3連休フルに使って夢の白峰三山ゆっくり縦走

2018.07.14(土) 3 DAYS
kanekura
kanekura

1日目:広河原~肩の小屋。登山道1本のため渋滞に次ぐ渋滞で止まっては登りの繰り返し。 ゆっくり登れるのはいいが。。。ペースつかめない。草スベリ急登には撃沈。 こんなに多くのハイカーが列を連なって登る風景に圧倒される。さすがに人気のNo.2。 山頂、山小屋、テン場・・・#どんだけ~。 2日目:肩の小屋~北岳~間の岳~農鳥小屋。北岳から先は今までの混雑がウソのよう。 さらに間ノ岳から先は寂しいぐらいですが、360度の絶景・ピーカン・涼風の中、静かな3000m稜線歩きを楽しめた。 これぞ縦走の醍醐味。 3日目:農鳥小屋~農鳥岳~大門沢~奈良田。大門沢下降点からはほぼ修行。 農鳥小屋のコメントいろいろあるけれど、小屋主人もワンコもいい雰囲気醸し出してる! お話好きな主人です。トイレ事情含めて百聞は一見に如かず。 最終日長丁場になりますがここで迎える夕暮れと夜明けは最高ですよ。 【その他】 2年前、鳳凰三山から見た白峰三山。いつかは必ずやと思っていました。 そしてピーカン予報の3連休、遂にそのチャンスが巡ってきました。 2泊3日のテン泊装備、3日分の食料を3000mオーバーまで担ぎ上げる不安。 稜線やテン場での雷雨懸念、増流時の大門沢渡渉など心配事は尽きませんでした。 が、ピーカンの3連休をフルに使ってゆっくりと3000m稜線歩き。 混雑もありましたが、雷雨にも遭うことなく、絶景広がる南ア第一の稜線を、 計画通りに遂行できたことに感謝、感激です。 ありがとうございました! 晴れていてこその稜線で迎える朝日と夕暮れと雲海。これがお泊り縦走の醍醐味。 2泊3日のテン泊装備はチョー重てぇ~けどやればできるもんですね~。 ますます病みつきになりそうッス!!。 【アクセス】 マイカーで金曜日の23時頃奈良田第2P。奈良田始発のバスで広河原。 始発に乗りたかったので4時30分頃第1Pまで戻ったが既に行列の嵐。 ギリ3台目に乗れたが立ち乗り。 この日4台の始発バスが来てもしかしたら座れるかもと思ったのも束の間。4台目は第2Pに向けて素通り。 事前に問い合わせた時は第2P始発は無いって言ってたのに。。。

広河原の吊り橋から始まる。夢の世界への入口

広河原の吊り橋から始まる。夢の世界への入口

広河原の吊り橋から始まる。夢の世界への入口

。。人の多さは下界と同じかそれ以上。

。。人の多さは下界と同じかそれ以上。

。。人の多さは下界と同じかそれ以上。

白根御池から草スベリ取付き

白根御池から草スベリ取付き

白根御池から草スベリ取付き

草スベリに撃沈されるもようやく稜線にでるとそこには大展望の世界が。
仙丈ヶ岳

草スベリに撃沈されるもようやく稜線にでるとそこには大展望の世界が。 仙丈ヶ岳

草スベリに撃沈されるもようやく稜線にでるとそこには大展望の世界が。 仙丈ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

テン場と鳳凰三山

テン場と鳳凰三山

テン場と鳳凰三山

長い一日の終わり。

長い一日の終わり。

長い一日の終わり。

スッキリと翌日。今日もピーカン予報

スッキリと翌日。今日もピーカン予報

スッキリと翌日。今日もピーカン予報

北岳モルゲン

北岳モルゲン

北岳モルゲン

マ~イホームと北岳

マ~イホームと北岳

マ~イホームと北岳

肩の小屋後に

肩の小屋後に

肩の小屋後に

No2登頂

No2登頂

No2登頂

No2からNo3へ続く稜線。大絶景。3000m稜線歩きの始まり始まり~

No2からNo3へ続く稜線。大絶景。3000m稜線歩きの始まり始まり~

No2からNo3へ続く稜線。大絶景。3000m稜線歩きの始まり始まり~

振り返ってNO2.

振り返ってNO2.

振り返ってNO2.

ここも立派な3000mオーバ

ここも立派な3000mオーバ

ここも立派な3000mオーバ

そしてNo.3へ。

そしてNo.3へ。

そしてNo.3へ。

No.3から本日の目的地と農鳥岳

No.3から本日の目的地と農鳥岳

No.3から本日の目的地と農鳥岳

農鳥小屋到着。「ウケツケ」

農鳥小屋到着。「ウケツケ」

農鳥小屋到着。「ウケツケ」

爆睡して3日目の朝~

爆睡して3日目の朝~

爆睡して3日目の朝~

農鳥小屋を後に

農鳥小屋を後に

農鳥小屋を後に

西農鳥の山頂は意外と狭し。

西農鳥の山頂は意外と狭し。

西農鳥の山頂は意外と狭し。

最終ピークの農鳥岳へ。富士山がトサカ?

最終ピークの農鳥岳へ。富士山がトサカ?

最終ピークの農鳥岳へ。富士山がトサカ?

農鳥岳。バックはNo.2、No3

農鳥岳。バックはNo.2、No3

農鳥岳。バックはNo.2、No3

さあ下山。2200mの大降下

さあ下山。2200mの大降下

さあ下山。2200mの大降下

そして奈良田への吊り橋で戻る。夢の終わり。現実への入口。下界は酷暑。

そして奈良田への吊り橋で戻る。夢の終わり。現実への入口。下界は酷暑。

そして奈良田への吊り橋で戻る。夢の終わり。現実への入口。下界は酷暑。

広河原の吊り橋から始まる。夢の世界への入口

。。人の多さは下界と同じかそれ以上。

白根御池から草スベリ取付き

草スベリに撃沈されるもようやく稜線にでるとそこには大展望の世界が。 仙丈ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

テン場と鳳凰三山

長い一日の終わり。

スッキリと翌日。今日もピーカン予報

北岳モルゲン

マ~イホームと北岳

肩の小屋後に

No2登頂

No2からNo3へ続く稜線。大絶景。3000m稜線歩きの始まり始まり~

振り返ってNO2.

ここも立派な3000mオーバ

そしてNo.3へ。

No.3から本日の目的地と農鳥岳

農鳥小屋到着。「ウケツケ」

爆睡して3日目の朝~

農鳥小屋を後に

西農鳥の山頂は意外と狭し。

最終ピークの農鳥岳へ。富士山がトサカ?

農鳥岳。バックはNo.2、No3

さあ下山。2200mの大降下

そして奈良田への吊り橋で戻る。夢の終わり。現実への入口。下界は酷暑。

類似するルートを通った活動日記