高安山の古道「鉢伏道(鉢伏古墳)~おおみちHC」

2015.12.09(水) 09:22 - 2015.12.09(水) 12:21
高安山と鉢伏山 天智天皇が近江大津宮に遷都した667年頃、唐・新羅連合軍に対する防衛拠点として大規模な山城が築城された。今回、訪問した鉢伏古墳(片原山古墳)は、同時期の7世紀頃の横穴式石室を持つ古墳である。 高安山越の古道は複数が知られているが、鉢伏道は地理院地図には記載がない。実際歩いてみると、古道の雰囲気を今に伝える味わい深い山道であった。

写真

近鉄信貴山口駅から出発します。

近鉄信貴山口駅から出発します。

最初の踏切を渡る。

最初の踏切を渡る。

まっすぐは「おおみちHC」、右折で鉢伏道へ向かう。

まっすぐは「おおみちHC」、右折で鉢伏道へ向かう。

住宅街を抜けると細い竹林の道。

住宅街を抜けると細い竹林の道。

石垣の向こうにケーブル線の軌道が見える。

石垣の向こうにケーブル線の軌道が見える。

ここで西信貴ケーブルを横断。踏切はない。

ここで西信貴ケーブルを横断。踏切はない。

周囲は棚田跡、耕作放棄地となっている。トラロープは、「ここが道ですよ~」の印。

周囲は棚田跡、耕作放棄地となっている。トラロープは、「ここが道ですよ~」の印。

棚田跡のドンツキまで来た。ここから斜面を登って尾根を目指すのが正解

棚田跡のドンツキまで来た。ここから斜面を登って尾根を目指すのが正解

谷筋を目指して山腹のへつり道を強引に進む。(後方の様子)

谷筋を目指して山腹のへつり道を強引に進む。(後方の様子)

間違いに気づいて、尾根道にルートを修正。良い山道となる。

間違いに気づいて、尾根道にルートを修正。良い山道となる。

斜面の直登まっすぐ東へ。両側の笹は刈られていた。

斜面の直登まっすぐ東へ。両側の笹は刈られていた。

登り切って、後方を見る。

登り切って、後方を見る。

地形図のP300付近。展望はない。

地形図のP300付近。展望はない。

鞍部付近は若干ヤブ漕ぎが必要。ここは堀切跡、足元に注意。

鞍部付近は若干ヤブ漕ぎが必要。ここは堀切跡、足元に注意。

雑木の間から八尾市内を眺める。

雑木の間から八尾市内を眺める。

最後の急登、落ち葉で滑るので慎重に登る。

最後の急登、落ち葉で滑るので慎重に登る。

登り切って平坦部に出た。

登り切って平坦部に出た。

横穴式の古墳(7世紀のもの)、鉢伏(片原山)古墳

横穴式の古墳(7世紀のもの)、鉢伏(片原山)古墳

しばしの間、古道の趣が漂う良い山道となる。

しばしの間、古道の趣が漂う良い山道となる。

人工的に造られたたと見られる平坦部の西端。

人工的に造られたたと見られる平坦部の西端。

ここからしばらく足元が悪い。

ここからしばらく足元が悪い。

片側の樹木が伐採されて、前方に展望台が見えて来た。

片側の樹木が伐採されて、前方に展望台が見えて来た。

ケーブル高安山駅横の紅葉。

ケーブル高安山駅横の紅葉。

真っ赤っか。

真っ赤っか。

下山は「おおみちHC」で。ショートカットの入口。

下山は「おおみちHC」で。ショートカットの入口。

おおみちHCに合流

おおみちHCに合流

紅葉

紅葉

黄葉

黄葉

景色を見上げるのは良いが、足元にも注意。

景色を見上げるのは良いが、足元にも注意。

高安山の紅葉は今が盛り

高安山の紅葉は今が盛り

道具リスト

  • コンパクトデジタルカメラXP70YイエローFFX-XP70Y

    FUJIFILM

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。