海上の森~定光寺 激痛と戦った32キロ

2015.11.22

活動詳細

詳しく見る
かねてからの懸案だった、猿投山~定光寺コース。 やっと開催の運びとなりまして。 参加者は、 ・ねこ1号 ・アメフトマッチョ ・ゆる山男 ・山マダム 検討の結果、スタートは海上の森となりました。 海上の森~林道~雲興寺~岩屋堂~定光寺 山マダムがいるので7~7.5時間だろうと予想。 今回は…地獄を見た。 まず、スタートしてすぐにミスコース(笑) 林道で雲興寺へ向かうつもりが物見山へ登ってしまった。 海上の森から物見山までは基本林道。 物見山から四辻と呼ばれる分岐点までは多少のアップダウンを伴う長い尾根道。結構走れます。 四辻から雲興寺まではヤマザクラコース。 急坂でずるずる滑りながら標高を落とします。 雲興寺でトイレ&補給休憩、参拝の後、本堂裏から岩屋堂へ向けて登ります。 軽く登って降りてキャンプ場。キャンプ場からまた登って降りて岩屋堂。 この区間、以前は荒れてたようだけど結構整備されてました。 予定より2km長くなり、アップダウンでかなり体力を削がれるハメに。 こりゃ猿投神社スタートのほうがずいぶん楽だわ。 その結果、岩屋堂手前15km地点でねこ1号の左の腿と右にふくらはぎがつった!! 岩屋堂でおでんと団子食べて休憩。 いつもなら程なく回復して戦列復帰できるはずが、今日に限ってなかなか回復しない。結局残りの17kmをつったまま、激痛に耐え、足を引きずったまま走り続けることに。 岩屋堂から展望台までは観光客に混じって急坂をゆっくり。 展望台で小休憩の後、緩やかに登るルートを岩巣山へ。岩巣山からは一度標高を落として白岩の里、R363を横切り急な階段を登り東海環状道のトンネル上を通り、程なく上半田集落へ。この区間、湿ったトレイルが続きます。 上半田からしばらくターマックのルートとなり、名古屋学院付近からまたトレイル。R248を陸橋で渡り、下ると稚児橋たなります。ここまで自由の利かない足で走ったため、稚児橋手前で足上げが上手くいかず右すねを岩にぶつけてザクっと削って…それでもリタイアしなかったのは意地か?いえ、いつでもリヤイアできるから、と舐めてた結果です。 アメフトマッチョとゆる山男を先行させ、山マダムにつきあってスイーパー役に徹するも何度も痙攣でのた打ち回りながらゆっくり脚を進めます。 稚児橋から定光寺までは登り基調のよく整備されたルートが続き、疲れた脚によく効く階段3連発を超えると山星山。 遠くに猿投山が見えるが感慨も激痛にかき消されます。が、ここまでくれば定光寺はもう目の前。8時間かけてなんとかゴール。 悔しい… 実は男衆だけなら6時間あればクリアできると思ってた。 (もっとも、ミスコースするわ岩屋堂でおでん食べるわだったけどね) なぜつったのか、原因はよくわからない。 体は疲れてない。 心臓も平気。 でも足が動かない。 水分も他のメンバー以上に摂ってたのに… まあ、そいつは追々検証するとして。 初めての30kmオーバーを経験した3人、 二度とごめんだと思ったことだろう。 そうはいかんがね(笑)

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。