岡山県 三十人ヶ仙・天狗岩登山

2015.11.22

活動詳細

詳しく見る
ちょっと変わった山名は、昔この山で砂鉄を掘っていて、山が崩れて30人の鉱山労働者が生き埋めになったというらしい。天狗岩も山上に天狗が棲んでいたという伝説がある。自然公園内にあり、植林が整備されているが、あまり登山者は入っていないようだ。 今回はいつもの9人パーティーで、前日に車2台で神戸を発ち、道の駅にて仮眠。 朝、演習林宿舎という建物近くの県道脇に駐車、8:30ごろに出発。秋は日が沈むのが早いので、下山は15時ごろまでに終わるのが理想だ。最初に三十人ヶ仙に行って、天狗岩まで往復する予定だったが、お二人だけ脚力の不安もあるので、天狗岩を遠慮して元のコースを下ることになった。6人で天狗岩へ行くことになったが、昼前には着く。昼食をとりながら、展望をのんびり楽しむ。下山は天狗岩東側の急斜面コースを下り、正面登山口に降りる。アプローチと下山は林道をかなり歩くことになるが、展望のよい2つの峰を踏むことができ、静かな山行が楽しめた。紅葉は遅きのタイミングだったが、天気も良かったので、秋深まる山々が見れてよかった。
登山口となる林道に入る。
登山前に記念撮影、みなさんいつも元気です。
林道を少し進むと、登山口の標識がある。
林道は落葉でいっぱいだ。紅葉のタイミングは遅かりし。
林道途中にある休憩小屋。休憩するには少し早いので通過。
演習林が立ち並ぶ中を進む。
林道上部まで登ると、展望が開けてきた。
逆光での撮影で、フラッシュがきかなかったようだ。
CMが聞こえてきそうな 🎵丸太の階段… 登り切ると稜線に出る。
上空がどーんと見えると、稜線の分岐点。
さて、どちらを先に行くか。
まずは三十人ヶ仙へ向かう。
10分ほどで頂上へ。
きれいに文字が書かれた標柱に見とれる。
天狗岩には思ったより早く着く。
天狗岩からは、ワイドな眺望がすばらしい。
天狗岩下に下山コースの標識がある。チャレンジコースと書かれているが、一般の大人なら問題ないようだ。
天狗岩近くには休憩できるちょっとしたスペースがあり、のんびり展望と昼食が楽しい。
中央に那岐山方面、右に見えるのは角ヶ仙、泉山らしい。
みなさん、天狗岩ではボルダリングの真似はしないでね。
天狗岩で天狗にな〜るYさん?
下山の途中で苔むした岩に見とれてパチリ。
チャレンジコースは落葉で足もとがすべりやすいが、とくに危険な箇所はない。
正面登山口に下山。
下山口近くのススキも美しい。
車は県道脇の広いスペースに停める。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。