岩場に感激!! 西穂高 20140821

2014.08.21

活動詳細

詳しく見る

2度目の本格登山。 前回の白山より、距離も高低差も穏やかなので、大丈夫だろうと言う「慢心」がありました。 余裕ではなく、慢心です。 前回もそうでしたが、私にとっての大きな障壁は、 現地に行くまでの深夜の自動車移動。 職業柄、4時就寝11時起床の生活者にとっては 深夜発→移動→早朝登山開始は、キツい。 車で連れて行ってもらう身分で、 生意気なことばかりを言いますが、 寝不足(毎回確定)→車酔い(毎回確定)→道中リバース(今回は4度) すっかり消耗して、登山開始。 乗り物嫌いの私は、実はロープウェイもダメ。 遊園地で、バイキングや易しいジェットコースターも乗れないので、 前後に揺れる、高所のロープウェイは、怖い&気持ち悪い・・・。 五度目のリバースを辛うじてこらえ、 パーティが登山届けを出している間に、リカバリーを計りました。 登りは、山荘までは、林道。 私にとっては、そんなにきつくないです。 登山開始直後の、三度の上り下りは、 帰りまで記憶しておくべきとの、お仲間さんからの申し送りを、 しっかり記憶しておきました。 林道散策は大好き。 キノコ・小動物探し・植生の観察は、 幼少期から実家の裏山で、ほぼ毎日していたせいもあり、 ウロウロ・ブツブツ・写真取りをしながらテンションを高めていきました。 小屋でヘリの荷物搬送を間近で見て感動。 もともと涙腺の弱い私は、プロのヘリ操縦の華麗さに、感涙してました。 やはり、テンションが異常です。 山小屋から、独標へ。 大小の石が敷いてあるガレ場が、一番つらかった。 足下をすくわれ、フラフラしながらずーっと登り。 標高が高くなり、酸素が薄くなっていたんでしょうか、 呼吸を整えることもままならず、苦しかった。 自撮りした写真を見直すと、顔面蒼白で目から生気が失われていました。 周りの皆さん、相当心配してたし、何とかついて行こうと気力だけで登ってました。 独標から、山頂へは、岩場のクライミング。 岩を登って、降りての連続。 最初の峰では、とんでもないところに連れてこられたと、 正直に言って、ビビッてました。 そんな気持ちのまま、岩を触って、足を踏み込んで行きました。 ピークを過ぎて、ゆっくり下ってみて、1つの峰を越えました。 岩にとりついて4手目ぐらいから、 クライミングジムのスラブ壁攻略を体が思い出し、 手の位置、足の置き場、つま先のかき込み、体の入れ方が、 無意識にできている自分に気づきました。 先行する仲間の皆さんの、手足の置き場や、 真下のガケ・雲・周りの光景を見る余裕が出てきました。 マジで楽しい!!オレ、登ってる!! っていう、充実感に包まれて、 この先の山頂を見ても、後ろを振り返っても、 迫力の光景。あの連山や、岩肌の質感は、きっと忘れないでしょう。 酸素が薄いから、すぐ息が上がると意識しながら、 楽しくホイホイと頂上へ。 ただし、前回の登山とは違って、 山頂で、大はしゃぎする、心身の余裕は全くなし。 仲間の皆さんと、祝杯をあげる余裕もあまりなく、 ぼーーっとした意識の中で、皆さんの宴会に、首から上だけを動かして参加。 行動食をモリモリ食べて、回復に努めました。 時刻が午後を回れば、私は、活力が出てきます。 登りより、下りが好きなので、 心も体も軽く、ホイホイと手足が進みます。 前後の光景を愛でる余裕も、十分にあり、 岩場でルートを外れて「×」を下っても、 自力で修正をかけて戻ったり。 身体能力・技術とも、登りより、元気になったことを 実感しながら、仲間の皆さんの、酔っ払い見物を楽しみつつ、 独標まで戻る。 独標→山小屋は、 登りでは、キツくて、嫌でしょうがなかったはずが、 下りは、足取り軽く、気楽に進めました。 でも、私は、足下をすぐにすくわれる、ガレ場は嫌いみたいです。 山小屋で、ラーメンを食べたら、さらに元気が出ました!! こめかみや、心身の末端に、暖かな血液の循環が感じられ、 活力が充ち満ちてくることが分かります。 やはり、 山で、暖かい食事をごちそうになることは、大事ですね。 その後は、顔を交換されたアンパンマンの如く、 元気100倍で、林道を抜けてロープウェイ乗り場へ。 最後の最後に、 登り・下りが3度あることは、記憶してました。 全然、心を折られず、乗り越えて入れました。 前回同様、一日の中で、最も元気な時間帯が、 下山時の登山道入り口付近なのは、なぜだろうと自問しています。 *ヒザ痛なし *午前は睡眠、午後からが普段の仕事タイム。 *登りより、下りが好き。 ロープウェイ乗り場で、記念撮影をして、お土産も買って、 ロープウェイで下山。 再び、ロープウェイの揺れと高さにビビりながら、 窓の鉄柵を必死に握り締めて、恐怖と戦ってました。 今日の登山から得たこと。 *自分にきく、酔い止めを見つけること。 *ヤバイときの、OS-1と、アミノ酸を持って行くこと。 *仲間の皆さんに振る舞えるモノを持って行くと、カッコイイ!! *歴代日本の総理大臣を唱えながら、登り登山は危険。 *酸素の薄いところでは、脳より体に酸素を回すこと。 *午後から男の体質・生活習慣は、登りに大きくマイナス。 *私の技量では、ジェットボイルと料理は、まだいらない。 *めがねonめがねができる、サングラス、欲しいなあ。 *GPS付きコンパクトデジカメ、欲しいなぁ。 *あってよかった、モバイルバッテリー。 *行動食が甘いものばかりだった。辛いモノも欲しい。 *岩場に、指先のホールド感が十分出せるグローブを持って行ったのは大正解。 *岩場で、2度、頭をぶつけた。ヘルメット、あった方がいいかなぁ。 最後に、 混成部隊を率いて頂き、ピンチを何度もすくってくれたNさん、 弱った私に、的確な技術指導を頂き、叱咤激励してくれたMさんを始め、 仲間の皆さんと、一緒に登れたことが、仕合わせでした。 この場を借りて、御礼申し上げます。 また、このメンバーで、山に行きたいです。

道具リスト

  • futura 32

    deuter

  • コールマンのトレッキングポール

    その他

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。