県央 砥峰高原・峰山高原 周回(暁晴山・夜鷹山)

2022.11.06(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 23
休憩時間
1 時間 3
距離
15.5 km
上り / 下り
773 / 776 m
4
21
1 33
9
47

活動詳細

すべて見る

天気が良いので、新しい靴の慣らしを兼ねて、兵庫県中央、神河町にある砥峰(とのみね)高原にススキを見に行ってきました。 コースは、峰山高原ホテル リラクシアを起点に、峰山高原~砥峰高原を周回してきました。  ■峰山高原ホテルリラクシア→曉晴山(1077m)→砥峰高原→夜鷹山(1056m)→ホテルリラクシア L=15.5km ここは、いつも気持ちい良い山歩きが出来ます。 あと、とのみね自然交流館裏の砥峰山にも往復30分ほどで登れるそうですが眺望はないようです。また暑い時期なら黒岩滝にも足を伸ばしても良いかもしれません。 ただ、帰路、ニューシューズのせいか、渡渉部の4本丸太橋で、足が滑って落下してしまったことが反省点です、怪我は無かったのが幸いでしたが、以後気を付けなければ。 ※曉晴山  雪彦山の北に拡がり、兵庫県宍粟市一宮町と神崎郡大河内町にまたがる峰山高原の上にどっかりと構える秀麗な山で、峰山高原の西側に、東の夜鷹山と向かい合う位置にあります(雪彦峰山県立自然公園)。標高1077mで山頂には電波塔が立ち、管理用道路が山頂まで通じています。山頂には一等三角点。もあり、360°の眺望が広がります。ふるさと兵庫100山・宍粟50名山。峰山高原スキー場が8年前(2014)に新設された山で、麓のホテルリラクシアを中心に活性化されているようです。

砥峰高原・峰山高原 峰山高原ホテル リラクシアからスタート。
峰山高原ホテル リラクシアからスタート。
砥峰高原・峰山高原 以前来た時は、これは無かったような。
以前来た時は、これは無かったような。
砥峰高原・峰山高原 大河内高原(砥峰高原・峰山高原)ハイキングコース図。 
右回りにハイキングコースから周回します。
大河内高原(砥峰高原・峰山高原)ハイキングコース図。  右回りにハイキングコースから周回します。
砥峰高原・峰山高原 左は、8年前(2014)、日本で14年ぶりに新規オープンしたスキー場「峰山高原リゾート」。
左は、8年前(2014)、日本で14年ぶりに新規オープンしたスキー場「峰山高原リゾート」。
砥峰高原・峰山高原 まずは、リラクシアから左の標識、曉晴山に向かいます。
まずは、リラクシアから左の標識、曉晴山に向かいます。
砥峰高原・峰山高原 峰山高原スキー場 (センターゲレンデ)。 
舗装路からゲレンデをショートカットして登って来ました。
峰山高原スキー場 (センターゲレンデ)。  舗装路からゲレンデをショートカットして登って来ました。
砥峰高原・峰山高原 リフト上で舗装路と合流。 
右は、ジップラインとジャングルジム。
リフト上で舗装路と合流。  右は、ジップラインとジャングルジム。
砥峰高原・峰山高原 山頂広場から東(峯山高原・夜鷹山)方向。 
写真の範囲では写っていませんが、右手(南側)には明石大橋が見えました。
山頂広場から東(峯山高原・夜鷹山)方向。  写真の範囲では写っていませんが、右手(南側)には明石大橋が見えました。
砥峰高原・峰山高原 曉晴山 山頂全景。
曉晴山 山頂全景。
砥峰高原・峰山高原 曉晴山 山頂  1.077m。
曉晴山 山頂 1.077m。
砥峰高原・峰山高原 北(氷ノ山・鉢伏山 )方向。
北(氷ノ山・鉢伏山 )方向。
砥峰高原・峰山高原 下山は、ジャングルジムの裏を通ってYAMAPの地図にない「山笑う登山口」へ。
下山は、ジャングルジムの裏を通ってYAMAPの地図にない「山笑う登山口」へ。
砥峰高原・峰山高原 峰山高原と砥峰高原を繋ぐ「大河内高原ハイキングコース」に出てきました。
峰山高原と砥峰高原を繋ぐ「大河内高原ハイキングコース」に出てきました。
砥峰高原・峰山高原 大河内高原ハイキングコースで砥峰高原へ。
大河内高原ハイキングコースで砥峰高原へ。
砥峰高原・峰山高原 峰山高原とさっき登った曉晴山。
峰山高原とさっき登った曉晴山。
砥峰高原・峰山高原 (28mm)
(28mm)
砥峰高原・峰山高原 眺望が広がるポイント。 
いつもここで一息。
眺望が広がるポイント。  いつもここで一息。
砥峰高原・峰山高原 気持ちいいハイキングコースです。
気持ちいいハイキングコースです。
砥峰高原・峰山高原 舗装路が見えてきました。
舗装路が見えてきました。
砥峰高原・峰山高原 分岐。
分岐。
砥峰高原・峰山高原 砥峰高原に入ってきました。 
(砥峰高原 全景)
砥峰高原に入ってきました。  (砥峰高原 全景)
砥峰高原・峰山高原 東屋。
東屋。
砥峰高原・峰山高原 (28mm) 
左の山が、砥峰。 
その山麓(中央)に、とのみね自然交流館。
(28mm)  左の山が、砥峰。  その山麓(中央)に、とのみね自然交流館。
砥峰高原・峰山高原 (28mm)
(28mm)
砥峰高原・峰山高原 (28mm)
(28mm)
砥峰高原・峰山高原 駐車場(とのみね自然交流館)方向からはゲートがあります。
駐車場(とのみね自然交流館)方向からはゲートがあります。
砥峰高原・峰山高原 とのみね自然交流館。
とのみね自然交流館。
砥峰高原・峰山高原 とのみね自然交流館前のステージ。
とのみね自然交流館前のステージ。
砥峰高原・峰山高原 パノラマ。 
なぜかアイホンでは色がでていません。
パノラマ。  なぜかアイホンでは色がでていません。
砥峰高原・峰山高原 とのみね自然交流館前から。
とのみね自然交流館前から。
砥峰高原・峰山高原 とのみね自然交流館からのパノラマ。 
いつもこの時期は、結構な人出です。
とのみね自然交流館からのパノラマ。  いつもこの時期は、結構な人出です。
砥峰高原・峰山高原 砥峰高原内を右回りに少し登った所から、とのみね自然交流館と砥峰を俯瞰。 
紅葉が鮮やかです。
砥峰高原内を右回りに少し登った所から、とのみね自然交流館と砥峰を俯瞰。  紅葉が鮮やかです。
砥峰高原・峰山高原 展望台が見えてきました。
展望台が見えてきました。
砥峰高原・峰山高原 展望台に到着。 
上にはベンチがひとつ置いてあります。
展望台に到着。  上にはベンチがひとつ置いてあります。
砥峰高原・峰山高原 展望台から、砥峰高原全景。
展望台から、砥峰高原全景。
砥峰高原・峰山高原 右端に先ほど上がった展望台。
右端に先ほど上がった展望台。
砥峰高原・峰山高原 砥峰高原 南西橋のゲート(分岐)。
砥峰高原 南西橋のゲート(分岐)。
砥峰高原・峰山高原 舗装路に出て歩きます。T字路を振り返って。
(右手の砥峰高原側から左折して来ました。)
舗装路に出て歩きます。T字路を振り返って。 (右手の砥峰高原側から左折して来ました。)
砥峰高原・峰山高原 舗装路から左の夜鷹山登山口を入っていきます。
舗装路から左の夜鷹山登山口を入っていきます。
砥峰高原・峰山高原 夜鷹山登山口。
夜鷹山登山口。
砥峰高原・峰山高原 夜鷹山 山頂広場。
夜鷹山 山頂広場。
砥峰高原・峰山高原 ひっそりとした、山頂の展望台。
ひっそりとした、山頂の展望台。
砥峰高原・峰山高原 展望台デッキは六畳くらいの広さ。
展望台デッキは六畳くらいの広さ。
砥峰高原・峰山高原 夜鷹山 山頂  1,056m。 
夜鷹山 山頂 1,056m。 
砥峰高原・峰山高原 Mt.Nighthark。
Mt.Nighthark。
砥峰高原・峰山高原 峰山高原が一望できます。(西方向)
峰山高原が一望できます。(西方向)
砥峰高原・峰山高原 太田池(ダム湖)が透けて見えています。(南東方向)
太田池(ダム湖)が透けて見えています。(南東方向)
砥峰高原・峰山高原 またしばらく舗装路を歩きます。
またしばらく舗装路を歩きます。
砥峰高原・峰山高原 ホテル リラクシアに帰ってきました。
ホテル リラクシアに帰ってきました。
砥峰高原・峰山高原 ホテルの中庭。
(以前入浴して気持ちの良かった露天風呂は本日は省略、休憩のみ)

お疲れ⛰でした。
ホテルの中庭。 (以前入浴して気持ちの良かった露天風呂は本日は省略、休憩のみ) お疲れ⛰でした。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。