奈良 山の辺の道を歩く

2022.10.30(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:20

距離

12.0km

上り

240m

下り

232m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 20
休憩時間
1 時間 7
距離
12.0 km
上り / 下り
240 / 232 m
4 25
1
41

活動詳細

すべて見る

毎年恒例の奈良旅行1日目です😄 昨年奈良東部の古墳巡りをしたとき、山の辺の道を一部歩きました💨 山の辺の道は奈良県東部の山裾を南北に通る道です🚶‍♂️ 歴史に出てくる道では日本最古だそうです。 大神神社のある三輪山から春日神社のある春日山まで通っており、全部を歩くと約35kmになります。 時間的にも体力的にも一度に歩き通すことはできないので、そのほんの一部を歩いてみました。 天理市のなら歴史芸術文化村付近から行燈山古墳(崇神天皇陵)までです。 山の辺の道だけでいうと4kmぐらいでしょうか。 10時半ごろ天理市に到着し、はじめになら歴史芸術文化村に寄りました。 なら歴史芸術文化村は今年3月に開館したばかりの施設で、道の駅にもなっています。 複合施設ですが、独特な施設は文化財の修復行程の展示をする文化財修復・展示棟です👌 しかも見学は無料です。1時間半ぐらいかけてじっくり見てしまいました👍 見学が終わってから近くの市営駐車場(無料)に車を止め、ここから南下開始。 山の辺の道は人気の散策路で、多くの団体さんとすれ違いました。 くわしくは写真で紹介します。 途中で寄った長岳寺は奥が深い寺で、ここでも時間をとってしまいました。 当初の予定では卑弥呼の墓かもしれない箸墓古墳まで行って近鉄巻向駅から天理まで電車で帰ってくるつもりでしたが、とても時間が足りませんでした😅 結局行燈山古墳から柳本駅まで出て長柄駅まで電車に乗り、駅から駐車場所まで歩きました。 駅との距離が長いのは想定外でしたが。 景観は古代とすっかり変わっているはずですが、のんびりと古代をしのぶことができました😄

 なら歴史芸術文化村
文化財修復展示棟、芸術文化体験棟、交流にぎわい棟、情報発信棟の4つの棟からなっている芸術文化体験棟では歴史的ミュージカルを午後上演予定だった
なら歴史芸術文化村 文化財修復展示棟、芸術文化体験棟、交流にぎわい棟、情報発信棟の4つの棟からなっている芸術文化体験棟では歴史的ミュージカルを午後上演予定だった
 文化財修復・展示棟の入口
文化財修復・展示棟の入口
 モニター映像で歴史遺産の大事さを訴えている
モニター映像で歴史遺産の大事さを訴えている
 味のある映像だった
ここでは仏像等彫刻、絵画・書跡等、歴史的建造物、考古遺物の4分野にわかれて修復を行っている
味のある映像だった ここでは仏像等彫刻、絵画・書跡等、歴史的建造物、考古遺物の4分野にわかれて修復を行っている
 考古遺物修復工房
日曜なので職員はいなかったが、平日は修復作業をしているそうだ
考古遺物修復工房 日曜なので職員はいなかったが、平日は修復作業をしているそうだ
 歴史的建造物修復工房
広い部屋はがらんとしていた
大きな建造物を置くのかな?
歴史的建造物修復工房 広い部屋はがらんとしていた 大きな建造物を置くのかな?
 交流にぎわい館では物産を売っていてにぎやかだった
交流にぎわい館では物産を売っていてにぎやかだった
 となりの池から見た田園風景
ハザが弧を描いている
となりの池から見た田園風景 ハザが弧を描いている
 西乗鞍古墳は全長118mの前方後円墳
5世紀末の有力豪族の古墳とされ、物部氏の古墳とする説もある
西乗鞍古墳は全長118mの前方後円墳 5世紀末の有力豪族の古墳とされ、物部氏の古墳とする説もある
 まちがえて天理大学のホッケー場に入ってしまった
天理大と中京大の女子ホッケー部の試合直前だった
まちがえて天理大学のホッケー場に入ってしまった 天理大と中京大の女子ホッケー部の試合直前だった
 稲わらを干す風景はあちこちで見た
稲わらを干す風景はあちこちで見た
 東乗鞍古墳は入口が分からなかった
全長83mの前方後円墳
東乗鞍古墳は入口が分からなかった 全長83mの前方後円墳
 夜都伎神社
萱葺きの屋根が独特
夜都伎神社 萱葺きの屋根が独特
 竹之内環濠集落
むかしは周りが濠で囲まれていたが今は一部が池になっている
竹之内環濠集落 むかしは周りが濠で囲まれていたが今は一部が池になっている
 休憩所がありがたい
休憩所がありがたい
 このあたりの古墳群を大和古墳群という
「大和」も「やまと」と読むが、こちらは「和」だけで「やまと」
このあたりの古墳群を大和古墳群という 「大和」も「やまと」と読むが、こちらは「和」だけで「やまと」
 萱生環濠集落の後の池と西山塚古墳
この西山塚古墳が真の手白香皇女墓の可能性が高い
萱生環濠集落の後の池と西山塚古墳 この西山塚古墳が真の手白香皇女墓の可能性が高い
 奈良は柿の名産地
刀根早生(とねわせ)を栽培している
奈良は柿の名産地 刀根早生(とねわせ)を栽培している
 西殿塚古墳古墳(手白香皇女陵墓)は墳丘長が230mの大古墳
手白香皇女の墓とされているが年代が合わないので、卑弥呼の後を継いだ台与の墓かも知れないという
西殿塚古墳古墳(手白香皇女陵墓)は墳丘長が230mの大古墳 手白香皇女の墓とされているが年代が合わないので、卑弥呼の後を継いだ台与の墓かも知れないという
 塗り壁がなつかしい
塗り壁がなつかしい
 大和神社御旅所
祭礼のとき大和神社の神がここまで旅をして来るという
大和神社御旅所 祭礼のとき大和神社の神がここまで旅をして来るという
 この神社は歯定(はじょう)神社といい、歯の神様だそう
めずらしい
この神社は歯定(はじょう)神社といい、歯の神様だそう めずらしい
 奈良には石仏が多い
奈良には石仏が多い
 柿本人麻呂の和歌
背後は龍王山かな?
柿本人麻呂の和歌 背後は龍王山かな?
 これこそ田舎道
これこそ田舎道
 長岳寺門前の根上がりの松
長岳寺門前の根上がりの松
 長岳寺門前の石仏
双体道祖神がある
長岳寺門前の石仏 双体道祖神がある
 長岳寺は狩野山楽の『大地獄絵』を開帳している
写真撮影不可
長岳寺は狩野山楽の『大地獄絵』を開帳している 写真撮影不可
 幹が空洞になっても生きる松
樹齢450年という
幹が空洞になっても生きる松 樹齢450年という
 国指定重要文化財の鐘楼門
これ以外に国指定重要文化財が何点もある
国指定重要文化財の鐘楼門 これ以外に国指定重要文化財が何点もある
 櫛山古墳
木で隠れて全体は見えないが、双方中円墳といい、円墳の両側に方墳がついた形になっているという
櫛山古墳 木で隠れて全体は見えないが、双方中円墳といい、円墳の両側に方墳がついた形になっているという
 行燈山古墳は墳丘長242mの巨大古墳
崇神天皇陵とされる
行燈山古墳は墳丘長242mの巨大古墳 崇神天皇陵とされる
 行燈山古墳は大きいので全体は見にくい
周濠も広い
行燈山古墳は大きいので全体は見にくい 周濠も広い
 柳本駅近くの黒塚古墳
全長130mの前方後円墳
三角縁神獣鏡という型の銅鏡が33面出土したことで有名
卑弥呼より少し後の時代の古墳とされる
となりに黒塚古墳展示館があり見応えがあるが今回は見る時間がない
柳本駅近くの黒塚古墳 全長130mの前方後円墳 三角縁神獣鏡という型の銅鏡が33面出土したことで有名 卑弥呼より少し後の時代の古墳とされる となりに黒塚古墳展示館があり見応えがあるが今回は見る時間がない
 柳本駅
柳本駅
 柳本駅から1駅で長柄駅
柳本駅から1駅で長柄駅
 夕暮れで足元は暗くなった
夕暮れで足元は暗くなった

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。