富田林・金胎寺山(城山)

2015.12.03(木) 日帰り
いかポン
いかポン

一年ぶりに地元の楠公さんゆかりの山、「金胎寺山(こんたいじさん)」へ。 ここは恐らく千早城の支城で、嶽山と同じく遠くから攻めてくる敵軍をいち早く発見し、食い止める砦のような城だったのではないかと思う。 となりの嶽山山頂とは視界の範囲が異なるので、おそらくそれぞれに監視する方向が違ったんだろう。 今回は汐ノ宮駅からアプローチ。 見どころはほぼ山頂のみだが、山頂の展望は絶景でとても居心地がよい。 去年登った時より山頂看板やテーブルとイス、案内板がバージョンアップしており、地元のボランティアの方の努力と強い思いが伝わってきた。記帳簿まで置かれてあった。 雨上がりだったので多少滑り易くなっていた。 あとイノシシの痕跡がそこかしこにあったので念のため鈴があった方が良いかもしれない。 次に来るときの成長が楽しみな登山道だった。 登山道を拓いてくださった地元の方には感謝です。

近鉄長野線汐ノ宮駅から

近鉄長野線汐ノ宮駅から

近鉄長野線汐ノ宮駅から

信号を渡る

信号を渡る

信号を渡る

木の生え揃っていない一番向こうのピーク

木の生え揃っていない一番向こうのピーク

木の生え揃っていない一番向こうのピーク

石川を渡る

石川を渡る

石川を渡る

登山口の看板を左

登山口の看板を左

登山口の看板を左

のどかな道

のどかな道

のどかな道

ここを左

ここを左

ここを左

民家の間をとおる

民家の間をとおる

民家の間をとおる

イノシシが出てこないようにフェンスがあるので、ここを開けて入る。開けたら閉める。

イノシシが出てこないようにフェンスがあるので、ここを開けて入る。開けたら閉める。

イノシシが出てこないようにフェンスがあるので、ここを開けて入る。開けたら閉める。

振り返る

振り返る

振り返る

看板が所々にある。たまに獣道のような踏み跡があるので惑わされないように

看板が所々にある。たまに獣道のような踏み跡があるので惑わされないように

看板が所々にある。たまに獣道のような踏み跡があるので惑わされないように

左に行くと「馬廻し」ちょっとした広場があるだけ

左に行くと「馬廻し」ちょっとした広場があるだけ

左に行くと「馬廻し」ちょっとした広場があるだけ

しろやま方面

しろやま方面

しろやま方面

竹のトンネルをゆく

竹のトンネルをゆく

竹のトンネルをゆく

しばらく行くと休憩所。富田林方面の視界が開ける。

しばらく行くと休憩所。富田林方面の視界が開ける。

しばらく行くと休憩所。富田林方面の視界が開ける。

山頂付近の大木。下からも見える。

山頂付近の大木。下からも見える。

山頂付近の大木。下からも見える。

緑の構造物はトイレ。便器には袋が被っていた。紙は備え付けられている。

緑の構造物はトイレ。便器には袋が被っていた。紙は備え付けられている。

緑の構造物はトイレ。便器には袋が被っていた。紙は備え付けられている。

「楠公さんの井戸」方面は今日はパスして山頂へ

「楠公さんの井戸」方面は今日はパスして山頂へ

「楠公さんの井戸」方面は今日はパスして山頂へ

去年は無かった。記帳ボックス。

去年は無かった。記帳ボックス。

去年は無かった。記帳ボックス。

イスが増えていた。

イスが増えていた。

イスが増えていた。

親切な案内看板。曇っているせいかハルカスは見えなかった。

親切な案内看板。曇っているせいかハルカスは見えなかった。

親切な案内看板。曇っているせいかハルカスは見えなかった。

金剛山地方面

金剛山地方面

金剛山地方面

関空方面と明石海峡大橋方面の展望

関空方面と明石海峡大橋方面の展望

関空方面と明石海峡大橋方面の展望

山頂は台地となっている

山頂は台地となっている

山頂は台地となっている

三角点

三角点

三角点

岩湧山方面

岩湧山方面

岩湧山方面

嶽山山頂のかんぽの宿が見える。

嶽山山頂のかんぽの宿が見える。

嶽山山頂のかんぽの宿が見える。

富田林の方向

富田林の方向

富田林の方向

河内長野方面。下の小さい丘は長野公園かな

河内長野方面。下の小さい丘は長野公園かな

河内長野方面。下の小さい丘は長野公園かな

あの森は錦織公園だ

あの森は錦織公園だ

あの森は錦織公園だ

紅葉は特筆するものではない

紅葉は特筆するものではない

紅葉は特筆するものではない

千早赤坂村方面の眺め。樹海のようだ

千早赤坂村方面の眺め。樹海のようだ

千早赤坂村方面の眺め。樹海のようだ

光が差してきた

光が差してきた

光が差してきた

去年は無かった立派な看板。地元の方の思いが伝わってくる

去年は無かった立派な看板。地元の方の思いが伝わってくる

去年は無かった立派な看板。地元の方の思いが伝わってくる

光が差してきたのでもう一度パノラマ撮影

光が差してきたのでもう一度パノラマ撮影

光が差してきたのでもう一度パノラマ撮影

裏側にはしろやまオレンジ園のキャンプ場。残念ながら道は寸断されており縦走はできない。

裏側にはしろやまオレンジ園のキャンプ場。残念ながら道は寸断されており縦走はできない。

裏側にはしろやまオレンジ園のキャンプ場。残念ながら道は寸断されており縦走はできない。

城の名残か、石垣の一部っぽい

城の名残か、石垣の一部っぽい

城の名残か、石垣の一部っぽい

近鉄長野線汐ノ宮駅から

信号を渡る

木の生え揃っていない一番向こうのピーク

石川を渡る

登山口の看板を左

のどかな道

ここを左

民家の間をとおる

イノシシが出てこないようにフェンスがあるので、ここを開けて入る。開けたら閉める。

振り返る

看板が所々にある。たまに獣道のような踏み跡があるので惑わされないように

左に行くと「馬廻し」ちょっとした広場があるだけ

しろやま方面

竹のトンネルをゆく

しばらく行くと休憩所。富田林方面の視界が開ける。

山頂付近の大木。下からも見える。

緑の構造物はトイレ。便器には袋が被っていた。紙は備え付けられている。

「楠公さんの井戸」方面は今日はパスして山頂へ

去年は無かった。記帳ボックス。

イスが増えていた。

親切な案内看板。曇っているせいかハルカスは見えなかった。

金剛山地方面

関空方面と明石海峡大橋方面の展望

山頂は台地となっている

三角点

岩湧山方面

嶽山山頂のかんぽの宿が見える。

富田林の方向

河内長野方面。下の小さい丘は長野公園かな

あの森は錦織公園だ

紅葉は特筆するものではない

千早赤坂村方面の眺め。樹海のようだ

光が差してきた

去年は無かった立派な看板。地元の方の思いが伝わってくる

光が差してきたのでもう一度パノラマ撮影

裏側にはしろやまオレンジ園のキャンプ場。残念ながら道は寸断されており縦走はできない。

城の名残か、石垣の一部っぽい