大天井岳→常念岳→一の沢へ

2018.07.03(火) 2 DAYS
Wanaka
Wanaka

前回の続きです。 大天井ヒュッテを後にして日の出とともに大天井岳頂上へ。朝イチに急に登るには疲れる道でした... 目の前にドーンと立ちはだかる槍ヶ岳とモルゲンルロート✳︎1人稜線に立ってずっと見惚れてました! 大天荘でホットコーヒーをいただいて頂上へ。ほんと人いなくて幸せー!梅雨とか気にせず来て良かった〜 大天井岳から常念岳まで、出会った人は1人のおじさまだけ。山が大好きで一眼レフを持っていつもニコニコしていた。若い頃は無茶な縦走を繰り返したが今はカメラとゆっくり小屋泊しながら進む事にしたそうだ。1番贅沢な登山だなあ。 そして雷鳥親子、そして...熊!!! 元気な若い熊だったけど、稜線にまで上がってきて「あー終わったー」と思いましたねw 人馴れしていないのか、人影を感じて血相変えてあっという間に駆け下りて行きました。こちらもドキドキしてて全く写真撮れず... 常念小屋には昼前に着いたけど、明日台風で荒れるので蝶ヶ岳に行かず一の沢から下りてくださいとバッサリ。ああ、、まあ仕方ない。その日のうちに下ってもよかったけど、どうせなら泊まってみる。 夕方頃までは天気も良く、槍ヶ岳が綺麗に見えていたけどだんだん雲が増え... 夜中には強風の音で部屋の人も起きてしまう。台風怖い。 翌朝一の沢にタクシーを予約して一気に下山。常念小屋前の広場で吹き飛ばされそうになるほどの強風!すぐに樹林帯に入るので問題なかったけど、稜線なんて絶対歩けなかったなあ。 初めての道だったし、雨が強まるのを気にして黙々と歩く。4時間見ていたのに3時間弱で着いてしまう... 電波も公衆電話もない💢 というわけで1人ポツンと1時間もタクシーを待ち、中房に戻りました。 ブログ:https://seetabi.com/otensho-jonen/

綺麗に当ってる○

綺麗に当ってる○

綺麗に当ってる○

白山だ!いつか行きたい。

白山だ!いつか行きたい。

白山だ!いつか行きたい。

さくらんぼを頬張りながら歩いてました

さくらんぼを頬張りながら歩いてました

さくらんぼを頬張りながら歩いてました

コーヒー美味かったーー

コーヒー美味かったーー

コーヒー美味かったーー

大天井岳頂上付近はがれ場続き

大天井岳頂上付近はがれ場続き

大天井岳頂上付近はがれ場続き

富士山まで綺麗に見えた

富士山まで綺麗に見えた

富士山まで綺麗に見えた

やっぱここからの景色好き。裏銀座側から見る大天井も好き。

やっぱここからの景色好き。裏銀座側から見る大天井も好き。

やっぱここからの景色好き。裏銀座側から見る大天井も好き。

今から進む路。

今から進む路。

今から進む路。

昨日歩いた路

昨日歩いた路

昨日歩いた路

1番感動するのは振り返って歩いた稜線を見るときかもしれない。

1番感動するのは振り返って歩いた稜線を見るときかもしれない。

1番感動するのは振り返って歩いた稜線を見るときかもしれない。

見てるほうが良い山ってあるよね

見てるほうが良い山ってあるよね

見てるほうが良い山ってあるよね

昨日に続き人が居ない稜線。まさか一人しか会わないとは。。

昨日に続き人が居ない稜線。まさか一人しか会わないとは。。

昨日に続き人が居ない稜線。まさか一人しか会わないとは。。

ここからしばらく槍穂の景色と別れる

ここからしばらく槍穂の景色と別れる

ここからしばらく槍穂の景色と別れる

常念小屋に向けてダラダラとした下りが始まる。

常念小屋に向けてダラダラとした下りが始まる。

常念小屋に向けてダラダラとした下りが始まる。

雷鳥だ!

雷鳥だ!

雷鳥だ!

小屋が見えてきた

小屋が見えてきた

小屋が見えてきた

ずっとハイマツの中を歩く。台風前の湿度で虫が大量発生中。

ずっとハイマツの中を歩く。台風前の湿度で虫が大量発生中。

ずっとハイマツの中を歩く。台風前の湿度で虫が大量発生中。

綺麗なお部屋に女子3名。

綺麗なお部屋に女子3名。

綺麗なお部屋に女子3名。

ここのテラス最高!

ここのテラス最高!

ここのテラス最高!

急いで常念岳へ。雲が追いかけてきた

急いで常念岳へ。雲が追いかけてきた

急いで常念岳へ。雲が追いかけてきた

急登。。。常念小屋がだいぶ下に見える

急登。。。常念小屋がだいぶ下に見える

急登。。。常念小屋がだいぶ下に見える

翌朝常念岳がなくなってた。

翌朝常念岳がなくなってた。

翌朝常念岳がなくなってた。

急ぐ

急ぐ

急ぐ

どんどん下りる

どんどん下りる

どんどん下りる

小雨でも休憩時間が短くなるよね

小雨でも休憩時間が短くなるよね

小雨でも休憩時間が短くなるよね

数十メートルだけ雪渓

数十メートルだけ雪渓

数十メートルだけ雪渓

何度か沢を渡る。

何度か沢を渡る。

何度か沢を渡る。

この道つまらない。。景色が変わらん

この道つまらない。。景色が変わらん

この道つまらない。。景色が変わらん

着いたー

着いたー

着いたー

タクシー&バスで穂高へ

タクシー&バスで穂高へ

タクシー&バスで穂高へ

綺麗に当ってる○

白山だ!いつか行きたい。

さくらんぼを頬張りながら歩いてました

コーヒー美味かったーー

大天井岳頂上付近はがれ場続き

富士山まで綺麗に見えた

やっぱここからの景色好き。裏銀座側から見る大天井も好き。

今から進む路。

昨日歩いた路

1番感動するのは振り返って歩いた稜線を見るときかもしれない。

見てるほうが良い山ってあるよね

昨日に続き人が居ない稜線。まさか一人しか会わないとは。。

ここからしばらく槍穂の景色と別れる

常念小屋に向けてダラダラとした下りが始まる。

雷鳥だ!

小屋が見えてきた

ずっとハイマツの中を歩く。台風前の湿度で虫が大量発生中。

綺麗なお部屋に女子3名。

ここのテラス最高!

急いで常念岳へ。雲が追いかけてきた

急登。。。常念小屋がだいぶ下に見える

翌朝常念岳がなくなってた。

急ぐ

どんどん下りる

小雨でも休憩時間が短くなるよね

数十メートルだけ雪渓

何度か沢を渡る。

この道つまらない。。景色が変わらん

着いたー

タクシー&バスで穂高へ

類似するルートを通った活動日記