若葉台駅から黒川と小野路の谷戸へ

2015.11.21(土) 10:28 - 2015.11.21(土) 14:50
Tama, Yokoyamanomichi (Tokyo, Kanagawa)
天気予報では連休中晴れるのは今日だけ、若葉台駅からよこやまの道を防人見返りの峠の先までたどり川崎側(東南)に尾根を下り、川崎市黒川地区と町田市の小野路地区の谷戸をめぐりました。 若葉台駅の改札を出て左に歩き、左手のエスカレーターで上にあがり、バスターミナルの方に歩く。 左手に見えるフレスポ若葉台の入口を入り、建物の中を通り抜け、更に進み信号を渡る。 左手に緑地を見ながら坂を登り、緑地が切れた後のマンションの駐車場脇を左に折れる小径に入る。 小径の左手に緑地の斜面を見ながら坂を登り、更に信号を渡って坂を登り切った所の左手がよこやまの道の東端の丘の上広場です。 後は道標に沿って防人見返りの峠を越えて、坂を下って右手の「マムシ、スズメバチ注意」と書いてあるホウノキの前の道を左に入り尾根を下ります。 雑木林のなかを南東に下ると入り谷戸の奥に出ます。道なりに入り谷戸を南東に下り、二つのビニールハウスの間の道を南西に歩き、七ツ谷戸を右手に見て明治大学黒川農場裏の道を西に歩きます。 国士館大学競技場下の谷戸を右手に見て南に歩き、小野路給水所を左手に見て管理棟前の道を東に入り、道なりに坂を東に下り別所交差点を渡ります。 前に大犬久保谷戸を見て左手の布田道を東に歩き、次の分岐を右の妙桜寺への道を笠松谷戸に沿って北に歩けば恵泉女学園大学教育農場を経て妙桜寺の駐車場でよこやまの道と合流します。 後はよこやまの道の道標に沿って一歩杉公園まで歩き、尾根幹線道路沿いのファミレス和食さとで遅い昼食を食べ、一歩杉公園バス停からバスで多摩センターにでました。 谷戸めぐりの道は間違い易いので下記の地図を参考にして下さい。 http://www.keio.co.jp/area/satochi_satoyama/pdf/keioline_P08-P09.pdf

写真

ニシキギの紅葉、真っ赤に紅葉しています。葉を落とさずに残っているのが少なくなっています。

ニシキギの紅葉、真っ赤に紅葉しています。葉を落とさずに残っているのが少なくなっています。

丘の上広場近くから見た富士山、雪を頂いた富士山が綺麗です。

丘の上広場近くから見た富士山、雪を頂いた富士山が綺麗です。

ホウノキの落ち葉、ホウノキの下は大きな落ち葉がいっぱい落ちています。

ホウノキの落ち葉、ホウノキの下は大きな落ち葉がいっぱい落ちています。

ホウノキの冬芽、葉がすべて落ちても先っぽの冬芽が残ります。

ホウノキの冬芽、葉がすべて落ちても先っぽの冬芽が残ります。

黒川の谷戸、入り谷戸。よこやまの道を下りて入り谷戸に入ります。振り向くとこの様な風景です。

黒川の谷戸、入り谷戸。よこやまの道を下りて入り谷戸に入ります。振り向くとこの様な風景です。

キクの花、ピンク色のキクの花が綺麗です。

キクの花、ピンク色のキクの花が綺麗です。

丹沢の山塊と富士山、小野路給水所手前から眼下の谷戸と丹沢の山塊が一望できます。

丹沢の山塊と富士山、小野路給水所手前から眼下の谷戸と丹沢の山塊が一望できます。

大犬久保谷戸、別所交差点の西側、布田道沿いの谷戸です。

大犬久保谷戸、別所交差点の西側、布田道沿いの谷戸です。

クロガネモチの実、布田道沿いに大きなクロガネモチの木があります。

クロガネモチの実、布田道沿いに大きなクロガネモチの木があります。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。