楽古岳✨戦いは続く

2022.11.25(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 6
休憩時間
3
距離
9.6 km
上り / 下り
1199 / 1207 m
1 13
38
21

活動詳細

すべて見る

月末プレミアムフライデーということで、1日有給休暇を取得してしまった😁✌️ そして金曜日のてんくらを見ると、最高の登山日和ではないか❣️😆🙌 一方で、土日は「C」が並んでいた。 これは本当の意味でプレミアムフライデーになるかもしれない😚♪ さて、どの山にしようか… 一番に思いついたのが「楽古岳」だった🙄 10月半ばに、アポイ岳~ピンネシリのおかわりで登ろうと計画していた山だった😅 しかし、ピンネシリ下山時の転倒、脱臼で、その挑戦は叶わなかった😥 積雪もそれほどでもなさそうだし、行ってみるか? やはり、あの悪いイメージは、年内にケリをつけておきたかった。 よし!楽古岳に決定である😎👍 AM03:30に目覚まし時計をセットして就寝する😪💤 朝、なぜか3時前にパッと目が覚めてしまった😳 子供の頃に経験した遠足の日は早起きしてしまう、あれか?😅 よほど楽古岳に刺激を受けていたのだろう。 せっかくなので早起きして準備し、まだ夜明け前の真っ暗な中、車を走らせた🚙💨 楽古山荘に到着すると、先行者はなかった。 今日は貸し切りだった。 車を停めると、楽古山荘の先に青空をバックに白く浮かび上がる山肌が見えた。 あれが楽古岳か?緊張が走る。 今日は、脱臼して潰えていた続きを再開である。 ふ~っと一息ついて気持ちを落ち着かせ、登山口へと歩を進めた😤🙏 スタートすると、いきなりの渡渉ポイントだった😱 車の温度計では気温0℃だったので、ここで濡れるわけにはいかない。 川の水量があったので、石伝いに渡りやすいところを選定する。 ほっほっほっ、と順調に石を伝って行くと、最後にツルリ、ドボン😵💦 げげげっ! マジかよ~、いきなり!? 両足膝下までずぶ濡れ~😭 手袋もべちゃべちゃになってしまった。 なははは…、戦意喪失↷😓 この辺りの地域は相性が悪いのか? 不安がよぎる… まあ、そのうち乾くだろう… 気を取り直して行ってみよう…😅 河原は、石がゴロゴロしていて走りにくかった。 しかし軽く走っていると、ズボンはすぐに乾いてきた。 手袋はズボンのポケット入れて温めて乾かすことにした。 靴の中もすぐに温かくなってきた。 今日もサロモンスノークロスで来てよかったと思った🤣 1kmほど進むと、5回ほどか、渡渉の連続となった。 しかし、ちょうどよく石が並んでいて、簡単に渡れた。 出だしのドボンは何だったんだと、情けない気持ちになった😓 だけどこの後、標高1,000mを越えると積雪があり、結局はズボンも靴もべちゃべちゃになるので、結果的には一緒だった😅 2.5kmほど進んだところに、「取り付き」の標示があった。 ようやく登山口に到着である。 ここから登りに入る。 なかなかの急登だった😵💦 つづら折りについた登山道がありがたかった。 それでも一気に太ももとふくらはぎに負荷がかかり、心拍が上がった。 そして太陽の日差しに体感温度が上昇し、汗が滴り落ちてきた💦 一旦停止🥵💦 あまりにも暑くなったので、キャップ、クロカンスキーのウエア上衣、手袋を脱ぐ。 夏スタイルで涼しくなったところで、快適に進んでいった。 しかし、ここでも痛恨のミス😱💦 ウエアを脱ぐときに、GAMINの腕時計を外して地面に置いたのを忘れて、そのまま進んでいた😰 途中で気が付いた時は背筋が凍った。 慌てて引き返して、なんとか腕時計を発見した。 良かった~😵‍💫💦 (そこで3分間休憩したことになっていた😝) 今日は川ドボンに続きミスの連続…😓 やっぱり相性が悪いのか… また脱臼したりして…😰 いかん、いかん、いかん 転倒だけはしまいと気を引き締めて再開するのだった🤣 途中、なだらかになって一息つける区間もあるが、傾斜はどんどんキツくなっていった💦 それを楽しみながらノンストップで登って行く。 そしてようやく樹林帯を抜けると、楽古岳~小楽古岳を見渡せるポイントに出た。 お~っ、素晴らしい😍✨ これまでの急登の辛さがいっぺんに吹き飛んだ。 更に標高を上げていく。 1,000mを越えると積雪が見られ、植生は笹から這松へと変わっていった。 すると、ぱあっと青空をバックに霧氷が広がっていた。 すげぇ…、きれいだ…✨ 足を止めては撮影しながら登った。 そうこうしていると、稜線に出た。 そこはキンッと冷たい空気が支配し、冬山の世界へと一変するのだった🥶❄️☃️ 再びキャップと手袋を着用する。 そして積雪は1cmほどだったが、雪をまとう植生に触れると、全身が雪まみれになり、びちょびちょになった😵 ズボンも靴も川にドボンしたときの状態に戻ってしまった😂 そこからの傾斜は緩やかで、最後は楽古岳、小楽古岳、そして左に見える十勝岳の景色を楽しみながら登った。 そして、山頂が近づいて来るにつれて、来たか?来たか?と心が躍るのだった💕 すると、太陽に照らされる古い看板が目に入った。 きたーーーーー!🤩🙌 楽古岳登頂の瞬間だった。 よっしゃー! そこには全周に雲に包まれながらも太陽に輝く見事な山並みが広がっていた。 はあぁ…、すげぇ…😍✨ 嬉しさがこみ上げてくる。 もはや嫌なことも全部忘れて、ただただその景色を独り占めする達成感に包まれていた😆🙌 よし!小楽古岳を目指そうか!🤩☝️ メンチカツサンドで腹ごしらえして、雲に包まれた小楽古岳へ向かおうとする。 えっ!?これを行くのか!?😱💦 そこには全て這松に覆われていて、道などなかった… まぁ、なんとかなるだろう、行ってみよう。 そう思って這松の中に足を踏み入れる。 え!?まじで? なかなか大変だぞ、これ😱💦 強引に這松を足で踏みつけながら下りていく。 冷てぇーーーーっ!🤣 這松に付着したシャーベット状の雪で、ズボンと靴がずぶ濡れになった。 渡渉で川につかるレベルである。 ズボンに至っては、太ももより上までべちゃべちゃになっていた😱💦 これは厳しいか…? 体がキンキンに冷えて、小刻みに震えてきた。 ぶるぶるぶる~🥶🥶🥶 「ヤバい、ヤバい!撤退、撤退!🤣」 慌てて戻ろうとするが、ほんのちょっとの登り返しが進まない。 這松をかき分け、掴み、強引に登った。 おお~っと山頂に復帰😵💦 とてもじゃないけど、小楽古岳まで行けるイメージがつかなかった。 これはレインウエアのズボンがないと無理だろう… 下半身はべちゃべちゃである。 ぶるぶるぶる~ 寒っ!寒っ!寒っ!🥶🥶🥶 うぉ~寒い! 早く下山しよう。 下山、下山、下山!🤣 お~っ、滑る!滑る! 危ない、危ない🤣🙌 そこは慎重に、慎重に 転倒注意!!😅💥🦴💪 稜線を滑るように下り、登山口に続く急坂に入ると、日も差してきて体感温度が上昇した。 寒さから解放され、気持ちもホッとした🤤 すると、さっきまで雲がかかっていた小楽古岳が姿を現した。 なんだか負けた感が蘇ってきた。 くそ~、来年の夏、待ってろよ!😠👊 それとも冬山でもアタックできるのか? まぁいいや、今度ちはる君に相談しよ!🤣 そこからは、急坂を楽しんだ。 だけど、べちゃべちゃになったズボンが突っ張って、足が思うように動かせない。 スピードは抑えて、転倒しないように慎重に駆け下りて行った😡💦 登山口に戻ってきた。 あとは渡渉を繰り返しながら2.5kmほど平坦な河原沿いだ。 よく考えたら、靴もズボンも既にべちゃべちゃである。 石伝いに渡渉するのも面倒なので、そのままジャブジャブ川の中を渡渉することにした😁👍 川の水は思いの外冷たくなかった。 温かいといった表現の方がいいかもしれない。 山頂の這松で感覚が麻痺してしまったのかもしれないが…🤣 ひゃっほ~と、その後もジャブジャブと渡渉を楽しんだ😚♪♬♪ そして遂に、楽古山荘が見えてきた。 お~、安堵する😚🙌 体がほわっと温かくなった。 脱臼して取りこぼした楽古岳だったが、悪いイメージを払拭できたような気がした😊 だけど、小楽古岳という課題を残してしまったな…😅 まあよいではないか またこちらへ遊びに来られる口実ができたと、前向きに捉えようではないか🤣🙌 日高山脈南部との戦いはまだまだ続く😎👍

楽古岳 楽古山荘に続く林道は朝靄に包まれていた。
気温が上昇し、霜が一気に溶けていっているようだ。
楽古山荘に続く林道は朝靄に包まれていた。 気温が上昇し、霜が一気に溶けていっているようだ。
楽古岳 林道分岐に楽古山荘の看板
Googleは右折を指示してくるが、左へ進む。
林道分岐に楽古山荘の看板 Googleは右折を指示してくるが、左へ進む。
楽古岳 楽古山荘到着
先行者ゼロの貸し切り!

アポイ岳で脱臼して、取りこぼしていた楽古岳
やはり年内にケリをつけたいと、本日アタックを決意する。
楽古山荘到着 先行者ゼロの貸し切り! アポイ岳で脱臼して、取りこぼしていた楽古岳 やはり年内にケリをつけたいと、本日アタックを決意する。
楽古岳 あれは楽古岳か?
青空をバックにくっきりと浮かび上がる。
白い山肌に緊張が走る。
あれは楽古岳か? 青空をバックにくっきりと浮かび上がる。 白い山肌に緊張が走る。
楽古岳 楽古岳登山口
スタート
楽古岳登山口 スタート
楽古岳 いきなり渡渉ポイント
まあまあな水量
夏だったらそのままジャブジャブいっちゃうんだが…、今日は0℃
ここは慎重に石伝いに渡渉を試みる。

ほっほっほっ、と順調に伝って行くと、最後にツルリ、ドボン
両足ずぶ濡れ~
げげげっ!
マジかよ~、いきなり!?
戦意喪失…

まあ、そのうち乾くだろう…
気を取り直して行ってみよう!!
いきなり渡渉ポイント まあまあな水量 夏だったらそのままジャブジャブいっちゃうんだが…、今日は0℃ ここは慎重に石伝いに渡渉を試みる。 ほっほっほっ、と順調に伝って行くと、最後にツルリ、ドボン 両足ずぶ濡れ~ げげげっ! マジかよ~、いきなり!? 戦意喪失… まあ、そのうち乾くだろう… 気を取り直して行ってみよう!!
楽古岳 丁寧な矢印がありがたい。
ずぶ濡れのズボンと靴で、ほっほっほっと走る。
石がゴロゴロしていて走りにくい。
丁寧な矢印がありがたい。 ずぶ濡れのズボンと靴で、ほっほっほっと走る。 石がゴロゴロしていて走りにくい。
楽古岳 またまた渡渉ポイント
今度はドボンせず、うまくいった。
またまた渡渉ポイント 今度はドボンせず、うまくいった。
楽古岳 おお~っ
川の先に山が見えた。
ワクワクする。
おお~っ 川の先に山が見えた。 ワクワクする。
楽古岳 何度となく訪れる渡渉ポイント
何度となく訪れる渡渉ポイント
楽古岳 渡渉ポイント
渡渉ポイント
楽古岳 はい、渡渉ポイント
はい、渡渉ポイント
楽古岳 もういっちょ渡渉ポイント

全部石伝いにいけた。
ズボンも靴も乾いてきたので、もう冷たさはなかった。
もういっちょ渡渉ポイント 全部石伝いにいけた。 ズボンも靴も乾いてきたので、もう冷たさはなかった。
楽古岳 河沿いを2.5kmほど進むとようやく登山口に到着
河沿いを2.5kmほど進むとようやく登山口に到着
楽古岳 とても親切な案内表示があった。
とても親切な案内表示があった。
楽古岳 結構急登💦
つづら折りになっているので助かった。

暑くなったので、キャップ、クロカンウエア上衣、手袋を脱ぐ。

ここで、腕時計を外して地面に置いたのを忘れてそのまま進んでしまった。
今日はミスの連発…😞

途中で気が付いて、引き返してなんとか発見
良かった~😵💦
(そこで3分間休憩したことになっていた😝)
結構急登💦 つづら折りになっているので助かった。 暑くなったので、キャップ、クロカンウエア上衣、手袋を脱ぐ。 ここで、腕時計を外して地面に置いたのを忘れてそのまま進んでしまった。 今日はミスの連発…😞 途中で気が付いて、引き返してなんとか発見 良かった~😵💦 (そこで3分間休憩したことになっていた😝)
楽古岳 再び急登を登る。
振り返ると雲海が見られた。
再び急登を登る。 振り返ると雲海が見られた。
楽古岳 そして、ようやく樹林帯を抜けると、楽古岳が見えた。
そして、ようやく樹林帯を抜けると、楽古岳が見えた。
楽古岳 小楽古岳
小楽古岳
楽古岳 楽古岳~小楽古岳
全景パノラマ
楽古岳~小楽古岳 全景パノラマ
楽古岳 反対側の山並み
反対側の山並み
楽古岳 雲が立ち込めていた。
雲が立ち込めていた。
楽古岳 楽古岳の稜線上に飛行機雲✈
楽古岳の稜線上に飛行機雲✈
楽古岳 標高1,000mを越えてくると積雪があった。
だけど、日が当たり暖かく感じた。
Tシャツ、アームカバーのみで大丈夫だった。
標高1,000mを越えてくると積雪があった。 だけど、日が当たり暖かく感じた。 Tシャツ、アームカバーのみで大丈夫だった。
楽古岳 植生は這松も見られてくる。
植生は這松も見られてくる。
楽古岳 気が付けば霧氷が見られた。
気が付けば霧氷が見られた。
楽古岳 見事!青空に生える霧氷
見事!青空に生える霧氷
楽古岳 素晴らしい
素晴らしい
楽古岳 きれいだ…
きれいだ…
楽古岳 稜線に出た。
ここまで来ると空気が一変して、体感温度がマイナスになる。
ここで再びキャップと手袋を着用

積雪は1cmほどだが、雪をまとう植生に触れて、全身雪まみれで、びちょびちょになる。
稜線に出た。 ここまで来ると空気が一変して、体感温度がマイナスになる。 ここで再びキャップと手袋を着用 積雪は1cmほどだが、雪をまとう植生に触れて、全身雪まみれで、びちょびちょになる。
楽古岳 おお~っ
遂に楽古岳登場
心が躍る。
おお~っ 遂に楽古岳登場 心が躍る。
楽古岳 小楽古岳も見事だ。
小楽古岳も見事だ。
楽古岳 楽古岳ドドーーン
楽古岳ドドーーン
楽古岳 十勝岳?
雲がかかっているけど、稜線の左に見事な山並みが見られた。
十勝岳? 雲がかかっているけど、稜線の左に見事な山並みが見られた。
楽古岳 凍り付く木の枝
凍り付く木の枝
楽古岳 小楽古岳
小楽古岳
楽古岳 楽古岳ロックオン
楽古岳ロックオン
楽古岳 凍り付く這松
凍り付く這松
楽古岳 凍り付く這松
凍り付く這松
楽古岳 そして登頂
凍り付く楽古岳の看板

キーーンと冷える。
気温は-5℃くらいか…
クロカンウエアを着用する。
そして登頂 凍り付く楽古岳の看板 キーーンと冷える。 気温は-5℃くらいか… クロカンウエアを着用する。
楽古岳 山頂からの景色①
周囲はやや雲に覆われていた。
山頂からの景色① 周囲はやや雲に覆われていた。
楽古岳 山頂からの景色②
山頂からの景色②
楽古岳 山頂からの景色③
山頂からの景色③
楽古岳 あらら…、小楽古岳が雲に包まれた。
あらら…、小楽古岳が雲に包まれた。
楽古岳 小楽古岳をバックに新しい方の看板
小楽古岳をバックに新しい方の看板
楽古岳 古い方の看板
古い方の看板
楽古岳 続いて、小楽古岳を目指そう!

這松帯に踏み入れると
冷てぇーーーーっ!
這松に付着したシャーベット状の雪でズボンと靴がずぶ濡れになった。
渡渉で川につかるレベルである。

これは厳しいか…?
体がキンキンに冷えて、小刻みに震えてきた。
続いて、小楽古岳を目指そう! 這松帯に踏み入れると 冷てぇーーーーっ! 這松に付着したシャーベット状の雪でズボンと靴がずぶ濡れになった。 渡渉で川につかるレベルである。 これは厳しいか…? 体がキンキンに冷えて、小刻みに震えてきた。
楽古岳 あっさり断念
雨具のズボンが必要だったな…

慌ただしく戻ってきたところに、新しい看板の裏側を見る。
よく皆さんの投稿で見かけるやつだ。
あっさり断念 雨具のズボンが必要だったな… 慌ただしく戻ってきたところに、新しい看板の裏側を見る。 よく皆さんの投稿で見かけるやつだ。
楽古岳 う~冷てぇ…
そして寒い…
ぶるぶる…

最後の見納めにパシャリ
う~冷てぇ… そして寒い… ぶるぶる… 最後の見納めにパシャリ
楽古岳 パノラマでも撮影
パノラマでも撮影
楽古岳 下山
雪でトレイルの凹凸が分かりにくい。
そして結構滑る。
慎重に、慎重に…
下山 雪でトレイルの凹凸が分かりにくい。 そして結構滑る。 慎重に、慎重に…
楽古岳 滑るように稜線をクリアする。
続いて急坂を下る。
周囲は雲に覆われていた。
滑るように稜線をクリアする。 続いて急坂を下る。 周囲は雲に覆われていた。
楽古岳 べちゃべちゃのズボンと雪まみれのサロモンスノークロス
ここまで来たら体感温度も上がって大丈夫
べちゃべちゃのズボンと雪まみれのサロモンスノークロス ここまで来たら体感温度も上がって大丈夫
楽古岳 湿雪になると、サロモンスノークロスも威力を発揮
チェーンスパイクがないと厳しいかと思ったけど、案外大丈夫だった。

スリルを楽しみながら駆け下りる。
湿雪になると、サロモンスノークロスも威力を発揮 チェーンスパイクがないと厳しいかと思ったけど、案外大丈夫だった。 スリルを楽しみながら駆け下りる。
楽古岳 あらら、雲が晴れて小楽古岳が姿を現す。
あるある~~
あらら、雲が晴れて小楽古岳が姿を現す。 あるある~~
楽古岳 下り終えて、渡渉ポイント
もうどうせ靴の中はびちょびちょなので、石伝いにとか面倒なことはせず、じゃぶじゃぶと川の中を歩く。
下り終えて、渡渉ポイント もうどうせ靴の中はびちょびちょなので、石伝いにとか面倒なことはせず、じゃぶじゃぶと川の中を歩く。
楽古岳 じゃぶじゃぶ
ひゃっほ~

感覚が麻痺しているのか、水温が高いのか、それほど冷たく感じない。
じゃぶじゃぶ ひゃっほ~ 感覚が麻痺しているのか、水温が高いのか、それほど冷たく感じない。
楽古岳 楽古山荘が見えた。
お~~、安堵する。
体がほわっと温かくなった。

なんとか無事に帰ってきた。
だけど、脱臼して取りこぼした楽古岳はクリアできたが、小楽古岳という課題を残してしまった。
また来年の夏にアタックしよう。
楽古山荘が見えた。 お~~、安堵する。 体がほわっと温かくなった。 なんとか無事に帰ってきた。 だけど、脱臼して取りこぼした楽古岳はクリアできたが、小楽古岳という課題を残してしまった。 また来年の夏にアタックしよう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。