兵庫山~天堤山~藤原集落

2022.11.22(火) 日帰り

かねてから気になっていた天堤山へ。 細尾根が長く、気が抜けない箇所が多く、 また、見晴らしの良い所はほとんど無く、結構シンドイ山行だった。

津根山大橋の袂に車を止め、落合まで歩く。
落合橋を渡り、左へ。

津根山大橋の袂に車を止め、落合まで歩く。 落合橋を渡り、左へ。

津根山大橋の袂に車を止め、落合まで歩く。 落合橋を渡り、左へ。

林道を少し歩き取り付き場所を探す。
リボンがぶら下がっているので、とりあえず這い上がってみる。

林道を少し歩き取り付き場所を探す。 リボンがぶら下がっているので、とりあえず這い上がってみる。

林道を少し歩き取り付き場所を探す。 リボンがぶら下がっているので、とりあえず這い上がってみる。

すぐに道に出た。
これが地形図の破線の道だろう。
林道が下に見える。

すぐに道に出た。 これが地形図の破線の道だろう。 林道が下に見える。

すぐに道に出た。 これが地形図の破線の道だろう。 林道が下に見える。

よく手入れされた杉林の道を登る。

よく手入れされた杉林の道を登る。

よく手入れされた杉林の道を登る。

破線が消えた所も道がある。
尾根に乗るが道はあり、赤テープが所々あるので迷わない。

破線が消えた所も道がある。 尾根に乗るが道はあり、赤テープが所々あるので迷わない。

破線が消えた所も道がある。 尾根に乗るが道はあり、赤テープが所々あるので迷わない。

この後歩く、稜線。

この後歩く、稜線。

この後歩く、稜線。

鞍部に出た。
振り返ってみる。
左から登ってきた。
正面は、1224ピーク、天堤山へ続く。

鞍部に出た。 振り返ってみる。 左から登ってきた。 正面は、1224ピーク、天堤山へ続く。

鞍部に出た。 振り返ってみる。 左から登ってきた。 正面は、1224ピーク、天堤山へ続く。

反対側には猿田へ続くと思われる古道。
猿田川沿いの破線道につながるのだろうか?

反対側には猿田へ続くと思われる古道。 猿田川沿いの破線道につながるのだろうか?

反対側には猿田へ続くと思われる古道。 猿田川沿いの破線道につながるのだろうか?

急登を喘ぎながら登る。

急登を喘ぎながら登る。

急登を喘ぎながら登る。

兵庫山着。

兵庫山着。

兵庫山着。

石鎚・剣山縦走記念のプレート。
11年前初めて見たときは、明瞭だったが色が消えてしまっている。
しかし、なぜここに記念プレートがあるのだろうか・

石鎚・剣山縦走記念のプレート。 11年前初めて見たときは、明瞭だったが色が消えてしまっている。 しかし、なぜここに記念プレートがあるのだろうか・

石鎚・剣山縦走記念のプレート。 11年前初めて見たときは、明瞭だったが色が消えてしまっている。 しかし、なぜここに記念プレートがあるのだろうか・

向こうには大登岐山、ここからの見晴らしは最高。

向こうには大登岐山、ここからの見晴らしは最高。

向こうには大登岐山、ここからの見晴らしは最高。

先ほどの鞍部まで引き返し、細尾根を登り下る。

先ほどの鞍部まで引き返し、細尾根を登り下る。

先ほどの鞍部まで引き返し、細尾根を登り下る。

ぬた場

ぬた場

ぬた場

天堤山近く、林道がすぐ下まで上がっている。

天堤山近く、林道がすぐ下まで上がっている。

天堤山近く、林道がすぐ下まで上がっている。

天堤山着、昼食。

天堤山着、昼食。

天堤山着、昼食。

休憩後、電波塔へ。
伐採地の向こうに上猿田集落が見える。

休憩後、電波塔へ。 伐採地の向こうに上猿田集落が見える。

休憩後、電波塔へ。 伐採地の向こうに上猿田集落が見える。

電波塔

電波塔

電波塔

林道から稜線に復帰する。

林道から稜線に復帰する。

林道から稜線に復帰する。

時々、岩があり乗り越えたり巻いたりして進む。
新しい境界杭が設置されており、赤リボンがあるので最近境界確認作業をしたらしいが、古い赤テープもあるので歩く物好き(おまえもな)が居るのだろう。

時々、岩があり乗り越えたり巻いたりして進む。 新しい境界杭が設置されており、赤リボンがあるので最近境界確認作業をしたらしいが、古い赤テープもあるので歩く物好き(おまえもな)が居るのだろう。

時々、岩があり乗り越えたり巻いたりして進む。 新しい境界杭が設置されており、赤リボンがあるので最近境界確認作業をしたらしいが、古い赤テープもあるので歩く物好き(おまえもな)が居るのだろう。

957.1ピーク
これから854.9ピークを目指す。
少し北東に進むのだが、赤リボンが続きコンパスを見る必要が無かった。

957.1ピーク これから854.9ピークを目指す。 少し北東に進むのだが、赤リボンが続きコンパスを見る必要が無かった。

957.1ピーク これから854.9ピークを目指す。 少し北東に進むのだが、赤リボンが続きコンパスを見る必要が無かった。

854.9ピーク手前の鞍部。
藤原集落へ下ると思われる古道がある。

854.9ピーク手前の鞍部。 藤原集落へ下ると思われる古道がある。

854.9ピーク手前の鞍部。 藤原集落へ下ると思われる古道がある。

反対側を見ると、下猿田へ下る古道。
下猿田出身の義叔母は、藤原集落にある中学校へ通ったそうだが、通学は大変だったろう。
標高差400mを日に2回上り下り、雨、雪の日は難儀したと思う。

反対側を見ると、下猿田へ下る古道。 下猿田出身の義叔母は、藤原集落にある中学校へ通ったそうだが、通学は大変だったろう。 標高差400mを日に2回上り下り、雨、雪の日は難儀したと思う。

反対側を見ると、下猿田へ下る古道。 下猿田出身の義叔母は、藤原集落にある中学校へ通ったそうだが、通学は大変だったろう。 標高差400mを日に2回上り下り、雨、雪の日は難儀したと思う。

予想より時間がかかったので、先を急ぐ。
859.4ピーク先の伐採地より、下猿田集落を望む、その奥には上猿田集落、大森山。
上猿田集落の生徒も藤原集落へ通ってたので、その通学距離はすごいことになる。

予想より時間がかかったので、先を急ぐ。 859.4ピーク先の伐採地より、下猿田集落を望む、その奥には上猿田集落、大森山。 上猿田集落の生徒も藤原集落へ通ってたので、その通学距離はすごいことになる。

予想より時間がかかったので、先を急ぐ。 859.4ピーク先の伐採地より、下猿田集落を望む、その奥には上猿田集落、大森山。 上猿田集落の生徒も藤原集落へ通ってたので、その通学距離はすごいことになる。

伐採地を下る。

伐採地を下る。

伐採地を下る。

林道が見えたので、降り口を探すと踏み跡が。

林道が見えたので、降り口を探すと踏み跡が。

林道が見えたので、降り口を探すと踏み跡が。

ここに下りてきた。
これから藤原集落へ下る。

ここに下りてきた。 これから藤原集落へ下る。

ここに下りてきた。 これから藤原集落へ下る。

山中では、見晴らしの良い所は無かったが、ここからは見晴らしの良い所ばかり。

山中では、見晴らしの良い所は無かったが、ここからは見晴らしの良い所ばかり。

山中では、見晴らしの良い所は無かったが、ここからは見晴らしの良い所ばかり。

藤原集落
お茶畑が綺麗に手入れされている。

藤原集落 お茶畑が綺麗に手入れされている。

藤原集落 お茶畑が綺麗に手入れされている。

銘木があるので、見物する。

銘木があるので、見物する。

銘木があるので、見物する。

いぶき

いぶき

いぶき

その隣は銀杏の大木。

その隣は銀杏の大木。

その隣は銀杏の大木。

未だ見たいところはあったのだが、16時半なので、明るい内に来るままで帰りたいので、急ぐ。
津根山大橋は遙か向こう。

未だ見たいところはあったのだが、16時半なので、明るい内に来るままで帰りたいので、急ぐ。 津根山大橋は遙か向こう。

未だ見たいところはあったのだが、16時半なので、明るい内に来るままで帰りたいので、急ぐ。 津根山大橋は遙か向こう。

暗くなる前に着いた。
標高がそれほど高く無いので、見晴らしの良い所は無かったが、気になっていたところなので、納得の山行だった。

暗くなる前に着いた。 標高がそれほど高く無いので、見晴らしの良い所は無かったが、気になっていたところなので、納得の山行だった。

暗くなる前に着いた。 標高がそれほど高く無いので、見晴らしの良い所は無かったが、気になっていたところなので、納得の山行だった。

津根山大橋の袂に車を止め、落合まで歩く。 落合橋を渡り、左へ。

林道を少し歩き取り付き場所を探す。 リボンがぶら下がっているので、とりあえず這い上がってみる。

すぐに道に出た。 これが地形図の破線の道だろう。 林道が下に見える。

よく手入れされた杉林の道を登る。

破線が消えた所も道がある。 尾根に乗るが道はあり、赤テープが所々あるので迷わない。

この後歩く、稜線。

鞍部に出た。 振り返ってみる。 左から登ってきた。 正面は、1224ピーク、天堤山へ続く。

反対側には猿田へ続くと思われる古道。 猿田川沿いの破線道につながるのだろうか?

急登を喘ぎながら登る。

兵庫山着。

石鎚・剣山縦走記念のプレート。 11年前初めて見たときは、明瞭だったが色が消えてしまっている。 しかし、なぜここに記念プレートがあるのだろうか・

向こうには大登岐山、ここからの見晴らしは最高。

先ほどの鞍部まで引き返し、細尾根を登り下る。

ぬた場

天堤山近く、林道がすぐ下まで上がっている。

天堤山着、昼食。

休憩後、電波塔へ。 伐採地の向こうに上猿田集落が見える。

電波塔

林道から稜線に復帰する。

時々、岩があり乗り越えたり巻いたりして進む。 新しい境界杭が設置されており、赤リボンがあるので最近境界確認作業をしたらしいが、古い赤テープもあるので歩く物好き(おまえもな)が居るのだろう。

957.1ピーク これから854.9ピークを目指す。 少し北東に進むのだが、赤リボンが続きコンパスを見る必要が無かった。

854.9ピーク手前の鞍部。 藤原集落へ下ると思われる古道がある。

反対側を見ると、下猿田へ下る古道。 下猿田出身の義叔母は、藤原集落にある中学校へ通ったそうだが、通学は大変だったろう。 標高差400mを日に2回上り下り、雨、雪の日は難儀したと思う。

予想より時間がかかったので、先を急ぐ。 859.4ピーク先の伐採地より、下猿田集落を望む、その奥には上猿田集落、大森山。 上猿田集落の生徒も藤原集落へ通ってたので、その通学距離はすごいことになる。

伐採地を下る。

林道が見えたので、降り口を探すと踏み跡が。

ここに下りてきた。 これから藤原集落へ下る。

山中では、見晴らしの良い所は無かったが、ここからは見晴らしの良い所ばかり。

藤原集落 お茶畑が綺麗に手入れされている。

銘木があるので、見物する。

いぶき

その隣は銀杏の大木。

未だ見たいところはあったのだが、16時半なので、明るい内に来るままで帰りたいので、急ぐ。 津根山大橋は遙か向こう。

暗くなる前に着いた。 標高がそれほど高く無いので、見晴らしの良い所は無かったが、気になっていたところなので、納得の山行だった。