多摩川源流域 奈良倉山・大マテイ山

2022.11.14(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 50
休憩時間
1 時間 14
距離
11.0 km
上り / 下り
606 / 606 m

活動詳細

すべて見る

膝に優しく、冠雪した富士を拝め、紅葉と温泉を楽しめ、人混みの無い貸し切りになりそうな山行を友人が考えてくれた。 小菅村の松姫峠駐車場は、都心部から車で約2時間、紅葉を楽しみながら快適なドライブだった。 駐車スペースは6~7台分、到着時は一台もいなかった。 松姫峠は、武田信玄の娘、松姫が織田勢から逃れるための道中に通ったのではないかという伝えから、明治後の道路開設時に命名されたらしい。 松姫峠で富士山を既に拝むことができたが、秀麗富嶽十二景第五番の奈良倉山を目指す。 ふかふかの落ち葉のじゅうたんの緩斜面を富士山を眺めながら山頂へ。 山頂近くで、朝食兼昼食。 一旦、松姫峠に降りてから牛の寝尾根を通り、鶴寝山と大マテイ山を目指す。 落葉した巨樹の中を歩いていく気持ちの良いコースだった。 こちらも、ふかふかの落ち葉のじゅうたんの緩斜面だった。朴葉が多くなり、歩く音もより楽しくなってくる。 牛の寝の広くなだらかな尾根は、どこにも歩けて山道を惑いやすいことから”大惑い”と呼ばれ、それが訛って”大マテイ”になったのではないかという説がある。 ヘブライ語説で、人間の娘に恋した堕天使の幽閉された場所(マテイ)という説もあるらしい。 先を歩く私の道外れに対し何度も後ろから人間の娘の「マテイ」の声がかかったので、私は"待てい"説🧐 富士は雲に隠れてしまったが大マテイ山で、珈琲タイム☕️してから下山 松姫峠駐車場には、2台の車が駐車されていたが、山道では誰にも会わず貸し切り山の気分が味わえた。 小菅の湯で、♨️温泉に入りゆっくり食事🍻 入湯後に肌がつるつるになる感じがしたが、高アルカリ性の湯だったらしい。 うっかり打たせ湯も浴びたので、頭もつるつるになってしまったかもしれない😅 奥多摩湖や多摩川上流の紅葉🍁を眺めながらのドライブをして帰路。 山行計画は相手任せで、食事やおやつもお世話になり、広い尾根道では、何度もルート外れしそうになり… 夏山リーダー講習の成果は、全く現れていなかった😅

活動の装備

  • 山と道(YAMATOMICHI)
    MINI
  • キャラバン(caravan)
    C1_02Sオリーブ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。