リハビリ②吉良ケ峰登山と、トリオレ履き慣らし。

2015.12.09(水) 日帰り Kochi
なわおき
なわおき

活動詳細

もっと見る

一昨日のリハビリうばが森に続き、今回は、いの町と高知市春野の間の里山、吉良ケ峰に登ってきました。 正直、リハビリにはちとキツく、かなり足をかばいながらの山歩きとなりましたが、トリオレがだいぶ心地よくなってきました。 高知市春野の、弘岡上の保育園南側の公民館駐車場に車を停めさせていただき、登山口を探しながら西向けに歩きます。 11時39分なんとか登山口を発見し登山開始。 分かれ道と言うか、歩けそうなルートがかなりありますが、赤と青のテープが手厚くありますので、それほどは迷わず進めます。 道中、猪と2回遭遇💦幸い向こうから逃げていただけたので、事なきを得ました。 初めは一匹が狂ったように転げ落ちるように逃げて行きましたが、2回目は何匹かの群れでした。姿は見なかったのですが、自分のいる場所のすぐ上で、ゲロを我慢するような声がしたので、柏打ちを連発すると、ガッサガサ凄い音鳴らしながら複数の猪が逃げて行きました。多分あのゲロを我慢するような声は猪です。間違いない‼️怖かった・・・・。 とりあえず、ガッサガサ音が止むまでおとなしく待機し、静まり返ったのを確認してから登山開始。 12時20分吉良ケ峰登頂 ここにもキティ・・・ん? ピンシャン会⁉️ お初ですぅぅ・・・。 とりあえず記念撮影をして、北へ進みます。 12時25分吉良ケ峰鉱山の上に到着。 鉱山を望む景色が中々だったので、ここでランチ。 南以外展望が素晴らしく、食後はコーヒーとダースベイダーで一息・・・。 ブラックのつもりがクッソ甘いコーヒーというミスはあったものの とてもいい時間を過ごせました。 片付けをして 13時30分無事下山。 里山カテゴリーの中では、かなりランキング上位に入る楽しい山でした。祠のある山を越えるところなどプチ縦走感も味わえ、急登続きの登りも歩きごたえはなかなかあります。 ルートも手厚いテープのおかげで迷わずに歩けます。 里山お気に入りに追加。 これでとりあえずいの町の名前のある里山は登ったのかな?・・・?

登山口からすぐの所に鳥居があります。
この鳥居を潜ります。石鎚神社?
すぐに二つ目の鳥居があります。
急登が続きます。
ネットで、確か鳥居が二つあると書かれてたような気がします。残念ながら二つとも倒れています。
石鎚神社の祠に到着。 挨拶をして。向かって左寄りに足を進めると、少し下って・・・
いきなり明るくなり、文旦畑に出てきます。
文旦畑と樹林帯の間を進むと、樹林帯への入り口がありますので、そこから入ります。赤テープ有り。帰りに撮影してます。
結構歩きやすいです。急登か、写真の感じの道が続き、結構キツイですが、楽しいです。
山頂に到着。 展望はほぼ無し。
今日も履き慣らし中のトリオレで。
出た‼️キティ・・・・ ン❓ピンシャン会⁉️
吉良が峰鉱山。重機がガンガン動いてます。写真には写ってませんが、東側は浦戸大橋〜太平洋まで望めます。 この景色を気に入ったので、ここでランチとします。
八巻山いの方面。
今日のランチは元スリーエフのローソン手作り弁当。
食後はダースに身を委ねます。
東側、浦戸大橋方面。
文旦畑から登山ルートへの復帰箇所。 赤テープ有り。帰りに撮影。
文旦畑からの入り口②帰りに撮影 赤テープ有り
登山口の階段。下山後撮影。
登山口。写真右側に階段があり、そこから登ります。下山後撮影。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。