晩秋の苗場山

2015.11.22

活動詳細

詳しく見る
三連休、雨のない日を狙っての今年最後となるであろう苗場山の無雪期登山。 12月2週目には麓のスキー場が運営を始めるとのこと。 祓川コース利用者は5,6グループ程で、山頂でも2,3グループと会ったくらい。 やはり、山頂の交流センターが閉まっているせいもあるのかもしれない。 午前中、山道のいたるところで水たまりが凍っていたが、思っていたよりも歩きやすかった。 午後は、雲がかかってしまい行きとは違い、対面の山が見えない状態に。 それでも、雨に降られることはなく無事に下山。 止まると寒く、歩くと暑い。脱いだり着たりを繰り返しながらの登山になりました。
六合目。山頂まで標識があり安心。
ゴロゴロした岩の道。
苗場山登山道です。
太陽が出てきて向かいの山が良く見える。
前日の雨のせいか、いたるところに水たまりが。
どこも凍っています。
下の芝。休憩用のベンチあり。
ベンチにも霜が・・・
この景色を目に焼き付けておこう!午後には見えなくなってしまった。。
七合目
氷の下に波紋が。
雲海。右奥は滝のようだ
あちらに見えますのは八海タンと越駒タンになります。(多分)
雲が波うっているようにみえる
あっちの方に、谷川タンが・・・
スイングパノラマ
ちっこい樹氷!?帰りは溶けてました・・・
上には何もないのに。指先サイズ
上の芝
雲海がやばすぎる
小松原分岐
股スリ岩
神楽峰。八合目。
山頂が見えた!
あそこに行きます!!
ちょんと見えるのは、2百名山の鳥甲山かな?
苗場山北側の猿面峰
一旦下ります。150mほど
雷清水。
お花畑。なんてなかった!!
ここから山頂まで一気に登ります。
小松原コースの稜線がはっきりと見える。
赤湯方面はガスガス。
道が崩れてなくなっているそうです。
ロープが張られています。半年前は道があったそうな。
九合目。あと少し。
振り返ると来た道がわかる。
せまりくるガス
北側斜面は気温が低く、つららが。
雪wじゃなくて太い霜柱。
山頂到着。
ひろーーーい!
凍っています。
父の希望するアングルを探して・・・
見渡す限りの湿原
そして、苗場山山頂・・・。
雪じゃないです。
凍ってます。
交流センターからの景色
お昼を食べて歩き出したら・・・
ガスが。
先が見えません
ドリンクバーの氷・・・
いざ、雲の中へ
ガスの切れ間。
どんより。。
雨に降られることなく無事下山。
和田小屋までの林道に車止めの柵がありましたが、前の車の人がどかして入ったのを見て同じように。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。