紅葉の古刹         お写んぽ鰐淵寺          2022-11-21

2022.11.21(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 12
休憩時間
6
距離
2.7 km
上り / 下り
188 / 189 m
1 12

活動詳細

すべて見る

紅葉のピークと聞いた23日は雨か、急遽出かけた鰐淵寺、そこには西塔武蔵坊弁慶にまつわる事物が、いくつか残されています。 それは彼が青年時代に、ここで修行に励んだという伝えがあるのにかかわっています。 大山の寺から一夜で担いできたと称せられる釣鐘や、背負い櫃、鋸、自画像が残されています。

鼻高山・弥山・旅伏山 鰐淵寺が在る山は、通称北山山系へと続く
鰐淵寺が在る山は、通称北山山系へと続く
鼻高山・弥山・旅伏山 そばの谷川は水量が多く
時に激しく流れ
雄大な巨石の景観を
見せている
そばの谷川は水量が多く 時に激しく流れ 雄大な巨石の景観を 見せている
鼻高山・弥山・旅伏山 名前の由来の逸話が残る浮浪山そこには滝と祠が在る
名前の由来の逸話が残る浮浪山そこには滝と祠が在る
鼻高山・弥山・旅伏山 
西塔武蔵坊弁慶はここで修行に励んだという
西塔武蔵坊弁慶はここで修行に励んだという
鼻高山・弥山・旅伏山 弁慶のようにたくましく、人間性あふれる人物の輩出を願って、武者行列を中心とする「武蔵坊弁慶まつり」が開催されています。
弁慶のようにたくましく、人間性あふれる人物の輩出を願って、武者行列を中心とする「武蔵坊弁慶まつり」が開催されています。
鼻高山・弥山・旅伏山 本堂へ続く石段
本堂へ続く石段
鼻高山・弥山・旅伏山 かつては修行僧の道場跡か宿坊か?
かつては修行僧の道場跡か宿坊か?
鼻高山・弥山・旅伏山 紅葉はピークを過ぎているようだ
紅葉はピークを過ぎているようだ
鼻高山・弥山・旅伏山 ここも何かの遺構が在ったかも?
ここも何かの遺構が在ったかも?
鼻高山・弥山・旅伏山 光がもっと有れば‼️と思う
光がもっと有れば‼️と思う
鼻高山・弥山・旅伏山 天台宗の古刹
594年の創建と伝えられる天台宗の古刹。信濃国の智春上人が推古天皇の眼病を治すため、ここの浮浪の滝に祈り、見事平癒したことから、鰐淵寺を建立されました。
天台宗の古刹 594年の創建と伝えられる天台宗の古刹。信濃国の智春上人が推古天皇の眼病を治すため、ここの浮浪の滝に祈り、見事平癒したことから、鰐淵寺を建立されました。
鼻高山・弥山・旅伏山 鰐淵寺の現在の構え
鰐淵寺の現在の構え
鼻高山・弥山・旅伏山 紅の落ち葉が
普段は音静かな
山域に静けさを
かもし出していた
紅の落ち葉が 普段は音静かな 山域に静けさを かもし出していた
鼻高山・弥山・旅伏山 落ち葉のグラデーション
落ち葉のグラデーション
鼻高山・弥山・旅伏山 浮浪の滝へここから8分と有った
浮浪の滝へここから8分と有った
鼻高山・弥山・旅伏山 鰐淵寺の名前の由来にもなった浮浪滝 は、修験者の守護神 「蔵王権現」の聖地 とされ、石段の下から谷川沿いの小道を 西へ8分ほど進んだ先にあります。
鰐淵寺の名前の由来にもなった浮浪滝 は、修験者の守護神 「蔵王権現」の聖地 とされ、石段の下から谷川沿いの小道を 西へ8分ほど進んだ先にあります。
鼻高山・弥山・旅伏山 滝の裏は岩窟になっており、 滝壺の奥には祠  蔵王堂がはめ込まれるように建っていま す。
弁慶もこの滝に打たれて修行したと伝えられ、周囲は神秘的な雰囲気に包まれて います。
滝の裏は岩窟になっており、 滝壺の奥には祠 蔵王堂がはめ込まれるように建っていま す。 弁慶もこの滝に打たれて修行したと伝えられ、周囲は神秘的な雰囲気に包まれて います。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。