木曽駒ヶ岳 宝剣岳 将棊頭山

2018.07.14(土) 3 DAYS

7月14日~16日の連休を利用して、中央アルプス木曽駒ヶ岳の頂上山荘前のテント場で2連泊し、15日に宝剣岳~将棊頭山~木曽駒ヶ岳と周回した。 14日はロープウエー乗り場では、整理券で少し待ったが、午後だったので、30分待ち程度だった。千畳敷から八丁坂を登っている途中で雨が降り出し、宝剣山荘までには大雨になり、雷も鳴り、びしょ濡れで、宝剣山荘で一時雨宿りした。木曽駒ヶ岳の頂上山荘前のテント場は、すでに満杯状態で、テントを張れる場所が無く、山道の一部にテントを張った。 15日は6時出発で宝剣岳へ向かった。宝剣岳は危ないとの情報も有ったが、宝剣山荘からのピストンでは、鎖を頼れば、それ程危ないとの感じは無かった。 将棊頭山へのルート上には、池と言うほど水は貯まっていなかった駒飼ノ池、池と言えるだけの水が貯まっていた濃ケ池があり、途中2ケ所雪渓が残っていたりで、変化に富んだルートだった。 将棊頭山の東脇にある西駒山荘には、石室があり、石室内で無料で休めた。直ぐ近くに水場もあった。 天水岩は、大岩の一部が凹んでおり、西駒山荘の人の話では雨水が貯まっているとのことだった。 将棊頭山~木曽駒ヶ岳の尾根ルート上には、馬ノ背と呼ばれる部分があるが、大岩が続く所のことを言うのか、通っている時は、どこが馬ノ瀬なのか良く分からなかった。 木曽駒ヶ岳山頂は広く登り易い頂で、社も複数有った。 朝6時から16時まで、小休止を入れながらのほぼ歩き続けで、くたびれた。 夕食前に両手の指先の感覚がおかしくなった。直ぐに治ったが、高山病の一症状かも知れないと思った。 夜は星が明るく輝いていた。 16日は、山道なので朝7時までにテント撤収と山荘の人に言われていたが、自然とそうなった。 下りのロープウエーは、満員だったが整理券無しで乗れた。11時30分頃にこまくさの湯に入り、汗を流して、ソースカツ丼を食べて、高速道路で帰路についた。 軌跡は、途中他のアプリを使用しようとしたためか、採れていない部分があり直線になってしまっている部分があります。

しらび平 ロープウエー乗り場

しらび平 ロープウエー乗り場

しらび平 ロープウエー乗り場

ロープウエー降り場の千畳敷駅の前の駒ヶ岳神社

ロープウエー降り場の千畳敷駅の前の駒ヶ岳神社

ロープウエー降り場の千畳敷駅の前の駒ヶ岳神社

テント場での日の出

テント場での日の出

テント場での日の出

テント場西方の雲海

テント場西方の雲海

テント場西方の雲海

富士山

富士山

富士山

御嶽山

御嶽山

御嶽山

水の少ない駒飼ノ池

水の少ない駒飼ノ池

水の少ない駒飼ノ池

濃ケ池までのルート上にあった雪渓1

濃ケ池までのルート上にあった雪渓1

濃ケ池までのルート上にあった雪渓1

濃ケ池までのルート上にあった雪渓2

濃ケ池までのルート上にあった雪渓2

濃ケ池までのルート上にあった雪渓2

お花畑

お花畑

お花畑

濃ケ池 宝剣岳が水面に写っている

濃ケ池 宝剣岳が水面に写っている

濃ケ池 宝剣岳が水面に写っている

柱岩の猿

柱岩の猿

柱岩の猿

天水岩

天水岩

天水岩

天水岩

天水岩

天水岩

コマクサ 

コマクサ

コマクサ 

西駒山草の石室

西駒山草の石室

西駒山草の石室

石室内の展示写真

石室内の展示写真

石室内の展示写真

石室内の展示

石室内の展示

石室内の展示

稜線上から見た濃ケ池

稜線上から見た濃ケ池

稜線上から見た濃ケ池

木曽駒ヶ岳山頂

木曽駒ヶ岳山頂

木曽駒ヶ岳山頂

しらび平 ロープウエー乗り場

ロープウエー降り場の千畳敷駅の前の駒ヶ岳神社

テント場での日の出

テント場西方の雲海

富士山

御嶽山

水の少ない駒飼ノ池

濃ケ池までのルート上にあった雪渓1

濃ケ池までのルート上にあった雪渓2

お花畑

濃ケ池 宝剣岳が水面に写っている

柱岩の猿

天水岩

天水岩

コマクサ 

西駒山草の石室

石室内の展示写真

石室内の展示

稜線上から見た濃ケ池

木曽駒ヶ岳山頂