富良野岳→十勝岳縦走(絶景ナシw)

2018.06.30(土) 2 DAYS Hokkaido
OKA
OKA

活動詳細

もっと見る

週末は初のテン泊予定で道具の準備と体力作りをコツコツやってきたけど 蝦夷梅雨には勝てず、早々に中止が決定 めっちゃ楽しみにしてただけに 落ち込み具合が半端なく この週末に登らない選択肢はありませんでした 多少の雨は覚悟で日帰りで決行! 前からやってみたかった 富良野岳→上ホロ縦走にしました 前日の予報では午前中は晴れ予報だったので 早朝からアタックに 前日の雨もあって 朝は蒸し蒸し 十勝岳温泉まで来ると ぼちぼちの空模様 5:30登山開始 今回は縦走で距離歩くのと 山は天気が読めないのでいつものカメラは助手席で留守番 コンデジ(RX100M5)写真撮ってきました。 そんなことをお天道様は知ってるかのように 富良野岳、三峰山、上富良野岳、上ホロ、十勝岳 5つもピークハントしたのに 全てホワイトアウトでした 絶景なしw そんな天気だからなのか 山頂は全て貸切 そんなことにはめげず 今回も体力作りの修行と登山の経験値上げを楽しむことに 予定していなかった十勝岳も頂きましたが 上ホロからの稜線歩き&爆風&疲労感にちょっとメンタルやられました 稜線での爆風は結構怖くて 慎重に歩くことに神経を使ったのと 大砲岩辺りで疲れもあって足が止まりました。 あと、雪渓歩きがあるのは事前に調べて アイゼン無しで大丈夫そうと判断したけど 早朝の雪渓は固く締まっていて トラバースは滑落の危険を感じました アイゼンまではいらないけど、せめてポールくらいは持って来るべきかなと ポールは好きじゃなくて 基本持って登らないことにしてるけど、雪渓があるときは持つようにしよう (軽アイゼンも持ってた方がいいのかも) 下りは雪が緩んでたので危険は全然感じませんでした。 結局、十勝岳まで歩き 距離23km 9:30のなかなかの縦走になりました 天気は下山時やっと青空を見せてくれ 頑張ったご褒美をもらえました。 (ただ疲労感たっぷりの下山時に暑さは萎えたw) 写真は下山時と時より見せる青空をどうにか 次回は良い天気の時に登りたいですな

凌雲閣からの登山前の空
これからどんどん天気は良くなるはず!
出たしはぼちぼち 上はガスガスだろうな
朝の光の時間
雪渓歩き 朝は締まっててちょい怖かった
がなーい雪渓
1つめ ガスガスをみる
2つめ
3つ目
4つめ
5つ目 6/3にもきました
でっけー水たまり これは幻の。。。
これでも見通しが良い方
1500m以上は雲の中って感じです
雪渓はモノクロにしたくなる
モノクロじゃない方
上富良野岳で青空! でも風が強いから30秒ですぐガスガスに
あちらの山はなんて山なんでしょう? こんな景色を楽しみにしてきたんだけどー
爆風の稜線
足が止まる
上ホロの避難小屋 初めて避難小屋覗いてみたら 湿気ムンムンでしたw
連なる山々と右手前のピーク 良き景色でした
午後になるとガスガスから抜ける時間も多く
ピークに立つ
唯一撮った花 小さくて可愛い花でした(名前は知らんです)
凌雲閣から見えるあの山肌
下りでこの辺の景色が見れて結構テンション上がった なので下りは写真撮りながらゆっくり下山
山ガール達が撮影会してましたので 背中貸してもらいました
背中レンタルありがとうございます
晴れたら暑さで僕の体力をどんどん奪っていく
光と陰と雪渓が良い感じ
青空が見えてきたけど 雲が夏の雰囲気だったので雨の予感も
良い光が当たる
この木の階段も体力を奪うw
23km 9:20の修行に
下山後のファンタがビールを飲む🍺なみに美味かった
今回のメインカメラ。軽くて楽チン

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。