綾部 釈丈ヶ岳

2022.12.07(水) 日帰り

活動データ

タイム

01:57

距離

2.7km

のぼり

234m

くだり

232m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 57
休憩時間
8
距離
2.7 km
のぼり / くだり
234 / 232 m
52
48

活動詳細

すべて見る

綾部市内から見ると、モヒカンの立っている毛を連想する山…のように見える釈丈ケ岳。あまり人が登らないので、一人で登って熊がいたら大変。熊の冬眠を見計らって、今の時期に登りました。紫水ケ丘からの上りは嫌風な感じでしたが、尾根に登るとgood。気持ち良く尾根を進めました。頂上も見晴らしよく、下山もほぼスムーズにいけました。p.s.紫水ケ丘に車を停め、西原に下山すると、そこから車まで国道沿いを歩かねばなりません。山中を歩くより大変疲れる行程になります。

由良川 駐車場横からスタート。向こうに紫水ケ丘の池が見えます。
駐車場横からスタート。向こうに紫水ケ丘の池が見えます。
由良川 池には2種類の水鳥。右奥のは黒くって少し首が長いのでカワウでしょうか?
池には2種類の水鳥。右奥のは黒くって少し首が長いのでカワウでしょうか?
由良川 池の奥まではアスファルトで、いよいよ山道に入ります。但しダニのいそうな草がいっぱい。
池の奥まではアスファルトで、いよいよ山道に入ります。但しダニのいそうな草がいっぱい。
由良川 どん奥には石やコンクリートブロックなど廃れた資材置き場のよう。右奥に道らしきものがあるので進みました。
どん奥には石やコンクリートブロックなど廃れた資材置き場のよう。右奥に道らしきものがあるので進みました。
由良川 すぐに道が分からなくなるけど尾根がすぐ上に見えるのでひたすら登ります。
すぐに道が分からなくなるけど尾根がすぐ上に見えるのでひたすら登ります。
由良川 尾根に出てホッと。
尾根に出てホッと。
由良川 有り難いです
枝を刈り払ってくれた方に感謝
有り難いです 枝を刈り払ってくれた方に感謝
由良川 たまにテープがありました。
たまにテープがありました。
由良川 何らかの頂上
何らかの頂上
由良川 着くと展望よし。
着くと展望よし。
由良川 頂上到着!市内吉美地区方面がよく見えました。
頂上到着!市内吉美地区方面がよく見えました。
由良川 横には祠らしきもの
の台座があり。
横には祠らしきもの の台座があり。
由良川 頂上から山家西原地区下山を目指します。
頂上から山家西原地区下山を目指します。
由良川 気持ちの良い尾根筋。空堀発見!
気持ちの良い尾根筋。空堀発見!
由良川 空堀。
空堀。
由良川 左に行けばP264方面。下山なので右に見える道を進みます。
左に行けばP264方面。下山なので右に見える道を進みます。
由良川 みえるのは多分P264でしょう。
みえるのは多分P264でしょう。
由良川 下山は紫水ケ丘からの道と比べてしっかりとした道です。
下山は紫水ケ丘からの道と比べてしっかりとした道です。
由良川 中腹の祠に手を合わせ、更に下山。
中腹の祠に手を合わせ、更に下山。
由良川 整備よし!
整備よし!
由良川 国土地理院では左手に破線がありますが、そこには道無し。この道を進みます。
国土地理院では左手に破線がありますが、そこには道無し。この道を進みます。
由良川 谷と重なった下山道
谷と重なった下山道
由良川 民家が見える位置に獣除けのフェンスがあって、これを開けました。
民家が見える位置に獣除けのフェンスがあって、これを開けました。
由良川 下山口の手前のお堂
下山口の手前のお堂
由良川 ここが下山口
ここが下山口
由良川 下山口の下にある正光神社
下山口の下にある正光神社
由良川 正光神社の下に釈丈ケ岳への案内板
正光神社の下に釈丈ケ岳への案内板
由良川 西原地区に下山後、近くの「申酉古墳」横穴式石室を見る。
西原地区に下山後、近くの「申酉古墳」横穴式石室を見る。
由良川 西原地区から望む釈丈ケ岳
西原地区から望む釈丈ケ岳

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。