晩秋の赤坂山~寒風、メタセコイヤ並木

2015.11.23(月) 09:04 - 2015.11.23(月) 13:50
今年は例年より暖かく、紅葉もここに来て遅れているらしい。ならば、関西では比較的紅葉の早い湖北へ! という訳で今日はマキノ高原にスポットを当てました。 ちょうどスキー場はシクロクロスの大会、ピックランドは紅葉目当ての人で凄いことになっているのに、何故マキノ駅からのバスは乗客1人だけなの? このままでは、車無しでは行きにくい山域になってしまう!何とか公共交通の利用お願いしますm(__)m と、宣伝はここまでで、山は登り口から標高500m位までは蝶々舞う中を進む快適な暖かさ。ただ、ブナの木平を越えた辺りから落葉しきったブナが増えて、稜線はカッパと手袋が無いと寒い状態。 この時期、この山域は変化が大きくて怖いです。もし雨になったら…と思うので、防寒装備は必携です。 赤坂山山頂は風で直ぐに退散。昼食済ませて寒風への稜線へ。 やはり稜線は寒い!木立がまばら。自然の厳しさを体感できます。 このあと寒風から林道を通り、ピックランドへ直接出ました。 コースタイム5時間半、今回は4時間半。晩秋のいい1日を過ごせました。

写真

思ったより人がいっぱい

思ったより人がいっぱい

「シクロクロス」の大会やってました

「シクロクロス」の大会やってました

赤坂山登山口

赤坂山登山口

紅葉の中を進みます

紅葉の中を進みます

すすきと赤坂山

すすきと赤坂山

ブナの木平。ここまで約55分

ブナの木平。ここまで約55分

この辺りから紅葉は散り終わり

この辺りから紅葉は散り終わり

すぐ下まで赤と黄色です。

すぐ下まで赤と黄色です。

赤のじゅうたん

赤のじゅうたん

明王の禿が見えます

明王の禿が見えます

粟柄越手前。魔女の森のようです。

粟柄越手前。魔女の森のようです。

粟柄越。赤坂山までピストンします。

粟柄越。赤坂山までピストンします。

下りてきたら寒風方面へ行きます

下りてきたら寒風方面へ行きます

赤坂山山頂。ガスが上がってきて風が冷たいです。すぐ下ります。

赤坂山山頂。ガスが上がってきて風が冷たいです。すぐ下ります。

粟柄越方面

粟柄越方面

琵琶湖方面。どんどん雲が下から上がってきてます。

琵琶湖方面。どんどん雲が下から上がってきてます。

なかなかシュール。高圧線鉄塔真下から。

なかなかシュール。高圧線鉄塔真下から。

寒風が見えました

寒風が見えました

左は瀬戸内海、右は日本海へ。分水嶺です。

左は瀬戸内海、右は日本海へ。分水嶺です。

琵琶湖側はかなりの崖

琵琶湖側はかなりの崖

木が無いところはこれから厚い雪に包まれます

木が無いところはこれから厚い雪に包まれます

分水嶺の稜線は自然が厳しいです。

分水嶺の稜線は自然が厳しいです。

寒風。高島トレイルはここを右。大谷山へ。
僕はここから下山します。

寒風。高島トレイルはここを右。大谷山へ。 僕はここから下山します。

今年3月、この標識真下は凍ってました。

今年3月、この標識真下は凍ってました。

寒風からの下りは落ち葉で道が埋まってます。

寒風からの下りは落ち葉で道が埋まってます。

かなり下りてきました。マキノ~近江中庄が見えてます。

かなり下りてきました。マキノ~近江中庄が見えてます。

さらさへの道から外れて稜線を進みます

さらさへの道から外れて稜線を進みます

一気に里山へ

一気に里山へ

下から黄色の木立に。

下から黄色の木立に。

マキノスキー場見納め

マキノスキー場見納め

林道合流。ピックランドへ向かいます

林道合流。ピックランドへ向かいます

石庭からの尾根。部分的に綺麗に紅葉。

石庭からの尾根。部分的に綺麗に紅葉。

ちょっと天気が回復しました。

ちょっと天気が回復しました。

緑ヶ池。この下、新しいダムができてます

緑ヶ池。この下、新しいダムができてます

今日のみどころ、メタセコイヤ並木の紅葉

今日のみどころ、メタセコイヤ並木の紅葉

洋梨?

洋梨?

メタセコイヤ並木、凄い人出でした。意外とメジャーやったんですね(・・;)

メタセコイヤ並木、凄い人出でした。意外とメジャーやったんですね(・・;)

晩秋のマキノ高原

晩秋のマキノ高原

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。