古処山(秋月本覚寺登山口)〜屛山〜馬見山往復。

2015.12.05

活動詳細

詳しく見る
参考タイムの記録が欲しくてのソロ。 本覚寺登山口スタート。往路は水舟から紅葉谷コースへ抜け、古処山頂を通らず柘植の原生地を通り屛山へ向かう。 屛山山頂手前は薄っすら雪も残り、山頂では見晴らし良くも風が冷たい❗️ここでおにぎり1個を補給。 続く往路、近道をせずピークを越え、宇土浦越を経て初登頂の馬見山に。馬見山山頂辺りも残雪あり。 山頂から1分ほど先の展望地に立ち寄り、山頂に戻り昼食。 復路は宇土浦越と屛山の間は近道を通り、苔むした岩場から古処山山頂へ登り、古処山からの下りは水舟から紅葉谷コースを経て下山。
駐車場前に何とか残っていた紅葉。
落ち葉を踏み荒らした跡が無いと思ったら、いつの間にか紅葉谷コースに合流。
柘植の原生林を抜けて。
屛山山頂手前。
屛山山頂から。
今回で2度目の屛山山頂。
段差のあるここから登り階段が一番キツかった。
860mのピーク。
距離は中間だけど、もう少し下ってその先登りが待つ。
宇土浦越に着く。
階段を登り切り振り返ると、古処、屛山。
風もなく陽当たりも良かった馬見平。
これでもかの登り階段。
屛山よりも残る雪。
初めての馬見山山頂に。
相棒のいとゴンにとっては初めての雪。
展望所からの江川ダム。
同じく古処山、屛山。
昼食の酒粕入りの豚汁で暖を取る。
馬見山山頂からの英彦山⁇
再び宇土浦越、下りは25分で。
帰りは近道を。
再びの屛山山頂。
苔むす木々に陽が当たり、青く輝いて見える。
往路との合流地点。
山頂まで続く岩場を登り。
この日で3度目の古処山山頂。
見えた水舟。
地図には無いけど、道標の赤テープは有り。
雑木林の中の紅葉谷コース。
残るカエデの葉。
5合目駐車場。
次の縦走はこの5合目を基点でいいかな。
雨で水量が増えてか石畳の山道にも水が流れている。
微妙な傾斜❗️最後の最後に滑ってしまった。
駐車場に到着。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。