ガリバー登山&ウォーキング in川の博物館

2015.11.28

活動詳細

詳しく見る

2015/11/27タモリ倶楽部放送された埼玉県寄居町にある川の博物館にて、甲武信ヶ岳、武甲山、宝登山などの山々に登頂成功。 また、数分で荒川沿いを源流から東京湾までの173mのウォーキングに成功。 まさにガリバーウォーキング。 活動日記に詳細を記します。

川の博物館のシンボル大水車です。 直径23mの大きさ。全部木で造られてる物としては、日本一。(どこかの県に直径24mの水車があるようです。)
本館です。昔からの荒川と人のくらしが展示されています。
甲武信ヶ岳山頂付近から荒川源流を見下ろしました。山頂がウォーキングのスタートです。
荒川を左岸側から下っていきます。 埼玉県で一番高い山、三宝山から眺めました。
昔、鉱山があった中津川を下る滝沢ダムが見えました。
中津川と荒川の合流するところです。
秩父鉄道下り最終駅三峰口駅が見えてきました。
秩父市街地と武甲山です。 武甲山は石灰岩が採れます。
小鹿野町の奥地、合角(かっかく)ダムがありました。
宝登山と自然の博物館が見えてきました。
前回登った八幡山と鐘撞堂山が見えてきました。
元荒川の始まりです。 熊谷市久下地区が源流です。
日本一の川幅、御成橋(おなりばし)です。
荒川と入間川の合流点です。 周囲が侵食されないようにスムーズに合流できるように、人の手が入っています。
横提です。堤防を垂直に作って、大水の勢いをやわらげます。
荒川第一調節池です。 遊水池になります。普段はサクラソウの植生で有名です。
岩淵水門です。 ここで隅田川と荒川(荒川放水路)に分かれます。
隅田川に豊島橋がかかってます。
荒川の昔の終点です。 周囲には、まだ陸地が見えます。 埋め立て地です。
東京湾に着きました。 ここが現在の終点になります。
東京湾から荒川上流側を眺めます。 東京は低地でした。
今度は左岸を上流へ向かって行きます。
奥が荒川、手前が隅田川。 隅田川の蛇行は自然のようです。荒川の方は結構まっすぐ。
再び入間川と荒川の合流点。
荒川水環橋です。 どのような仕組みでどこに役立ててるかは勉強不足。
熊谷市の荒川大橋付近は大きな中洲があります。
六堰です。ここから水を採って、熊谷市の六地区に水を分けます。
川の博物館と上武山地が見えます。
秩父市内です。 公園橋がありました。
武甲山にのぼって秩父市街地を眺めました。
ついでに荒川源流側も眺めました。 険しい山々が見えます。
三峯神社です。恋愛成就? 山奥にありますが、なかなかの造りをしています。
雁坂峠です。 埼玉県と山梨県の境になります。
再び甲武信岳に到着です。 イヤー良く歩きました。
短時間で勉強になりました。(^-^)

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。