六甲山 油コブシ~穂高湖~摩耶山 クリスマス会危機一髪 APC1.0

2015.12.12(土) 2 DAYS Hyogo, Osaka
秀とろ
秀とろ

活動詳細

もっと見る

家から一番近い山なのに、4月に引っ越してきてから一度も行っていなかった六甲山にやっと行って来ました。 本当はもっと歩いたのですが、自宅からだったので、前後の車道歩きの軌跡はバッサリ削除しました。 まずは、車道歩きで六甲ケーブル下に行き、そこから油コブシ経由で六甲山上に出ました。 最初こそ雨が降っていたものの、登り始めると予報通り晴れ始め、大阪湾がきれいに見えました。紅葉はほぼ終わりでしたが、中腹には少し残っていました。 ほどなく登山道が終わると、そこからしばし町の中を車道歩き。登ってから車道歩きをする山は初めてです。 再び登山道に入り、紅葉の終わった穂高湖を見て、摩耶山の掬星台から景色を眺めて帰って来ました。 今回は午後の早い時間には家に帰る予定だったので、小1の娘は近所の児童館で午後から行われるクリスマス会に行くつもりでいました。しかし、歩き始めて早々に妻の歩みが極端に遅くなりました。お腹が急に張り出し、苦しくて思うように歩けないようです。そのうち治まるかと思いきや、結局最後まで苦しみながら歩いていました。そのせいでかなりのんびりとした山行になり、娘の楽しみにしていたクリスマス会が危うくなってきました。 摩耶山を下り始めたころには、普通にいけば間に合わない時間になっていました。しかし、娘に聞くと、どうしても行きたいとのこと。そこで、歩みの遅い妻を小5の息子に任せ、私と娘で急いで下ることにしました。それなりのスピードで下りましたが、娘はちゃんとついてきます。よほどクリスマス会に行きたいようで、顔は真剣そのものです。笑。気づけば標準CTの3分の2以下の時間で山を下り、クリスマス会には何とか2分遅刻で済んだのでした。娘もこんなに早く歩けるなら、普段からその力を発揮してほしいものです。因みに妻たちが家に着いたのは我々よりも30分以上後でした。 ずっと行こうと思いつつ、なかなかタイミングの会わなかった六甲山ですが、今回やっと行けました。今後は気軽に登るホームの山にしていきたいです。 APC値:1.00

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。