風越山~天狗山(独標に届かず)

2015.11.21

活動詳細

詳しく見る

気分はアルプス第2弾ということで、 独標(2338M)までは無理だろうなと思ったが、チャレンジしてみた。 駐車場は3台ぐらい止められ、トイレもある。 しかし、林道脇なので、道はカーナビにはでておらず、迷った。 ヤマップを起動して駐車場を探した。 6:18駐車場発 6:19Aコース、Bコース分岐  Aコースは直登、Bコースはかなり巻いている。  Aコースを選択した。  かなりの急登だった。  登ってる途中で日の出となり、木の間から御嶽山を見た。 7:24カヤト境  ここからカヤトの丘の間に御嶽山と乗鞍の展望があるところがあった。 7:56カヤトの丘  ここからは恵那山から御嶽山までの展望があった。 8:25風越山頂  山頂という標識はあるが、まだ先に登りがある。展望はない。  ここまで、2時間以上かかっており、独標(2338M)には11時30分くらいに  つかないと帰りが日暮れになってしまうと思っていたので、無理だと思ったが、  行けるところまで行ってみようと思った。 8:33展望場所  風越山頂に5分で展望とあったが、8分かかった。  ここからは、中央アルプスの麦草岳から木曽前岳、木曽駒ケ岳、中岳、宝剣岳、三沢岳が木の間から覗ける。  展望場所の先は登山道がない。ただ、踏み跡とピンクテープがある。  ピンクテープは途中まではかなりわかりやすく貼ってある。よく探せば、次のテープが探せる。  笹に覆われるところがあり、踏み跡を間違えると、先に進めない。  先に進めなくなったら、確かなところまで戻って、足元の踏み跡を確認して、笹の生えていないところを進んだ。  途中のコースは、すごく細い尾根を登ったり下ったりする。2か所ぐらい片側の尾根が崩落しているところがあり、怖いので、少し樹林に回って進んだ。  途中、岩場をこえたあたりで携帯を落としたことに気づき、5分ぐらい戻って見つけた。  大きな岩があるところでは、どこを通れば前に進めるのかだいぶ迷った。  11時30分を過ぎ、まだ独標までは2時間くらいはかかるだろうと思った。  ザックをおいて、2118Mのピークまで行くことにした。 12:03 2118M(天狗山)ピーク   天狗山の小さな標識があった。樹林で展望はなかった。  展望を求めてもう少し先に下ってみた。  すこしだけ、木の間から穂高が見えた。 12:15戻ることにした。  帰りも、岩場でどこを登ってきたのか迷った。  崩落した尾根のところは、なるべく尾根の近くを進んだ。  尾根から離れると、コースを外れてしまう。  とにかくこのコースは、ピンクテープと、足元の踏み跡と、尾根から離れないことが大切だと思った。 15:12展望場所に戻ってきた。 15:29風越山頂通過。 15:57カヤトの丘 16:01Bコース分岐 登りの急登のAコースを下るのも怖かったので、帰りはB-コースにした。  Bコースからは恵那山、御嶽はみえるが、乗鞍は見えないコースだった。  かなり南に巻いて、登山口まで戻るので、下るのは楽だが、時間がかかった。  また、あまり人が通った感じがなく、枯葉でコースがわかりにくかった。ここにもピンクテープがあって、それを頼りに下った。  下っている最中に日暮れになった。 17:06駐車場に到着。薄暗がりだった。 カーナビで温泉を検索したら、「せせらぎの四季」が10KMと出たので、 遠回りになったが、木曽福島の北の日帰り温泉に行った。 入浴料700円。天然温泉。含二酸化炭素−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉 室内風呂と露天風呂だけでサウナとか泡ぶろとかはありません。 天ぷらざるそばを1180円で食べて帰ってきた。  またいつか、体力をつけてチャレンジしてみたいと思った。

林道わきの駐車場3台分トイレ付き
登山口
ABコース分岐
木の間から御嶽(剣ヶ峰)
木の間から御嶽
Aコースかなり急登です。
標識(山頂まで1320Mかな)
標識(山頂まで700M)
標識(カヤト境)
御嶽と乗鞍
御嶽山
乗鞍
御嶽(剣ヶ峰)
御嶽から西
恵那山(奥)と南木曽岳(手前)
恵那山(左奥)
赤い実(その1)
カヤトの丘
カヤトの丘から恵那山
糸瀬山
標識
標識
標識
風越山頂
赤い実(その2)
展望場所
展望場所から宝剣など
三沢岳
宝剣岳
左から麦草岳、木曽前岳、木曽駒ケ岳、中岳
宝剣岳
展望場所からこんなかんじで覗けます。
崩落(その1)
崩落(その2)
恵那山
2118天狗山山頂
奥穂高岳、前穂高岳
西穂高岳
天狗山の先の地点の木の間から見た宝剣岳
同じく木の間から見た木曽前岳
西穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳
乗鞍岳
あれが独標の前衛峰かな。
崩落(その3)
ピンクテープ(これが神に見えた)
(穂高方面)笠ヶ岳、抜戸岳
穂高から大天井あたり
展望場所にやっと戻ってきた。
昼過ぎの三沢岳
宝剣岳
宝剣岳
木曽前岳、木曽駒ケ岳、中岳、宝剣岳
風越山頂に戻ってきた。
うーん日が沈む。
早く下らなければ。
行きも帰りも気になった一つだけ咲いた花。
カヤトの丘へ戻ってきた。
夕方の御嶽山
夕方の剣ヶ峰(御嶽)
Bコース
標識
瓦ダケ
街に灯がともり始めた。
駐車場に着いてら薄暗がりだった。
木曽町にある日帰り天然温泉「せせらぎの四季」700円。せせらぎというようり大雨のような川の音がします。

動画

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。