富士山と鳳凰三山を見に甘利山、千頭星山へ

2018.07.01(日) 06:01 - 2018.07.01(日) 10:38
この時期は雲が上がるのが早いと思い、前夜車中泊で出発。でも、6時発では少し遅かったようで、もうすでに雲が上がり始めていました。 それでも今思えば、富士山も鳳凰三山も見ることが出来たのでまだ良い時間だったのかなぁと。下りはずっと景色無しでした。 事前にあまりよく調べていなかったのですが、甘利山山頂付近は物凄くたくさんのツツジに覆われていました。6月上旬~中旬ならきっと山全体がオレンジ色に染まっているのが想像できたので、来年はこの時期に行ってみたいと思いました。

写真

駐車場からの夜景

駐車場からの夜景

月がすごく明るい夜でした。

月がすごく明るい夜でした。

朝露に濡れた草が光っていました。

朝露に濡れた草が光っていました。

トイレがあって良い所です。

トイレがあって良い所です。

さて、スタート。
と思ったら、なんか雲が上がってきた!!

さて、スタート。 と思ったら、なんか雲が上がってきた!!

ここから鳳凰三山へ行く人いるの?

ここから鳳凰三山へ行く人いるの?

甘利山登山口です。

甘利山登山口です。

この林道を反対側へ行けば青木鉱泉なのか。

この林道を反対側へ行けば青木鉱泉なのか。

東屋で、富士山、甲府盆地が一望できるのか。

東屋で、富士山、甲府盆地が一望できるのか。

まずは東屋に向かいます。

まずは東屋に向かいます。

ヤナギラン。あとちょっとで咲きそうです。

ヤナギラン。あとちょっとで咲きそうです。

アザミのつぼみ。

アザミのつぼみ。

小さい花が集まっています。

小さい花が集まっています。

ウマノアシガタってすごい名前ですね。

ウマノアシガタってすごい名前ですね。

で、これがウマノアシガタ。

で、これがウマノアシガタ。

すぐに東屋に到着。

すぐに東屋に到着。

確実に何も見えないので、寄りません。

確実に何も見えないので、寄りません。

甘利山へ。

甘利山へ。

太陽が顔を出すときもあります。

太陽が顔を出すときもあります。

あれは、毛無山かな?

あれは、毛無山かな?

あ、富士山。

あ、富士山。

ちょっとだけ見えてる。

ちょっとだけ見えてる。

ツツジが綺麗です。

ツツジが綺麗です。

雲に上下を挟まれた富士山。

雲に上下を挟まれた富士山。

どこから見てもわかる富士山。

どこから見てもわかる富士山。

椹池は林道の途中にあったところですね。
大笹池はどこなんだろう?

椹池は林道の途中にあったところですね。 大笹池はどこなんだろう?

甘利山山頂。どこがピークかわからない山です。

甘利山山頂。どこがピークかわからない山です。

この先も雲だなぁ。

この先も雲だなぁ。

千頭星山へ向かいます。

千頭星山へ向かいます。

ここからも大笹池へ行けるらしい。

ここからも大笹池へ行けるらしい。

笹だらけで迷いやすいのかな?

笹だらけで迷いやすいのかな?

あまり木が生い茂ってないので、山の中は明るくて良いです。

あまり木が生い茂ってないので、山の中は明るくて良いです。

また富士山見えた。

また富士山見えた。

雲海に浮かぶ富士山。
予定していた景色が見れてうれしい!

雲海に浮かぶ富士山。 予定していた景色が見れてうれしい!

大きなミミズがいると思ったら、小さい蛇でした。

大きなミミズがいると思ったら、小さい蛇でした。

櫛形山で見かけたとろろ昆布。この辺りの山域に多いんですね。

櫛形山で見かけたとろろ昆布。この辺りの山域に多いんですね。

ふきみたいな植物の茎に、何かこぶのような物が。なんだろう?気になる。

ふきみたいな植物の茎に、何かこぶのような物が。なんだろう?気になる。

別のところで、脇芽かつぼみですね。わかってよかった。

別のところで、脇芽かつぼみですね。わかってよかった。

右へ行くと奥甘利山です。1分。

右へ行くと奥甘利山です。1分。

すぐに着いた。そして何も見えない。

すぐに着いた。そして何も見えない。

気持ち良いトレイルです。

気持ち良いトレイルです。

分岐点に来ました。千頭星山に向かいます。

分岐点に来ました。千頭星山に向かいます。

年季の入った看板

年季の入った看板

笹に覆われたトレイルは、歩いていて気持ちが良い。

笹に覆われたトレイルは、歩いていて気持ちが良い。

千頭星山に着きました!特に眺望無し。

千頭星山に着きました!特に眺望無し。

富士山の頭がほんのちょっとだけ見える。

富士山の頭がほんのちょっとだけ見える。

この先に、鳳凰三山が見えるところがあるらしい(事前のYAMAP調べ)。
写真撮り忘れましたが、あまり人が入っていない感じなので迷わないよう注意が必要です。

この先に、鳳凰三山が見えるところがあるらしい(事前のYAMAP調べ)。 写真撮り忘れましたが、あまり人が入っていない感じなので迷わないよう注意が必要です。

鳳凰山?

鳳凰山?

見えた!
形から見て、たぶん薬師岳ですね。そして右下へ続く尾根が中道。去年行ったけど、長い下りだったなぁ。
右の奥の方が観音岳か。

見えた! 形から見て、たぶん薬師岳ですね。そして右下へ続く尾根が中道。去年行ったけど、長い下りだったなぁ。 右の奥の方が観音岳か。

一瞬だけ見えた地蔵岳のオベリスク!

一瞬だけ見えた地蔵岳のオベリスク!

飛行機雲が綺麗です。
やっぱり空気が湿っているんですね。

飛行機雲が綺麗です。 やっぱり空気が湿っているんですね。

笹の原っぱが綺麗だけど、雲が邪魔だなぁ。

笹の原っぱが綺麗だけど、雲が邪魔だなぁ。

アリに襲われるイモムシ。

アリに襲われるイモムシ。

千頭星山まで思っていたよりも時間がかからなかったので、奥甘利山まで降りてきて昼食。富士山は見えないけど。

千頭星山まで思っていたよりも時間がかからなかったので、奥甘利山まで降りてきて昼食。富士山は見えないけど。

一瞬晴れて見えた甘利山山頂

一瞬晴れて見えた甘利山山頂

もうこの時間は何も見えませんね。

もうこの時間は何も見えませんね。

このツツジの量がすごい!

このツツジの量がすごい!

これが満開になったらすごいんだろうな。

これが満開になったらすごいんだろうな。

オオヤマフスマ。ここは咲いている所にこのような説明を付けてくれるので、わかりやすいです。

オオヤマフスマ。ここは咲いている所にこのような説明を付けてくれるので、わかりやすいです。

そしてこれが実物のオオヤマフスマ。

そしてこれが実物のオオヤマフスマ。

去年入笠山で見た気がするけど、名前忘れてしまった。

去年入笠山で見た気がするけど、名前忘れてしまった。

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ウマノアシガタがたくさん咲いています。

ウマノアシガタがたくさん咲いています。

駐車場は車が増えていました。

駐車場は車が増えていました。

ちょうちょが止まっています。

ちょうちょが止まっています。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。