2人の白雪姫と6人のこびと?達♫

2015.12.06(日) 日帰り
ふくえもん
ふくえもん

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回は東海地区の"トリックスター☆"maeさんPresents、霊仙山の旅に参加させていただきました。 unaさん、たえさんという2人のお姫様と6人のこびとたちというパーティ。 こびとの面々は、maeさん、ヨッシマンさん、ノビさん、ふじなおさん、みとなさん、そして私。 こびとかどうかはさておき・・・ 久しぶりの山らしい山行♫ いつもの週末より早く目が覚めました。さすが山効果!! ところが勇んで登山口に到着したものの、地図をダウンロードし忘れていることに茫然(TwT。) 電波を求めて、登山道をウロウロ・・・ よく考えると、車で麓まで戻ればよかったんですが、○○と煙は高い所がお好きなようでテヘヘッ(*゚ー゚)> 霊仙山は1000m位の低山ですが、7合目を過ぎる辺りから広がるカレンフェルトの景観はいつみても素晴らしい!! たくさんの人に是非とも見ていただきたいと心底思います。まるで異世界のようです(^^♪ 年中通いたいくらいですが、山ヒルの生息地でもあり、晩秋から春までと気持ちよく楽しめる季節が限られるのが残念!! でも限られた時期しか楽しめないから余計楽しいのかもしれませんね。 楽しい山行ですが、山の季節は晩秋を過ぎ冬。吹き抜ける風が身に沁みます。 経塚山辺りから山頂にかけては風が強く、じっとしていると寒くて鼻からは水分が大放流でした。 それでもカレンフェルトの景観はみなさんのカメラマン魂をくすぐるようで、しきりにシャッター音が響いていました。 傍から見ていると、スナイパー軍団です。油断すると狙われます(笑) 気分はゴルゴ13!! 今回のタイトルは、ダークブルーの山並みの中に佇む真っ白な雪の衣装をまとった白山(と思います)の姿があまりに美しく、その姿から白雪姫を連想しネーミングしました。 くしくも12月は白雪姫の誕生月(12/21)だそうです。12月の山行のタイトルとしては丁度ぴったり♫ ☆★☆★☆★☆★☆★Special Thanks☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ♪白雪姫のお二人♫ unaさん     https://yamap.co.jp/activity/211127 たえさん     https://yamap.co.jp/activity/211119 ♪猛者たち♫ ヨッシマンさん  https://yamap.co.jp/activity/211508 ノビさん     https://yamap.co.jp/activity/211609 maeさん     https://yamap.co.jp/activity/211057 ふじなおさん   https://yamap.co.jp/activity/211051 みとなさん    https://yamap.co.jp/activity/211115 

霊仙山 榑ヶ畑登山道口♫特別急行山頂行です。途中の停車駅はありませんε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
榑ヶ畑登山道口♫特別急行山頂行です。途中の停車駅はありませんε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
霊仙山 石積みの跡。頭の中に、何故か「つわものどもが夢の跡だね♫」と懐かしい曲が流れる。
石積みの跡。頭の中に、何故か「つわものどもが夢の跡だね♫」と懐かしい曲が流れる。
霊仙山 今年は営業終了。味わい深い看板です
今年は営業終了。味わい深い看板です
霊仙山 自動販売機ならぬ無人販売。値段はお手頃♫
自動販売機ならぬ無人販売。値段はお手頃♫
霊仙山 キンキンに冷えていますが、いつから冷やされているのでしょう?
キンキンに冷えていますが、いつから冷やされているのでしょう?
霊仙山 汗拭峠までの急坂。短いですけど、結構斜度がある印象です。
汗拭峠までの急坂。短いですけど、結構斜度がある印象です。
霊仙山 紅葉の名残り。感じる風は秋ではなく冬です。
紅葉の名残り。感じる風は秋ではなく冬です。
霊仙山 こういう道好きだなぁ~。さぁ、エンジンかかってきた。
こういう道好きだなぁ~。さぁ、エンジンかかってきた。
霊仙山 楽しませてもらっているので、他の登山者にも楽しんでいただきたいものです。
楽しませてもらっているので、他の登山者にも楽しんでいただきたいものです。
霊仙山 総じて歩きやすい道ですが、2合目~3合目間は少し岩がゴツゴツしています。
総じて歩きやすい道ですが、2合目~3合目間は少し岩がゴツゴツしています。
霊仙山 晩秋の枯れ木の森歩きを楽しみます。
晩秋の枯れ木の森歩きを楽しみます。
霊仙山 5合目の見晴らし台からの眺め。遠く琵琶湖が広がります。
5合目の見晴らし台からの眺め。遠く琵琶湖が広がります。
霊仙山 7合目前の視界が広がる場所。これからどんどん視界が開けていくこの場所がお気に入り。
7合目前の視界が広がる場所。これからどんどん視界が開けていくこの場所がお気に入り。
霊仙山 ゆったりした斜面を登っていきます。
ゆったりした斜面を登っていきます。
霊仙山 霊仙山特有の岩の風景に枯れ木がアクセント♫
霊仙山特有の岩の風景に枯れ木がアクセント♫
霊仙山 本日2度目の7合目。ここからの眺めはいつ見てもいいd(゚-^*) ナイス♪
本日2度目の7合目。ここからの眺めはいつ見てもいいd(゚-^*) ナイス♪
霊仙山 ちょっと枯れ木を加えてみました(^^)
ちょっと枯れ木を加えてみました(^^)
霊仙山 絵になる風景(゚∇^*) テヘ♪
絵になる風景(゚∇^*) テヘ♪
霊仙山 ここから山頂まで石灰岩ワールドが広がります。異世界の様相を楽しめます。
ここから山頂まで石灰岩ワールドが広がります。異世界の様相を楽しめます。
霊仙山 決闘!!荒野の2人・・・なんてね。
決闘!!荒野の2人・・・なんてね。
霊仙山 ここにもスナイパー軍団がいます。ん、maeさんの持っているのは水筒だ(笑)
ここにもスナイパー軍団がいます。ん、maeさんの持っているのは水筒だ(笑)
霊仙山 yamapでよく見かける枯れ木。面白い形をしてますね。
yamapでよく見かける枯れ木。面白い形をしてますね。
霊仙山 枯れ木を撮るノビサンとunaさんを撮るmaeさんを撮る私。
枯れ木を撮るノビサンとunaさんを撮るmaeさんを撮る私。
霊仙山 ノビさんが撮影していたお社の鈴。真似して撮ってみたけど、難しい(*゚~゚*)
ノビさんが撮影していたお社の鈴。真似して撮ってみたけど、難しい(*゚~゚*)
霊仙山 お日様に虹がかかっていたんですが、写真には写っていないようです。
お日様に虹がかかっていたんですが、写真には写っていないようです。
霊仙山 経塚山手前のこの景観が好き♫
経塚山手前のこの景観が好き♫
霊仙山 何度見ても不思議な世界が広がっていますね~。
何度見ても不思議な世界が広がっていますね~。
霊仙山 岩にVサインをしてもらって、伊吹山を望む。
岩にVサインをしてもらって、伊吹山を望む。
霊仙山 9合目の経塚山。この辺りからかなり風が強くなってきて、寒いのなんの・・・
9合目の経塚山。この辺りからかなり風が強くなってきて、寒いのなんの・・・
霊仙山 霊仙山最高点(1,098m)。あまりに寒くて短時間で撤収。ここが最高点なんですが、山頂は別。山頂には二等三角点があります。
霊仙山最高点(1,098m)。あまりに寒くて短時間で撤収。ここが最高点なんですが、山頂は別。山頂には二等三角点があります。
霊仙山 名前の通り、真っ白な白山。みなさん、「きれい・・・」と絶句(=゚∇゚)ボー
名前の通り、真っ白な白山。みなさん、「きれい・・・」と絶句(=゚∇゚)ボー
霊仙山 霊仙山山頂への最後の登り
霊仙山山頂への最後の登り
霊仙山 まるで岩石博物館のように色々な石が転がっています。
まるで岩石博物館のように色々な石が転がっています。
霊仙山 カメラマンには絶好の被写体みたい(笑)
カメラマンには絶好の被写体みたい(笑)
霊仙山 シンプルな霊仙山山標
シンプルな霊仙山山標
霊仙山 お約束のぽちっとな♫
お約束のぽちっとな♫
霊仙山 何度見てもすごい風景。なかなかこういう場所はないですよね。
何度見てもすごい風景。なかなかこういう場所はないですよね。
霊仙山 円卓の騎士ならぬ円卓の登山靴達。どの靴が誰の靴でしょう?
円卓の騎士ならぬ円卓の登山靴達。どの靴が誰の靴でしょう?
霊仙山 unaさんとmaeさんの二重奏♫ 2mは跳んでいますよ(゚・゚* ホレボレ
unaさんとmaeさんの二重奏♫ 2mは跳んでいますよ(゚・゚* ホレボレ
霊仙山 山頂を後にしてランチのために風よけができる避難小屋を目指します。
山頂を後にしてランチのために風よけができる避難小屋を目指します。
霊仙山 発見!!避難小屋。寒いので、さぁ急ぎましょう
発見!!避難小屋。寒いので、さぁ急ぎましょう
霊仙山 避難小屋へ到着。
避難小屋へ到着。
霊仙山 とっても寒いので、まずは目で暖を取りましょう(*^-^)ニコ
とっても寒いので、まずは目で暖を取りましょう(*^-^)ニコ
霊仙山 避難小屋を利用したのは初めて。ここからの眺めもd(>_< )Good!!
避難小屋を利用したのは初めて。ここからの眺めもd(>_< )Good!!
霊仙山 霊仙山から見える伊吹山は重厚感のある面構えをしていますね。
霊仙山から見える伊吹山は重厚感のある面構えをしていますね。
霊仙山 石灰岩ラビリンス♫
石灰岩ラビリンス♫
霊仙山 晩秋感満載だけどこういう登山道を歩くのは気持ちがいい。
晩秋感満載だけどこういう登山道を歩くのは気持ちがいい。
霊仙山 タイトル「明日に向かって跳べ!!」
タイトル「明日に向かって跳べ!!」

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす