阿蘇山の噴煙も見えた、久住山登山

2022.11.05(土) 日帰り

九州旅行の中、久住山に行ってきました。当初は前日の金曜日に登山する予定でしたが、風が強く土曜日に1日延期しました🌬 早朝6時に牧ノ戸峠の駐車場に到着、既に多くの車が駐車しており、6時半にはほぼ満車でした。早起きして良かった🚗 沓掛山まではコンクリートの道、山頂ではこれから進む道が良く見えます。アップダウンの少ない快適な登山道を進みます。星生山との分岐点、迷わずアップダウンの少ない草原の道を選択し久住山に向かいます。😅 山頂直下の避難小屋で小休止、久住山頂に向かいます。山頂からの眺望は絶景、360度の展望です。目の前は噴煙を上げる阿蘇山です。 良い天気なので、稲星山、中岳、天狗ヶ城を回ることにしました。ミニ登山の繰り返しですが天気が良く多少バテましたが気持ち良く歩きました😀登山道も歩きやすかったです。 最後は御池湖畔で休憩、湖面に逆さ中岳が映っていました。 名残り惜しいですが下山です。 思ったより足にダメージ🦵があったので、帰りも星生山でなく草原の道を戻りました。 天気に恵まれ、のんびり風景を堪能した登山でした。

牧ノ戸峠駐車場、6時半でほぼ満車、人気の山です。

牧ノ戸峠駐車場、6時半でほぼ満車、人気の山です。

牧ノ戸峠駐車場、6時半でほぼ満車、人気の山です。

登山開始、風も弱く登山日和

登山開始、風も弱く登山日和

登山開始、風も弱く登山日和

沓掛山までコンクリートの道が続きます。

沓掛山までコンクリートの道が続きます。

沓掛山までコンクリートの道が続きます。

目の前は星生山、もちろん山に行かず原っぱの道へ^_^

目の前は星生山、もちろん山に行かず原っぱの道へ^_^

目の前は星生山、もちろん山に行かず原っぱの道へ^_^

平原を歩きます。この先に久住山

平原を歩きます。この先に久住山

平原を歩きます。この先に久住山

久住山が正面に、もう少しです。

久住山が正面に、もう少しです。

久住山が正面に、もう少しです。

久住山手前の避難小屋、綺麗です。

久住山手前の避難小屋、綺麗です。

久住山手前の避難小屋、綺麗です。

久住山頂からの阿蘇山、噴煙が見えます。

久住山頂からの阿蘇山、噴煙が見えます。

久住山頂からの阿蘇山、噴煙が見えます。

山頂からの眺望

山頂からの眺望

山頂からの眺望

これから向かう稲星山、一旦下り上ります。

これから向かう稲星山、一旦下り上ります。

これから向かう稲星山、一旦下り上ります。

稲星山から由布岳方面、良い眺めです。

稲星山から由布岳方面、良い眺めです。

稲星山から由布岳方面、良い眺めです。

次の目的地、中岳、今回の最高峰です。

次の目的地、中岳、今回の最高峰です。

次の目的地、中岳、今回の最高峰です。

中岳山頂から、今度向かう天狗ヶ城、真ん中に御池

中岳山頂から、今度向かう天狗ヶ城、真ん中に御池

中岳山頂から、今度向かう天狗ヶ城、真ん中に御池

中岳山頂

中岳山頂

中岳山頂

御池全景、綺麗です。

御池全景、綺麗です。

御池全景、綺麗です。

天狗ヶ城、最後のピークです。

天狗ヶ城、最後のピークです。

天狗ヶ城、最後のピークです。

御池まできました。

御池まできました。

御池まできました。

下山途中、振り返って久住山、終日良い眺めでした。

下山途中、振り返って久住山、終日良い眺めでした。

下山途中、振り返って久住山、終日良い眺めでした。

無事下山しました。終日天気に恵まれました。

無事下山しました。終日天気に恵まれました。

無事下山しました。終日天気に恵まれました。

登山後、長者原から見た久住山方面

登山後、長者原から見た久住山方面

登山後、長者原から見た久住山方面

牧ノ戸峠駐車場、6時半でほぼ満車、人気の山です。

登山開始、風も弱く登山日和

沓掛山までコンクリートの道が続きます。

目の前は星生山、もちろん山に行かず原っぱの道へ^_^

平原を歩きます。この先に久住山

久住山が正面に、もう少しです。

久住山手前の避難小屋、綺麗です。

久住山頂からの阿蘇山、噴煙が見えます。

山頂からの眺望

これから向かう稲星山、一旦下り上ります。

稲星山から由布岳方面、良い眺めです。

次の目的地、中岳、今回の最高峰です。

中岳山頂から、今度向かう天狗ヶ城、真ん中に御池

中岳山頂

御池全景、綺麗です。

天狗ヶ城、最後のピークです。

御池まできました。

下山途中、振り返って久住山、終日良い眺めでした。

無事下山しました。終日天気に恵まれました。

登山後、長者原から見た久住山方面

この活動日記で通ったコース

牧ノ戸峠-久住山 往復コース

  • 04:36
  • 8.9 km
  • 665 m
  • コース定数 18

まずは、牧ノ戸峠から沓掛山山頂へ。阿蘇の眺望を存分に楽しんだ後は、沓掛山を下ってなだらかな尾根道を進み、扇ヶ鼻分岐を過ぎて、ケルンの続く平坦な道を西千里ヶ浜へと向かいます。西千里ヶ浜ではコケモモ、イワカガミなどの高山植物を見ることができます。前方に久住山を望みながら、左の星生崎のすそを巻くように越えると、久住分れに着きます。石のゴロゴロした急坂を登り、空池のふちから右へと登り切ると、久住山山頂に到着です。山頂では、足元に広がる雄大な久住高原や遠くにそびえる阿蘇五岳・祖母傾の山並みをはじめとした、360度のパノラマを満喫できます。