裏銀座縦走 扇沢から新穂高温泉

2018.07.13(金) 4 DAYS
ゆっけ
ゆっけ

活動データ

タイム

35:10

距離

57.2km

上り

5747m

下り

6065m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

北アルプスの奥地、裏銀座。縦走するには日数が必要になるため、天気などとのタイミングを昨年から狙っていました。今回は3泊4日でしたが天気に恵まれ、素晴らしい縦走になりました‼️ 1日目 扇沢から船窪小屋 針ノ木大雪渓取り付き辺りから、アルプスの雰囲気が出てきて、またこの地域にきたんだなぁと実感。雪渓はたくさん雪が残っていました。途中、のどと呼ばれる最大傾斜のさらに先に大きな石があり、ザックを置いて休めます😄雪渓は楽しいんですけど、疲れますね💦 北葛山から七倉岳では熊と遭遇したという方にすれ違いました。動物のフンが登山道にたくさんあり、通過が怖かったです。七倉岳からは槍ヶ岳が見えるようになり、テンション上がりました⤴️ 船窪小屋のテン場は狭目。水場は足場がとても悪かったです。ここの小屋は夜、ランプで明かりを灯すので、小屋泊してみたいです。 2日目 船窪小屋から三俣山荘 1日目に烏帽子小屋まで行くことを計画していましたが、ザックの重さに負けてしまい、2日目にしわ寄せしました。今の時期は4時から19時30分まではヘッドライト不要なので、暗くなる前に到着する目標で出発。 不動岳までの道は悪く、鎖やロープはありますが、足場が崩れやすく注意が必要でした。 登山道は樹林帯もあり、北アルプスにしては展望が楽しめない所が多いように感じました。でも、各山頂では展望がよく、気分リフレッシュです😁 途中「なんで無理してこんなに長い距離を歩いてるんだろう」と疑問に思うが、答え出ず。 烏帽子小屋を過ぎれば北アルプスらしい稜線歩きのスタート🎶1日目には見えてなかった山が見えてくる!槍ヶ岳が近くなる‼️こりゃたまらんですよ😆初めてのルートを歩いているということも、気分がいいです。 三俣山荘のテン場は広いです。トイレが小屋にしかないので、遠くに張るとやや不便ですが、水場からあふれた水が川を作っていて、雰囲気はいいと感じました。 3日目 三俣山荘から笠ヶ岳山荘 見晴らし良し、稜線良し、見える山の名前がわかって良し、気分も良し、言うことありません(^ー^) 双六岳から先をどうするか悩んでいましたが、笠ヶ岳に延びる稜線を歩きたくなって、笠ヶ岳に行くことに。距離は長いですが、たくさんの花に癒されながら登れますので、おススメです👍 笠ヶ岳山荘のテン場も広いです。ここもトイレが小屋にしかなく、テントからかなり離れているので、行くのに一苦労します。ただ、景色がいいテン場なので、文句ばかりも言えませんね😝 4日目 笠ヶ岳山荘から新穂高温泉 笠新道で下山しました。長いですが、穂高連峰や焼岳、乗鞍岳が見えるので、頑張れました。 連休でしたが、人気ルートを回避したので、混んでいた印象を感じずに終わることができ、自分の登山を楽しめたと思います。 次は涸フェスの予定。今回とは違い、ゆっくり楽しみたいと思っています^_^

針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 針ノ木大雪渓。取り付いたら小屋まで雪でした。
針ノ木大雪渓。取り付いたら小屋まで雪でした。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 雪渓前にニッコウキスゲ、ミヤマムラサキは蓮華岳下った所で初めまして^ ^
雪渓前にニッコウキスゲ、ミヤマムラサキは蓮華岳下った所で初めまして^ ^
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 蓮華岳のくだりは鎖場でした
蓮華岳のくだりは鎖場でした
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 コマクサとシロバナコマクサ。蓮華岳から南沢岳の間はコマクサがたくさん咲いていましたよ!
コマクサとシロバナコマクサ。蓮華岳から南沢岳の間はコマクサがたくさん咲いていましたよ!
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 振り返って、右が蓮華岳、左が針ノ木岳
振り返って、右が蓮華岳、左が針ノ木岳
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 七倉岳では槍ヶ岳が見えるように!
七倉岳では槍ヶ岳が見えるように!
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 正面には不動岳。その後ろは水晶岳と赤牛岳の稜線
正面には不動岳。その後ろは水晶岳と赤牛岳の稜線
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 定番になったチーズフォンデュ
定番になったチーズフォンデュ
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 テン場から槍見えました!
テン場から槍見えました!
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 二日目の朝です
二日目の朝です
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 表銀座おはようさん☀️
表銀座おはようさん☀️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 不動岳から来た道振り返って鹿島槍
不動岳から来た道振り返って鹿島槍
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 富士山も見えました〜
富士山も見えました〜
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 南沢岳では立山、剱岳‼️
南沢岳では立山、剱岳‼️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 烏帽子岳直下は、優しい雰囲気で癒されました😊
烏帽子岳直下は、優しい雰囲気で癒されました😊
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 烏帽子岳です。遠くからだと見えにくいんですが、特徴的な頭でした。
烏帽子岳です。遠くからだと見えにくいんですが、特徴的な頭でした。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 熊‼️初めて見ました。烏帽子小屋から30分くらいの稜線の、かなり下にいました。この後谷川に消えました。
熊‼️初めて見ました。烏帽子小屋から30分くらいの稜線の、かなり下にいました。この後谷川に消えました。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 野口五郎岳見えてきた‼️
と思ったら、山頂はまだ見えてませんでした😅
野口五郎岳見えてきた‼️ と思ったら、山頂はまだ見えてませんでした😅
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 めちゃしんどかったけど、ここで三俣山荘に行く方に会い、精神的に楽になりました。
めちゃしんどかったけど、ここで三俣山荘に行く方に会い、精神的に楽になりました。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 野口五郎岳から振り返って。
野口五郎岳から振り返って。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 表銀座が近くなりました
表銀座が近くなりました
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 硫黄尾根の迫力がすごいです‼️
硫黄尾根の迫力がすごいです‼️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 水晶小屋の少し先から、いよいよ本日最後の登り、鷲羽岳(真ん中右より)に向かいます。
水晶小屋の少し先から、いよいよ本日最後の登り、鷲羽岳(真ん中右より)に向かいます。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 鷲羽岳から。雪解けで池ができていました。
鷲羽岳から。雪解けで池ができていました。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 三俣小屋のテン場から。鷲羽岳ドーン
三俣小屋のテン場から。鷲羽岳ドーン
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 三俣山荘の正面は槍ヶ岳です
三俣山荘の正面は槍ヶ岳です
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 ビーフシチューとソースで味付け簡単パスタ
ビーフシチューとソースで味付け簡単パスタ
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 鷲羽岳のアーベントロート
鷲羽岳のアーベントロート
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 こちらは槍ヶ岳の
こちらは槍ヶ岳の
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 1日の終わりがこれなら、疲れを忘れてしまいます。
1日の終わりがこれなら、疲れを忘れてしまいます。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 翌朝、モルゲンの三俣蓮華岳
翌朝、モルゲンの三俣蓮華岳
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 三俣蓮華岳の山頂から、手前双六岳、奥に御嶽山と笠ヶ岳
三俣蓮華岳の山頂から、手前双六岳、奥に御嶽山と笠ヶ岳
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 遠くに白山、右は黒部五郎岳
遠くに白山、右は黒部五郎岳
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 双六岳山頂から。写真でよく見た景色‼️
双六岳山頂から。写真でよく見た景色‼️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 双六岳から見た笠ヶ岳までの稜線が気持ちよくて、笠ヶ岳に行くことに。
双六岳から見た笠ヶ岳までの稜線が気持ちよくて、笠ヶ岳に行くことに。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 双六岳山頂から小屋までの稜線ルートは、行けるところまで行きましたが、ロープで通行止になっており、春道に戻ってきました。無理やりおりている方もいましたけど、遅かったですね。
双六岳山頂から小屋までの稜線ルートは、行けるところまで行きましたが、ロープで通行止になっており、春道に戻ってきました。無理やりおりている方もいましたけど、遅かったですね。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 双六小屋のテン場は広くて爽快😆
双六小屋のテン場は広くて爽快😆
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 笠ヶ岳が近づいてきた‼️稜線歩きは気持ちいい☆
笠ヶ岳が近づいてきた‼️稜線歩きは気持ちいい☆
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 雷鳥を発見した方がいることを教えてくれました。ラッキー✌️
雷鳥を発見した方がいることを教えてくれました。ラッキー✌️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 笠ヶ岳山荘のテン場から。標高高いだけあり、申し分ない景色‼️
笠ヶ岳山荘のテン場から。標高高いだけあり、申し分ない景色‼️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 ご機嫌です🎶
ご機嫌です🎶
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 山荘まではこの雪渓をトラバースします。酔っていると、ちょっと危ない⚠️
山荘まではこの雪渓をトラバースします。酔っていると、ちょっと危ない⚠️
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 夕日〜
夕日〜
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 北ノ俣岳、黒部五郎岳、薬師岳、剱岳、立山、水晶岳、鷲羽岳
北ノ俣岳、黒部五郎岳、薬師岳、剱岳、立山、水晶岳、鷲羽岳
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 今日も終わります
今日も終わります
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 翌朝。富士山も南アルプスも中央アルプスも見えてます。
翌朝。富士山も南アルプスも中央アルプスも見えてます。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 焼岳、乗鞍岳、御嶽山方面。笠新道の下山は、これらの山を長く楽しめます。
焼岳、乗鞍岳、御嶽山方面。笠新道の下山は、これらの山を長く楽しめます。
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 笠ヶ岳の奥に白山
笠ヶ岳の奥に白山
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 コバイケイソウ、キヌガサソウ、ハクサンフウロ、シナノキンバイミヤマキンバイ、アオノツガザクラ
コバイケイソウ、キヌガサソウ、ハクサンフウロ、シナノキンバイミヤマキンバイ、アオノツガザクラ
針ノ木岳・スバリ岳・船窪岳 ? シモツケソウ ヒメサユリ? オトギリソウ
? シモツケソウ ヒメサユリ? オトギリソウ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす