冬景色のくじゅうをブラリ散歩

2015.12.05

活動詳細

詳しく見る
皆さんの投稿を見て雪景色を見たくなり、くじゅうに行ってきました。 遅めのスタートでしたが、長者原の駐車場はガラガラでした。 天気予報は曇りですが、タデ原湿原から見える空は、まずまずのようです。 遠くに見える山々も白く化粧されて期待が膨らみます。 雨ケ池コースへ進み、森の中に入っても他の登山者に出会うことも、追い付くことも、追い越されることもなく 貸切の森を楽しみました。 尼ケ池手前でルート上が厚く凍結している部分があり、アイゼンを使うか迷いましたが、そのまま両側の雪の部分を慎重に進んで雨ケ池に到着。 雨ケ池には、ほとんど雪がありませんでしたが 坊がつるへの下りのルートは、薄っすらと雪が残っており、藪の中へ続く動物の足跡もたくさんありました。 坊がつるには ほとんど雪はなく、かなり暑くなってきたため法華院温泉荘で一服して薄着に着替え、すがもりルートへ進みます。 登り着いた北千里浜にも雪はありませんでしたが、霜柱が厚く歩くとサクサクと音を立てます。 すがもり下を久住分かれ方向へ進むと、ルート添いが氷河のようにずっと凍っていました。 久住分かれへのガレ場の急登にさしかかると、周辺の低木に樹氷が見られるようになりました。 樹氷を楽しみながら急登をよじ登り到着した久住分かれは、思った以上に多くの登山者がおられました。 牧ノ戸からは、結構な登山者がいらっしゃっるようです。 風もなく周囲の岩では何組かが昼食をされていたので、我々も適当な岩陰で食事に準備を始めましたが、いざ食べ始めたところで急に冷たい強風が吹き始め、体が一気に冷えて食事を楽しむところではなくなり、バタバタと避難小屋へ移動しました。 避難小屋は我々同様の方でいっぱいで、しばらく順番を待ち、残りのスープで体を温めひと心地。この時点で、どこかのピークを目指す気力がなくなり下山することにしました。 下りでは、期待した雪景色を存分に楽しむことができましたが、雪解けでルート上のあちこちが水田のようになっており、ゲイターやシューズがドロドロになってしまいました。 本日唯一のピークである沓掛を越えると、ここにきて牧ノ戸手前のコンクリート道が結構凍っており、ここでもアイゼンを取りだすか迷いましたが、登ってくる方が普通の靴でしたので そのまま下山しました。 結構すべりそうで、へっぴり腰になりながら牧ノ戸に到着。結構時間がかかってしまったので、一服もせずに九州自然歩道を長者原へ下りました。 最後は、甘いフワフワか苦いシュワシュワか迷いましたが、嫁さんの希望で苦いので〆ました。
ビジターセンター駐車場 遅めの時間ながらガラガラ
タデ原湿原の木道から まあまあの天気です
雨ヶ池ルート登山口から
森の中は多少雪が残ってます
花のような霜柱がたくさんあります
動物の足跡? ストック跡でしょうか
雨ケ池手前の開けた所
ツルツルに凍った登山道 川ではありません
三俣は、上の方だけ白くなっています
雨ヶ池の木道 日陰部分だけ雪が残ってますが、凍結はしてません
坊がつるへの下りは、ルート上も雪が残っています
坊がつる到着 テントは見えないようです
法華院温泉山荘へ
休憩所で一服し、少し薄着に着替えました
法華院からの三俣山 こちら側は雪が少ないようです
大船は、結構白くなっています
岩場の登山道は、雪と所々の凍結 アイゼンは不要
北千里浜をすがもり方向へ
くうじゅう分かれへ向かいます
氷河のように凍結しています
三俣方向を振り返るヤラセ
この辺から樹氷が増えてきました
久住分かれ直前の急登
久住分かれ この時点では食事をしている方がたくさんいます
昼飯の準備
厚切ベーコンでBLTサンド
急に強風が吹きだし、避難小屋に移動してミネストローネで体を温めます
ルート上は雪解けで田んぼのようです
期待した冬景色を堪能
🍤が、たくさん
トンネル状の樹氷
きれいな樹氷
沓掛山 本日唯一のピーク
結構下りてきましたが、ここでも ー3.5℃ 
コンクリート道 上の方は若干凍結していました
牧ノ戸に着きました
九州自然歩道を長者原へ下ります
舗装された緩やかな遊歩道です
下の方は、枯葉が積もっていますが、雪はありません
給水管から漏れた水が凍ってます
ヘルスセンターのワンコと遊び、これで乾杯

道具リスト

  • ガルモント タワーライト

    その他

  • ウィンドマスター

    SOTO

  • トランギア ラージメスティン

    その他

  • テルス

    THE NORTH FACE

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。