光岳周辺いろいろ 釜ノ島山・カバ沢の頭北東尾根・ムギウネホツ・イザル尾根

2018.07.14(土) 3 DAYS
わか
わか

活動データ

タイム

37:40

距離

38.1km

上り

4118m

下り

4118m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

海の日連休は南アルプス南部へ! 本当はリンチョウ沢を遡行する予定でしたが、天気予報をみて積乱雲が怖くて結局行きませんでした。 その代わりがっつり尾根歩きの3日間でした。 1日目、畑薙第一ダムから信濃俣河内へ。西河内出合いよりカバ沢の頭北東尾根へ取付き椹沢山へ。寸又林道へ降りる尾根より釜の島山へ。釜の島の北側斜面、標高差約850mを一気に降り柴沢出合いにて就寝。 2日目、リンチョウ沢は諦め、山と高原地図でもルート記載のあるムギウネホツ尾根を登り光岳へ。光岳小屋テン場で就寝。 3日目、イザルガ岳よりイザル尾根を降る。小沢出合いに降り立ち、信濃俣河内より下山。 特に信濃俣(椹沢山)から行くことの出来る釜ノ島山、地味ですが歩きごたえありました。まるでジャングルです。 釜ノ島から柴沢にかけては激下り落石多数で大変でした。 光岳の南西、柴沢周辺は、なかなかアプローチが難しい場所ですが、その為か熊王国でした。2日目に子熊ちゃん2匹に遭遇、翌日も357さんが、5mほどの高さの崖の上から大人熊2匹にじーっと見つめられたようです。後から私も見に行きましたが、すでに立ち去った後でした。残念💦 念の為熊スプレーは携帯していますが、357さんの会った熊も敵意は無かったそうです。 スプレーは強力なので、使うのは最終手段だけに留めておきたいなぁと思いました。 3日目のイザル尾根も最初は多少のハイマツ漕ぎがあったものの、そのあとは立派な獣道があり快適に下山出来ました。 信濃又河内も泳いだりして楽しく帰りました。 こんな場所があったのか!と新発見の連続。 まだまだ知らない場所が多すぎる。何年かければ全て歩けるのでしょうか。 改めて光岳周辺、南アルプス南部の広さを実感した3日間でした。 柴沢はまた行きたいです。池口岳経由か、寸又林道40キロ歩きか、どっちかで再訪したいです。笑

聖岳・大沢岳・光岳 前日夜はさわやかの「げんこつハンバーグ」
前日夜はさわやかの「げんこつハンバーグ」
聖岳・大沢岳・光岳 畑薙第一ダムより出発。吊り橋を渡って左岸にある作業道より信濃俣河内へ入ります。
畑薙第一ダムより出発。吊り橋を渡って左岸にある作業道より信濃俣河内へ入ります。
聖岳・大沢岳・光岳 足幅狭いです。
足幅狭いです。
聖岳・大沢岳・光岳 作業道も崩落箇所多数あり。トラバースは苦手です。😅
作業道も崩落箇所多数あり。トラバースは苦手です。😅
聖岳・大沢岳・光岳 河原の着地点も崩落。懸垂下降でおります。
河原の着地点も崩落。懸垂下降でおります。
聖岳・大沢岳・光岳 以前より大幅に水が増えてます。
以前より大幅に水が増えてます。
聖岳・大沢岳・光岳 西河内出合いよりカバ沢北東尾根へ取付きます。急登です。
西河内出合いよりカバ沢北東尾根へ取付きます。急登です。
聖岳・大沢岳・光岳 信濃俣(椹沢山)から釜ノ島山へ向かいます。
信濃俣(椹沢山)から釜ノ島山へ向かいます。
聖岳・大沢岳・光岳 ジャングルです。
ジャングルです。
聖岳・大沢岳・光岳 大きな倒木が道を塞いでます。こういうのが多いです。
大きな倒木が道を塞いでます。こういうのが多いです。
聖岳・大沢岳・光岳 看板がありました。
看板がありました。
聖岳・大沢岳・光岳 釜ノ島山頂です。
釜ノ島山頂です。
聖岳・大沢岳・光岳 標高差850mの激下りを経て、椹沢林道に到着です。
標高差850mの激下りを経て、椹沢林道に到着です。
聖岳・大沢岳・光岳 橋を渡ります。
橋を渡ります。
聖岳・大沢岳・光岳 めちゃくちゃ崩落してる〜と思ったら。
めちゃくちゃ崩落してる〜と思ったら。
聖岳・大沢岳・光岳 これから歩く「寸又林道」でした。
これから歩く「寸又林道」でした。
聖岳・大沢岳・光岳 柴沢小屋に到着。内部の様子です。臭いので中で寝るのは無理!
柴沢小屋に到着。内部の様子です。臭いので中で寝るのは無理!
聖岳・大沢岳・光岳 柴沢小屋前の芝生広場で就寝
柴沢小屋前の芝生広場で就寝
聖岳・大沢岳・光岳 ツエルトで寝ます。標高が低いので暖かいし、結露もしないのでこんなでも快適です。Mackさんを大きな花だと勘違いした虫達が集まっています。笑
ツエルトで寝ます。標高が低いので暖かいし、結露もしないのでこんなでも快適です。Mackさんを大きな花だと勘違いした虫達が集まっています。笑
聖岳・大沢岳・光岳 柴沢小屋
柴沢小屋
聖岳・大沢岳・光岳 リンチョウ沢はやめて、ここから光岳を目指します。
リンチョウ沢はやめて、ここから光岳を目指します。
聖岳・大沢岳・光岳 見るからにボロい吊り橋。入り口を木が塞いでいます。
見るからにボロい吊り橋。入り口を木が塞いでいます。
聖岳・大沢岳・光岳 念のためセルフビレイをとります。
念のためセルフビレイをとります。
聖岳・大沢岳・光岳 落ちたら絶対やばい。撮影者357さんですが、こんなところで写真取れるのさすがです・・・。😅
落ちたら絶対やばい。撮影者357さんですが、こんなところで写真取れるのさすがです・・・。😅
聖岳・大沢岳・光岳 山と高原地図にはルート表記ありの場所です。それなのにこの吊り橋のボロさはやばいと思います!
山と高原地図にはルート表記ありの場所です。それなのにこの吊り橋のボロさはやばいと思います!
聖岳・大沢岳・光岳 百又沢の頭に到着!大根沢山から縦走してきた人と会いました。
百又沢の頭に到着!大根沢山から縦走してきた人と会いました。
聖岳・大沢岳・光岳 最南端のハイマツ群生地です。光岳が見事です。
最南端のハイマツ群生地です。光岳が見事です。
聖岳・大沢岳・光岳 ハクサンフウロです。
ハクサンフウロです。
聖岳・大沢岳・光岳 光岳登頂。これで2回目です。
光岳登頂。これで2回目です。
聖岳・大沢岳・光岳 翌朝。信濃俣、大根沢山、大無間山が見えます。
光岳小屋の展望は素晴らしいですね。
翌朝。信濃俣、大根沢山、大無間山が見えます。 光岳小屋の展望は素晴らしいですね。
聖岳・大沢岳・光岳 イザルヶ岳へ向かいます。
イザルヶ岳へ向かいます。
聖岳・大沢岳・光岳 茶臼岳、上河内岳、聖岳、兎岳、大沢岳が見えます。
茶臼岳、上河内岳、聖岳、兎岳、大沢岳が見えます。
聖岳・大沢岳・光岳 富士山!
富士山!
聖岳・大沢岳・光岳 イザル尾根より小沢出合いまで下山します。
イザル尾根より小沢出合いまで下山します。
聖岳・大沢岳・光岳 良い景色です。
良い景色です。
聖岳・大沢岳・光岳 深南部の山々。山座同定が難しい・・・。
深南部の山々。山座同定が難しい・・・。
聖岳・大沢岳・光岳 歩きやすい尾根です。獣道を辿るととっても楽チンです。
歩きやすい尾根です。獣道を辿るととっても楽チンです。
聖岳・大沢岳・光岳 三角点ありました。
三角点ありました。
聖岳・大沢岳・光岳 尾根が崩落してナイフエッジとなっています。
尾根が崩落してナイフエッジとなっています。
聖岳・大沢岳・光岳 山の神の祠
山の神の祠
聖岳・大沢岳・光岳 懸垂下降2回で河原に着地。
懸垂下降2回で河原に着地。
聖岳・大沢岳・光岳 沢靴に履き替えます。
沢靴に履き替えます。
聖岳・大沢岳・光岳 ちょくちょく泳ぎます。
ちょくちょく泳ぎます。
聖岳・大沢岳・光岳 アシ沢出合い。のっけからゴルジュ。果たして遡行出来るのか。
アシ沢出合い。のっけからゴルジュ。果たして遡行出来るのか。
聖岳・大沢岳・光岳 ダムに到着です。
作業道歩きが嫌なのでダムを泳ぐことにしました。
ダムに到着です。 作業道歩きが嫌なのでダムを泳ぐことにしました。
聖岳・大沢岳・光岳 単独の沢屋が泳げることを教えてくれました。最初はダムを泳ぐのなんて非常識だと思っていたのですが、まぁ大丈夫でした。中心ではなく端っこを泳ぎます。
単独の沢屋が泳げることを教えてくれました。最初はダムを泳ぐのなんて非常識だと思っていたのですが、まぁ大丈夫でした。中心ではなく端っこを泳ぎます。
聖岳・大沢岳・光岳 徐々に水かさが増していき、恐怖です。
どことなくドブ臭いです。
徐々に水かさが増していき、恐怖です。 どことなくドブ臭いです。
聖岳・大沢岳・光岳 みんなして「気持ち悪い」と騒ぎます。
みんなして「気持ち悪い」と騒ぎます。
聖岳・大沢岳・光岳 時にはザレ場をトラバースしてダム泳ぎ回避。
時にはザレ場をトラバースしてダム泳ぎ回避。
聖岳・大沢岳・光岳 足がつかないので、枝や岩にヘツリながら進みます。どうしようもないときは犬掻きで!
足がつかないので、枝や岩にヘツリながら進みます。どうしようもないときは犬掻きで!
聖岳・大沢岳・光岳 泳ぎが苦手な人はトラウマになる気がします。昔水泳習ってて良かったなぁと思いました。
泳ぎが苦手な人はトラウマになる気がします。昔水泳習ってて良かったなぁと思いました。
聖岳・大沢岳・光岳 ここを泳いできたのです。
ここを泳いできたのです。
聖岳・大沢岳・光岳 白樺荘にてがっつり、カツ丼セットです。かなーり満腹です。
白樺荘にてがっつり、カツ丼セットです。かなーり満腹です。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす