初めての法華院温泉山荘

2014.08.14 3 DAYS Oita, Kumamoto

活動データ

タイム

29:45

距離

17.4km

上り

2,833m

下り

2,856m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回の山旅! 「山遊び」のきっかけをくれた友人と9ヶ月ぶりの山歩き。 この春から遠い土地へ行ってしまったので、友人の帰省ついでに夢だった法華院温泉山荘へ! 二人が重なれば必ず「晴れ」いや「快晴」!「月に35日は雨が降る」はずの屋久島でも一滴も浴びないほど! なのに今回はぐずつく雨予報(T^T) ようやく前日にお目当ての山が決まりました。「三俣山に登ろう!」 長者原に着く頃は、眩しいくらいの青空♡ 「やっぱり晴れ女やね」なんてキャッキャしながら雨ヶ池ルートに入ります。 友人は三俣山の高さに驚愕しつつ「ムリムリww」らしい笑 牧ノ戸からのコースとは違い、大半が樹に覆われ、日陰を歩けます。中学生の頃通ったことがあるはずですが、全く記憶なしw 日本庭園のような和の森を過ぎ、ママコナの群生やマツムシソウなどを楽しみながら雨ヶ池を過ぎます。 今度はハリーポッターの森(勝手なイメージw)に突入し木々に襲われやしないかと妄想の中ハラハラしながら歩きます! とようやく坊がつるの大草原が目の前に!草たちが気持ち良さそうに風に揺られています。 この頃から曇り〜のお空に。平治岳や大船山は雲に隠れながら、でも三俣山は山頂までしっかり見えます。 ひとまず法華院に一部の荷物を預け、ベンチをお借りし腹ごしらえをします。 いざ三俣山へ! 法華院から北千里浜の登りがとてもきつく、さらには雨が降り始めたため、諦めるかどうかの会議。 結果「雨がやんだし行こう♪」となり、右手の三俣山は青空に♡ スガモリ小屋から見る三俣山は、高くそびえ立っています。 おじさまに「今から登るんね?!元気ねぇ!」と応援いただき、無謀な挑戦のはじまりでした。 登り始めは曇り。雨具も脱ぎ、涼しい風に吹かれながら、とても快適な登り♪ 途中二手に分かれ、見えなくなる友人。名前を呼んでも返事はない。不安になる。急いで登る! すると鉢会わせた♡安堵感の中、目指す本峰や南峰を見て、またもや驚愕する友人!「下ってまた登るの?!」と不満声w ひとまず西峰に行こうと言って、だましだまし本峰に行く気でしたが、西峰に着くや否やまたもや雨! しかも本降りに!さすがに撤退となりました。その頃にはあるはずの本峰が見えません…。 そこから黒土の滑りやすい下りとなり、沢と化す道を慎重に下ります。 失敗だったのは雨具のパンツを履かなかったこと…。 ゲイターはしてるものの、次第に冷たい感覚。さらには靴の中まで染みてきて、終いにはじゅくじゅく状態。 スガモリ小屋で独占休憩です。ちょっと冷えたので、山頂で食べるはずだったウィンナーを焼き、自分の部屋かのように素足になりくつろぎますw 小一時間が経過し、履きたくない靴下と靴を履き、本日の宿「法華院温泉山荘」へ。 途中ゴリラに遭遇ですww 法華院では大船山が臨めるはずの角部屋に宿泊。恥ずかしがり屋な大船山は雲に隠れ、手前の立中山が見えます。 温泉に浸かり、夕飯をいただき、お部屋でビールタイム♡ 久々の再会のため女子トークで盛り上がります!!楽しいひとときはあっという間。 睡魔に襲われ、おやすみなさい★ 時は数時間が過ぎ、しとしと雨に起こされます。 やっぱり登れないかぁと落胆気味。まずは朝ご飯♪山荘の朝をゆったりと過ごします。 9時に出発するところで、またもや雨が。雨具を着て出発〜。 同じ雨ヶ池ルートで帰ります。 雨ヶ池の手前、ハリーポッターの森で雨が止み、蒸れる雨具から解放。 長者原に到着し、時間もあるのでタデ原散策。 出会う方々は普通のお洋服w 我らは目立つ山ガール! 「今から登ると?」「どこ行ってきたと?」と皆さんに話しかけられますww タデ原のど真ん中で、またもやウィンナーを焼き、おにぎりとゆで卵を頬張る! やっぱり自然の中のごはんは格別です♡ 最後の最後に会いたかった「ヒゴタイ」に会えました♡しつこいくらいに撮りまくる! 車が目の前に!なところで、またもや雨が! 我らが車に入る頃を見計らって、雨が降り出します。 すぐ近くにある西鉄花山酔で汗を流しました♨ 今回の山旅。 雨で残念だったけど、それはそれで味のある風景を楽しめました。 またいつか一緒に来ようね♡歩こうね♡

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。