箱根_飛竜の滝と湯坂路

2015.11.29 日帰り Kanagawa, Shizuoka

活動データ

タイム

04:24

距離

7.3km

上り

581m

下り

567m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

文蔵にとって、早朝のお出掛けが憂鬱らしい。登山のために家を出てから電車やバスに乗るまでが地獄をめざすように思えるのだ。「どうしてこうまでして」と苦痛を感じるらしい。おそらく幼児体験や、少年時分の好き・嫌いの感情のせいかもしれない。 それでも、朝方の空はキレイだった。天蓋の高い位置で朝日を受けてるからそう見えるのか。月齢17のお月さまが、澄み渡った西空に白く輝いていた。それをかすめるように、ジェット機雲が白い軌跡をつけていた。 前日、友人の都合が悪くなった。すまぬといわれても、ハイキング中止にはしない。おでんやピラフを一人前に軽量化して、単独計画に変更するのみである。 先日、箱根山の地震警戒レベルが2から1にさがった。だから、早雲山から神山までのハイキングがOKかと、淡い期待を持っていた。それが無理なら、畑宿から飛竜の滝と千条ノ滝を見物に行こう。シメは宮ノ下温泉である。 ロマンスカーで箱根湯本駅に到着するや、文蔵は観光案内所と富士登山バス案内所に相談した。結果的には、火山性ガスのため大涌谷周辺のハイキングはすべて規制中というものだった。 したがって、滝巡りをし、鷹ノ巣山を経由した浅間山(せんげんやま)での食事ハイキングを決めたのだ。 バス停で20分待って上畑宿行きに乗車する。熟年男子2名の登山愛好家、関西からの熟年夫婦との5人だが、旧道温泉街で17名の団体が乗り込んだ。 あとは長くなるので、コースタイムのみを書くことで勘弁してもらおう。 飛竜の滝はアマチュアカメラマン5人の団体が占領しかかっていた。紅葉に染まり、水量が豊かで格別のものだった。おそらく湯坂路は桜の名所なのだから、来年の4月末に同じコースをたどるのもよいだろうと思うた。 宮ノ下温泉で、高温風呂と言われる太閤湯に入浴するが、それほどでもなかった。でも、十分に満足したのだ。 (コースタイム) 箱根湯本 855(箱根登山バス)⇒ 畑宿 910→ 登山口915→ 飛竜の滝 955~1005→ 芦ノ湯分岐 1035→ 鷹巣山(834m) 1050→ 浅間山(804m) 1110~1200→ 千丈ノ滝 1220~25→ 小涌谷 1235→ 宮ノ下1250→ 太閤湯 1255~1335 → ホテル前(箱根登山バス)1348 ⇒ 小田原 1440~(買い物)~1505 ⇒ 町田 1555~1605 ⇒ 八王子駅 1640

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。