徳太子の母方のおじさん。 下居(おりい)バス停から音羽山方面へ。音羽観音寺はとても綺麗なお寺。お手洗いも貸していただける。 熊ヶ岳周辺になると笹が伸び放題。足元が見えにくく、注意が必要。ストックでかき分け進む。 通過する大峠には、神武天皇ゆかりの女坂伝承地の碑があった。 下山したところの不動滝。そばに速総別(ハヤブサワケ)王の歌の歌碑が。仁徳天皇の奥さんになるはずだった女鳥(メドリ)王と両想いになりこっそり結婚、謀反の疑いで追われているときの歌。二人で手を取り合い険しい山を越えて逃げていくが、最期は曽爾高原で捕まって殺されてしまう。 車道を歩き、談山神社へ。蘇我馬子の孫、蘇我入鹿を暗殺するため、中大兄皇子と中臣鎌足が密談した場所。 談山神社から明日香へ向かうハイキングルートは明るくて気持ちがいいが、何度か歩いているので、今回は念誦崛ルートを歩いてみる。数か所展望はあったが全体的に暗い。やはりハイキングルートの方が良かった。 町に下りると岡本寺に出た。舒明天皇(中大兄皇子の父)の岡本宮伝承地とのこと。 そこから、聖徳太子誕生の地、橘寺へ。本堂の太子の像に挨拶をし、本日の旅は終了。 やたらと犬に吠えられる日だった。
聖林寺を越える
崇峻天皇陵
すごく吠えられる
この看板で左手の橋を渡る
住宅地を通る。わんちゃんが吠える。
プードルも吠える
お寺までは舗装路の急坂
なごむ看板がたくさん
音羽観音寺
最高になごむ
とても素敵なお寺
展望台方面へ
急坂を登る
展望台からの見晴らし 右の木の上が二上山
音羽山 展望なし
経ヶ塚山方面へ、下って登る
経ヶ塚山 展望なし
熊ケ岳に向かう道は荒れている。下って登る。
笹で道が見えない
熊ケ岳 展望なし
木につけられたテープを目印に、笹をかき分け下る
反射板を越える
大峠に下りる 女坂伝承地
舗装路を下り、不動滝へ
梯立の 倉橋山は 嶮しけど 妹とのぼれば 嶮しくもあらず
車道を通り、談山神社へ
草餅、とち餅を購入
増賀上人墓ルートを選択
舗装路左手に少し下ると
お不動さん
お不動さんの所の石垣に剣が刺さっている
階段上に念誦崛 古い墓地です
明日香(岡寺方面)に向かう途中の展望台
畝傍山と二上山
展望ポイントが多い
岡本寺。舒明天皇の岡本宮伝承地とのこと。
おしゃれなカフェもある
本日最後の吠えられ
橘寺 聖徳太子の生誕地と言われている
本堂の太子像に挨拶し寺を後にする
少し飛鳥駅方面に行ったところのバス停に向かう

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。