朝熊ヶ岳登ってみました。

2015.11.28(土) 07:46 - 2015.11.28(土) 12:25
Asamayama (Mie)
伊勢に異動になりました。 せっかくなんで、朝熊ヶ岳登ってみました。 宇治岳道から進みました。 人も少なくて、道路も無くて、静かでとても良いですよ。 朝熊岳道は、距離が短いだけにそこそこな傾斜でした。 まあ、でもいい感じくらいですが。 むしろ、朝熊岳道の終わりから駐車場までの移動がしんどかったです・・・。

写真

間違って、競技場の方に車とめてしまいました・・。施設利用者以外停めるなと書いてました。駐車場も施設じゃないの??と思ってしまいました・・。

間違って、競技場の方に車とめてしまいました・・。施設利用者以外停めるなと書いてました。駐車場も施設じゃないの??と思ってしまいました・・。

すぐ右に曲がるとありました。こっちの公園の駐車場に置いた方が良いでしょうね・・・。

すぐ右に曲がるとありました。こっちの公園の駐車場に置いた方が良いでしょうね・・・。

駐車場のすぐ横のトンネルです。ここから始まります。

駐車場のすぐ横のトンネルです。ここから始まります。

一瞬、このコメントでひるみましたが、歩きは問題ありませんでした。

一瞬、このコメントでひるみましたが、歩きは問題ありませんでした。

この辺が分かりにくくて、伊勢神宮職員駐車場を横に見ながら抜けると登山口があります。

この辺が分かりにくくて、伊勢神宮職員駐車場を横に見ながら抜けると登山口があります。

ここが登山口。

ここが登山口。

トレイルランニングの大会があるみたいですね。この看板がときどきあります。この道は今までで一番うってつけかも。と思いました。

トレイルランニングの大会があるみたいですね。この看板がときどきあります。この道は今までで一番うってつけかも。と思いました。

結構、こんな看板があります。1町は、108mらしいです。

結構、こんな看板があります。1町は、108mらしいです。

お地蔵さん。このルートかなりあります。朝熊岳ルートよりも多かったです。まあ、距離もあるので・・。

お地蔵さん。このルートかなりあります。朝熊岳ルートよりも多かったです。まあ、距離もあるので・・。

結構、歩きやすい道が続きます。徐々に登っていきますが。

結構、歩きやすい道が続きます。徐々に登っていきますが。

結構、お地蔵さんは傷ついているんですが、皆、大切に修復されてます。

結構、お地蔵さんは傷ついているんですが、皆、大切に修復されてます。

かなり古そうなトラック。もう、崖から落ちそうです・・・。

かなり古そうなトラック。もう、崖から落ちそうです・・・。

きれいな道が続きます。登りですが。

きれいな道が続きます。登りですが。

何の花ですかね?残ってました。

何の花ですかね?残ってました。

少しずつ登りは続きます。

少しずつ登りは続きます。

ほんとお地蔵さん多いです。ありがたい道です。

ほんとお地蔵さん多いです。ありがたい道です。

しょっちゅう看板あって、どこまで進んでるかわかりやすいです。

しょっちゅう看板あって、どこまで進んでるかわかりやすいです。

紅葉は、あんまり見れませんでしたが、今日は天気良くて良かったです。

紅葉は、あんまり見れませんでしたが、今日は天気良くて良かったです。

伊勢湾方面もとても良いです。

伊勢湾方面もとても良いです。

またもお地蔵さん。すべてのお地蔵さんに湯呑みが置いてます。信心深いですよね。

またもお地蔵さん。すべてのお地蔵さんに湯呑みが置いてます。信心深いですよね。

じっくり登りは続いています。

じっくり登りは続いています。

少し崩れた道。

少し崩れた道。

この辺から少しずつ登る感じです。

この辺から少しずつ登る感じです。

ついに、伊勢志摩スカイラインを超えます。

ついに、伊勢志摩スカイラインを超えます。

橋からの伊勢湾が良く見えます。

橋からの伊勢湾が良く見えます。

えっ。こんなところにマンホール??朝熊特別仕様みたいです。

えっ。こんなところにマンホール??朝熊特別仕様みたいです。

入道ヶ岳を思い出させる道。

入道ヶ岳を思い出させる道。

何かあるのかな。水は結構濁ってたので、お地蔵さんに掛けるのはためらってしまいました・・・。

何かあるのかな。水は結構濁ってたので、お地蔵さんに掛けるのはためらってしまいました・・・。

なんか、たくさん犬が飼われてました。おじさんがそそくさと立ち去って行きます・・。怪しい・・・。

なんか、たくさん犬が飼われてました。おじさんがそそくさと立ち去って行きます・・。怪しい・・・。

この辺から道が変わります。お地蔵さんもしっかり手入れが行き届いてます。

この辺から道が変わります。お地蔵さんもしっかり手入れが行き届いてます。

分岐に到着。

分岐に到着。

こんなところにあったんですね・・。

こんなところにあったんですね・・。

晴れ渡って良い景色です。安土桃山文化村の城が見えます。

晴れ渡って良い景色です。安土桃山文化村の城が見えます。

名古屋方面です。

名古屋方面です。

こんな道をバス??って感じです。

こんな道をバス??って感じです。

地図です。

地図です。

またも地図。結構、抽象的でかえって悩むんですよね。。

またも地図。結構、抽象的でかえって悩むんですよね。。

またも分岐。

またも分岐。

経塚地帯だそうです。

経塚地帯だそうです。

ここ通ると背中がひんやり。なんかついてきそうで。

ここ通ると背中がひんやり。なんかついてきそうで。

すこーし下がります。

すこーし下がります。

すると奥ノ院?の方へでました。

すると奥ノ院?の方へでました。

なんか書いてました。

なんか書いてました。

ありがたい観音様?

ありがたい観音様?

だいぶ開けてます。

だいぶ開けてます。

降りてくるとき、この裏を通るんですが、卒塔婆があまりにきれいに並んでいて、迷路かと思ってしましました。大東亜戦争の戦没者の慰霊のところでした。

降りてくるとき、この裏を通るんですが、卒塔婆があまりにきれいに並んでいて、迷路かと思ってしましました。大東亜戦争の戦没者の慰霊のところでした。

展望台はこの先でした。

展望台はこの先でした。

足湯があるとか。まあ、拭くのがめんどくさいので、入りませんが・・・。

足湯があるとか。まあ、拭くのがめんどくさいので、入りませんが・・・。

おお、富士山がみるのか???

おお、富士山がみるのか???

真ん中あたり富士山が見えてるはずです・・・・。

真ん中あたり富士山が見えてるはずです・・・・。

いい展望です。

いい展望です。

この向こうに富士山が・・・。

この向こうに富士山が・・・。

和歌山方面。きれいです。

和歌山方面。きれいです。

朝熊ヶ岳山頂方面なんですが。紅葉は”ゼロ”ですよね・・・。

朝熊ヶ岳山頂方面なんですが。紅葉は”ゼロ”ですよね・・・。

山肌にお寺があります。

山肌にお寺があります。

分岐があります。

分岐があります。

この山頂に着きました。

この山頂に着きました。

山頂です。

山頂です。

今日は、工事みたいで。いっぱいの人が来てました。

今日は、工事みたいで。いっぱいの人が来てました。

野球部??が坂道ダッシュしてました。怪しいおじさんが監督かコーチでしょうね・・・。遠くから声が聞こえてました。

野球部??が坂道ダッシュしてました。怪しいおじさんが監督かコーチでしょうね・・・。遠くから声が聞こえてました。

朝熊岳道。結構、下っていきます。

朝熊岳道。結構、下っていきます。

写真は20町ですが。こちらの道は、22町。短いです。

写真は20町ですが。こちらの道は、22町。短いです。

だいぶ見難い看板。すぐ隣に木々の間から見えるのですが、写真では撮れませんでした。

だいぶ見難い看板。すぐ隣に木々の間から見えるのですが、写真では撮れませんでした。

こんな道がずっと続きます。

こんな道がずっと続きます。

橋がみえました。

橋がみえました。

ケーブルカーの道??

ケーブルカーの道??

説明です。

説明です。

整備は結構行き届いてます。

整備は結構行き届いてます。

朝熊岳道の入り口です。

朝熊岳道の入り口です。

出会い広場。結構、埋まってます。狭いです。大きな車では来ない方が良いかも・・・。

出会い広場。結構、埋まってます。狭いです。大きな車では来ない方が良いかも・・・。

なんか社が。

なんか社が。

中は仏様がいっぱいです。ちょっと怖いです・・・。

中は仏様がいっぱいです。ちょっと怖いです・・・。

朝熊の駅。ここを通り過ぎます。

朝熊の駅。ここを通り過ぎます。

だーいぶ。まっすぐ歩きます。めっさしんどかった・・・。

だーいぶ。まっすぐ歩きます。めっさしんどかった・・・。

さらに川沿いのあぜ道歩きます。

さらに川沿いのあぜ道歩きます。

柿がすごいなってました。干し柿もしてました。こっそりキュウイもいっぱいなってました。

柿がすごいなってました。干し柿もしてました。こっそりキュウイもいっぱいなってました。

あぜ道です。すごいまっすぐ続きます。

あぜ道です。すごいまっすぐ続きます。

山がきれいです。

山がきれいです。

あぜ道の両サイドは、ススキがたくさん。

あぜ道の両サイドは、ススキがたくさん。

やっと帰ってきました。駐車場は少しあいてました。川向うの駐車場はいっぱいでしたが・・・。

やっと帰ってきました。駐車場は少しあいてました。川向うの駐車場はいっぱいでしたが・・・。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。