【雷山】雪と雨でまた縦走中止の雷山のみ

2015.11.28

活動詳細

詳しく見る
天気は小雨… 雷山登山口の駐車場ですでに息が白い。 今度は雷山~井原山縦走の予定が、怪しい雲行き…(T-T) 小雨と寒さでレインウェアを着るも下にはいたタイツがレインウェアに擦れて、止まり膝がなかなかあがらない…ずっとこれとの戦いでした。 井原山は何度か登ったけど、雷山は初。全体的に似てるなぁと思いながら、テクテク。 中腹から雨も止み、先日のミゾレかアラレ?の残りが!雪ー!とテンションあがる。やっぱ九州人だ。 山頂に向けて雪の量は増えるも、歩くのには支障なし。多少滑りやすくなる程度。 あとは寒さ。少し止まるとすぐに冷える。 九州なら冬も低めの山とか前日の天気次第で登れそうだなぁと感じました。 山頂で、縦走路と井原山が見えるも雪で白いのと、すでにお昼なのと、後ろ髪ひかれたけど、雷山のみで降りることに… 山頂で他の2組と話したけど皆さん縦走はしないとのこと。やっぱそうなるのかしらね、私だけだと多分行ってた…やはり少数派で危ないんだと実感。 帰りに雷山観音(千手観音)と五百羅漢と地獄絵図を堪能。後半の1時間くらいは寺で過ごしました。 思ってたより、濃厚!行ったことない人はこちらもオススメです。 帰りに糸島の牡蠣小屋で牡蠣食べて、縦走できなかったけど、充実の登山でした。
雷山観音の手前で左に。紅葉がちらっと見えるので、紅葉にも期待しつつ進むも、ここしか見当たりませんでした。
さらに左へ。
木苺?野苺?がたくさん!!懐かしいね、と話しながら食べてみるも、子供の頃より甘く感じない…季節で味が違うらしい。
雷山々頂を、パッと見、らいらいさんちょうに見えるのは、私だけかな、とこっそり思ってた。
抹茶のバームクーヘンに見える苔の緑が鮮やかな年輪。よく考えたらバームクーヘンの由来は年輪だもんねー。
多分少し逸れたであろう荒れた道。すぐ戻れるレベル。
滝の方へ進む。
序盤、2ヵ所ほど、車道を挟む。
川の水、めちゃめちゃ綺麗!!帰りも同じ構図で写真撮ってしまった。
清賀の滝。小ぶりだけど、綺麗な滝。 夏なら入りたいけどね。今、気温多分10度以下。でも水は触ってしまうよね。そして、やっぱりキャーってなる。鉄板です。
妖怪がいそう。すばらしいねっこ。
ツチグリ発見。メンバーが見つけたけど、言われなければ見逃すレベル。木と同化してる。触ってみると、驚きが!その感触と真ん中の穴からホワッと胞子が!
そして、雪も発見!近くで見るとかなり粒が大きい。粒を映す為に画面が暗くなった…
すっかり冬の装い。
支障ない程度の雪。この量でも雪が嬉しい。
緑の苔に、黄色のキノコ。かわいすぎる。
雷神社上宮。オレンジの紅葉が寂しげに。秋だなぁと実感。日本の秋。
らいらいちょう。いや雷山山頂。なんで略したのかな。
木の幹の中にも雪が。なんだか心打たれます。ホントは後ろに糸島半島が広がるも、上手く調整できず…
何かの木の実?の残骸。パックマンみたいな、なんか生き物にも見える。
雪が増えてきた!でもまだ問題なし。増える度にうわぁー!ってテンションあがるけど、雪国の人から見たら、まだまだなんよね。多分。
線状のスジ?たくさん入った岩がいくつかある。謎……まるで人工的なたくさんのスジ…
岩のスジ、ズームイン。
山頂到着!道の脇には雪がー(^-^) でもフカフカしたやつじゃないので、飛び込まない。
らいざんさんちょう。よし。ちゃんと読める。
なぜかもひとつ、山頂の看板が。こちらは、略字…。
山頂から見える糸島半島。天気は悪いけど見晴らしは良好。
井原山への縦走路。雪はあるけど、歩けそう。山の斜面も白いけど、多分こちらと変わらなさそう。縦走にいけないまま半年が過ぎそうです…泣
帰りもこの雪。もっと積もると大変なのかな、やはり…
雷山でも紅葉はすっかり落ちてますね。
地層が見えるも、何かよくわからない…触るとポロポロする。
味のある幹が並んでる面白い図。
苔がいい感じの木々。すばらしい。
植林かな、とわかる綺麗な並び。
川底の紅葉。キレイです。
雷山観音を拝みに。庭園の楓はほぼ落ちてました…千手観音はもちろん、いろんな像があり、全部木造らしいです。
五百羅漢。こちらもすばらしい。もったいぶって、一部だけご紹介。
雷山観音前の駐車場。寒さと小雨のせいか、登山の車は少ない。
糸島の牡蠣。ぷりぷりでした。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。