二日酔いで拉致られ、由布岳へ

2015.12.13

活動詳細

詳しく見る

前日の英彦山から帰宅後、昔の職場の同僚と飲み会。 朝方3時頃帰宅し、爆睡。 6時頃起こされるも二日酔いがひどい(~_~;)好きな銘柄の日本酒があったんで、かなり飲み過ぎた一升近く飲んだんじゃないだろうかw そのまま妻に拉致られ、由布岳へ。 8時頃由布岳登山口到着、無料も有料も既にいっぱいですごい数の登山者が陽希さん目当てに登られてる。 GPSで確認してると陽希さんは8時頃、玖珠町を出発されたようだ。 登山口でも寒いのに、皆早く登りすぎ〜w 由布岳寒いよ〜、凍えちゃうよ〜と思いながらGPSで位置を確認しつつ、多分山頂到着は13時過ぎと見越して、暫く仮眠する事に。 昨日、真近で会ってたんで今日は登山道でハイタッチがしたいとの妻の要望で、11時頃から登り、すぐ下山する事に。 今回、湯布院を満喫されてるみたいで山頂到着は14時半以降かなってな感じw 山頂待ちの方、大丈夫かなと思いながらも、すれ違う方々と談笑しながらゆっくりと登る。 合野越付近ぐらいから、徐々に下山者が増えて来る、寒さに耐えられず下山されてる方や、合野越で待つことにしたという方々がほとんどw 山頂付近は、人だかりらしい。 マタエに到着すると、30人弱の人だかりで、お話ししてみると朝駆けして待ってる方や、殆ど10時台から待ってる方々ばっかで、皆寒そう(~_~;) 風邪ひかないように、気をつけて下さいって話し、山頂を目指す。 ガスってて、西峰も東峰も見えない(~_~;) 危ないなと思い、東峰だけ登り下山する事にした。 東峰に付くと、ここにも10名ほど待ってる方々が、多分15時頃の山頂到着なんで気をつけて下さいねってお声かけし、軽く昼食を摂り下山する。 下山中、昨日、英彦山でお会いした関西から追っかけ応援に来られてた前川さんと再開し、暫し談笑。 ここで、偶然にも奥様が久留米出身で、昨日久留米に宿泊し、今日まで追っかけ帰るとの事、年末、高千穂から最後まで追っかける予定なんでと、お話しをお伺いし、高千穂で再開する事を約束、お別れしました。 暫く歩いてると、下の方から歓声が聞こえて来る、まもなくだな〜と思いながら下山続行。 ひとりのカメラマンの方が、凄い速さで登られて来る、もう間もなくですよとお声掛け頂き|彡サッと登られて行く、陽希さんは勿論凄いけど、カメラさん達も著名な登山家でもっと凄いんだよな〜と見とれてましたw ほどなくすると、陽希さん登場(^^) 邪魔にならないように、ハイタッチだけお願いすると応えてくれました。 昨日、お会いした時よりも気持ちよく登られてるみたいで、湯布院でいいリフレッシュ出来たんだろうな〜(^^) 登る際、登山道整備されてた方と下山が一緒になったんで、下山後いつもありがとうございますとお声掛けすると、逆に登山お疲れさま〜と労って頂き、二日酔いだけど登って良かったと改めて感じました😄 下山後、西口近くのローソンで前川さんのお車を発見、GO GO 陽希って応援札が貼って有りました。 再度、GPSを確認すると正面登山口の方へものすごいスピードで下山されている( ゚д゚) 妻が会いに行こうと(~_~;) 正面登山口に行くと、下山された後みたいで姿は見えず、城島高原の方へ車を走らせると、小走りの陽希さん発見。 車が停められるとこまで行って、待つ事にする。一組のカップルさんが待たれてたんで、一緒に待つ事に。 程なくして、陽希さん登場。 写真も快く応じて下さり、3ショットの写真ゲット〜🙋 二日酔いながら、拉致られて来た甲斐がありましたw これからも頑張って下さい〜とお見送りして、帰路に着くがやはり車の中で爆睡、気が付いたら家に着いていたw

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。