日光白根山 金精峠から <五色沼周回コース>

2015.11.21(土) 07:39 - 2015.11.21(土) 15:33
【主なルート】金精峠入口(駐車場) → 金精山 → 五色山 → 弥陀ヶ池 → 奥白根 → 非難小屋 → 前白根 → 五色山 → 以下ピストン 時期的にだいぶ寒さが厳しいかと思いましたが天候に恵まれました。 一面に広がる樹氷がきれいでした。冬山も魅力的です。 ★服装(特別暖かい日だったのであまり参考にならないかも) スキー用アンダーシャツ、薄手のドライ素材パーカー、防風スウェットパーカー(ユニクロ)、登山用ズボン(オールシーズン用、Columbia)、綿手袋と登山用グローブの2枚重ね、登山用靴下1枚、お昼時だけダウンで防寒 ★マイカー登山 八王子方面から4時頃出発して7時半に金精トンネル入口の駐車場に到着。圏央道がつながったお陰で大分近くなりました。 既に先客多数でしたが駐車場はまだ結構余裕があります(2枚目の写真)。道路の向かいにも3台くらい停められます。 ★下山後の温泉 すぐ近くの奥日光高原ホテルへ。日帰り客は16~18時は利用できないとのことでした。 着いたのは16時直前だったのですが特別に入れてもらえました。大人800円。 お湯はこれぞ温泉といった硫黄の香り漂う白濁湯です。温度も適温でずっと入っていたくなる感じです。 また露天風呂では野生の猿が木の上を飛び回っているところが普通に見られます。さすが日光です。

写真

登山届けを書いて登山開始。鉛筆はないです。

登山届けを書いて登山開始。鉛筆はないです。

これから登る金精山。

これから登る金精山。

岩場を登っていきます。

岩場を登っていきます。

金精峠を過ぎた辺りから樹氷がちらほら。

金精峠を過ぎた辺りから樹氷がちらほら。

日光湯元の街が見えます。

日光湯元の街が見えます。

五色山の分岐。樹氷の白と空の青のコントラストが鮮やかです。

五色山の分岐。樹氷の白と空の青のコントラストが鮮やかです。

奥白根が思いのほか近く見えます。

奥白根が思いのほか近く見えます。

五色沼に沿って尾根を進む。この辺りは風も穏やかで日差しが暖かかったです。

五色沼に沿って尾根を進む。この辺りは風も穏やかで日差しが暖かかったです。

池は凍っています。

池は凍っています。

日差しで氷が解け始めています。

日差しで氷が解け始めています。

弥陀ヶ池。

弥陀ヶ池。

ここから奥白根への登りになります。

ここから奥白根への登りになります。

こちらは北斜面なので一面凍りついています。

こちらは北斜面なので一面凍りついています。

山頂は記念撮影でやや混雑。看板だけ撮らせてもらいます。

山頂は記念撮影でやや混雑。看板だけ撮らせてもらいます。

かすかに富士山(?)が見えました。

かすかに富士山(?)が見えました。

頂上は広いです。風も比較的穏やか。

頂上は広いです。風も比較的穏やか。

非難小屋へ向かう途中、犬の散歩をしている人が通り過ぎて行きました。どうやって登ったんだろう?

非難小屋へ向かう途中、犬の散歩をしている人が通り過ぎて行きました。どうやって登ったんだろう?

下り易いザレ場。

下り易いザレ場。

非難小屋から前白根に向かいます。

非難小屋から前白根に向かいます。

樹氷が剥がれ落ちています。

樹氷が剥がれ落ちています。

前白根は吹きさらしの尾根で風が強い。長くいると寒いです。

前白根は吹きさらしの尾根で風が強い。長くいると寒いです。

行きのルートと合流。氷が完全に解けて風景変わっています。

行きのルートと合流。氷が完全に解けて風景変わっています。

いろは坂の明智平より

いろは坂の明智平より

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。