眺望の山「丸山」で冷や汗アドベンチャー

2015.12.01

活動詳細

詳しく見る
久全体としては晴のようだったので、見晴らしがよさそうな丸山へ。 道の駅芦ヶ久保に駐車して、丸山へ登ったあと狩場峠から正丸トンネルの上を通って正丸峠経由で正丸駅までいく計画で、標準タイムで7時間と結構ロングなので、体調不良時のオブションとしては大野峠から芦ヶ久保にもどるショートカットも考えました。 結果的には計画通り。途中での道迷いと落とし物探しに加えて何度も訪れるきついアップダウンをこなし、距離19㎞&累積標高差3.8㎞。結構疲れました。 コースでお会いした人は、ハイカー二組以外は林道での工事のお兄さんたちと地元の農家の人。後にも先にも人影は見えません。実に不安です。 コースは全般的に落ち葉に埋もれてわかりにくく、トレイルを見分けるのに苦労し何回もさまようことになりました。林道が近くに見え隠れするので自分の位置がわかりやすいですが一人でもありまさにフィールドアドベンチャーでした。でも決められた道をあるくだけでなく、道を探す感覚を養うにはいいですね。観察力と判断力、これ重要だな。 各区間の感想は以下の通り ・芦ヶ久保委駅~丸山  コース自体は難易度高くないですが、岩や木の根や木段などの足がかりのがない急な登りは疲れます。  丸山手前で、テープのマーキングに従ったつもりだったんですけど迷っちゃいました。 ・丸山~大野峠  のんびりと下れます。途中の眺望が良いので気持ちよく歩けますね。体力温存&回復の区間。 ・大野峠~虚空蔵峠  ここは登山道と林道を交互に歩くのですが、登山道は迷いやすいと思いました。ていうか実際迷いましたし。林道のそばなので安心感はあるのですが観察力と集中力が必要ですね。コースは変化があって面白いです。 ・虚空蔵峠~正丸峠  正丸トンネルを越えるコースですが、正直木段のきついアップダウンの繰り返しにうんざりします。たいして眺望もないしひたすら修行感覚。泣きが入るポイントでしょうね。 ・正丸峠~正丸駅  沢沿いを下っていく暗い道ですが、足元の確保がむつかしく慎重に下る必要。疲れているだけに注意が必要。 全体としては景色も良いし面白いコースなんですが、あまりに人が少なく寂しいね。山の山頂近くまで車で行けるし、登山道も車の通る林道沿い。山頂もコンクリートの展望台。やはり山に入っている感覚が薄いのが欠点かもしれないと思った次第です。
道の駅あしがくぼ。登山者用の第2駐車場(無料)があります。ありがたいですね。
スタート時には月が出てました。
国道に出て木の茶屋方面へ
ちょっと計画と道が違ったかも。幸先悪い。
ここで計画していた道のほうへ戻ります(農村公園方面)
ちゃんと道標がありました。ひと安心。
舗装道路に飽きたので、ちょっと回り道して農村公園のほうへ
登山道方面に回り込めそうです
水があって気持ちいい。裏山散歩の感じで。
武甲山がきれいに見えます。手前は雄と雌の二子山だね。
ようやく登山道
途中に農家の100円野菜。ガラスケース入りのは初めて見た。
登山道に突然現れる獣害防止用ネット。ロープをほどいて入れます。
この辺にも熊さんがいるらしい
見晴が良いところに登ってきました
天気が良いので木漏れ日がありますが、曇りだと薄暗そう。
ここが問題の分岐点。左はYAMAP地図上でメインルートだが、テープのマーキングは右。地図上にもちゃんとサブルートとしてあるので右に行くが…
最初は気持ちの良い巻き道風でしたが
徐々に山深く入る感じで、不安。しかしルートには乗ってます。
枯れ枝、枯れ葉かき分けなんとか県民の森駐車場に合流。ヨカッタ
展望台方面へ行けるらしいので、行ってみます。
登ってきたら眺望よくなってきました。
丸山の頂上の展望台。鉄筋コンクリート3階建てのすごいヤツです。そりゃ見晴いいわな。
展望台から北西方面(左は武甲山)
展望台から東方面(正面は日光白根山)
展望台から北方面(正面の山はなんだろう)
ちいさく大野峠方面とあるので従います。
電波塔
眺望がよくなってきましたが、邪魔な木を切り倒したせいじゃないかな
ここも良い眺めです
迷わず大野峠方面へ
パラグライダー発着所からの雄大な眺め
パラグライダー発着場です。これは勇気要りますね。
大野峠到着。舗装された林道に面してます。
大野峠から林道を少し歩くと刈場坂峠への道標があるので登山道へ入ります
こんな感じののどかな山道
でもすぐ林道に
再び登山道へ
カバ岳到着
根こそぎいっちゃってます
岩出てきました。こんな感じ大好き。
ところどころ眺めも良いし楽しい
七曲り峠。
このピンクの花はなんでしょうね。
落ち葉だらけで、トレイルが追えません。
ルート上なのに、こんな感じで埋まっちゃいます
なんとかルートを見つけながら
林道へ下りてくると虚空蔵峠への道標が。
林道を進むと虚空蔵峠です。疲れたのでここでランチ休憩
道は細いがのんびり歩けます。
この木段はきつそう。正丸トンネルの上だね
丸山を振り返る。やっぱり丸いから丸山なのかな。
ここはきれい
旧正丸峠。正丸峠より峠らしい
きたね、またまた木段急登り。
川越山
正丸山。なにもない。
またまた激しい木段下り
本日初めての紅葉ショット
正丸峠の奥村茶屋ですが、伊豆ヶ岳って店の名前だと思うね。
天皇陛下もご覧になった正丸峠からの眺望
奥村茶屋の脇を下っていきます
沢下りになってます。
こんな木を乗り越えて
ようやく登山道終了
道端の民家で干す大根。
先々週来た伊豆ヶ岳への登り口。
正丸駅への最後の試練

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。