絶好の登山日和の霧ヶ峰(1日目)(車山肩⇒車山⇒車山湿原⇒八島ヶ原湿原⇒車山肩)

2015.11.21(土) 10:52 - 2015.11.21(土) 14:56
霧ヶ峰(1日目)・・・明日は美ヶ原へ 7:40自宅⇒鳴海IC⇒諏訪IC⇒ビーナスライン⇒車山肩駐車場(レストランチャプリン) 今日は3週間ぶりの登山。しかも絶好の登山日和に巡り合えました。ワクワク気分です。 11:00車山に向かって出発。ゆっくりと斜度を楽しみながら歩いていると、もう山頂。 そっして何と、あんなに近くに富士山まで綺麗に見えました。改めて来て良かったという気分です。 しかし、車山乗越で蝶々深山へ向かうつもりが何故か車山湿原を経由してまたもや車山肩へ来てしまいました。 しようがなくそこで昼食をとり、気を取り直して新経路で沢渡経由八島ヶ原湿原を一周しました。そして三度目の車山肩へ。ガックリ気分です。 その後、車で移動して”音無の湯”でまったりとした後、美ヶ原へ車を走らせました。

写真

車山肩駐車場 なんと20℃(ホンマかいな) 温か過ぎでは

車山肩駐車場 なんと20℃(ホンマかいな) 温か過ぎでは

車山肩駐車場 後ろはレストランチャプリン

車山肩駐車場 後ろはレストランチャプリン

写真左の草むらから登りだします

写真左の草むらから登りだします

車山肩駐車場 結構止まっています

車山肩駐車場 結構止まっています

レストランチャプリンを見下ろす

レストランチャプリンを見下ろす

ゆるい登坂路

ゆるい登坂路

適度なガレ道

適度なガレ道

晴天

晴天

富士山 みごと

富士山 みごと

気象レーダードームが見えてきました

気象レーダードームが見えてきました

車山 三角点

車山 三角点

気象レーダードーム

気象レーダードーム

ここでも富士山を撮ります

ここでも富士山を撮ります

車山神社

車山神社

お参りしました お賽銭も投げました

お参りしました お賽銭も投げました

車山乗越へ向かいます

車山乗越へ向かいます

階段は止めます

階段は止めます

左へ

左へ

車山乗越到着

車山乗越到着

ここで道を間違え車山肩へ向かってしまったのです【通行止め方向】

ここで道を間違え車山肩へ向かってしまったのです【通行止め方向】

良い道ですからツイ

良い道ですからツイ

木道もしっかりしていました(最初は)

木道もしっかりしていました(最初は)

木道はほとんど壊れています 雨上がりでドロ沼化多数 しかしなにも疑わず突き進みます

木道はほとんど壊れています 雨上がりでドロ沼化多数 しかしなにも疑わず突き進みます

ころぼっくるひゅって

ころぼっくるひゅって

バイオトイレ 綺麗です ここで車山肩に戻ってきたことに気づく ショック

バイオトイレ 綺麗です ここで車山肩に戻ってきたことに気づく ショック

気を取り直して”沢渡り・八島ヶ原湿原”方面へ向かうことにした

気を取り直して”沢渡り・八島ヶ原湿原”方面へ向かうことにした

雨の後なので結構滑る

雨の後なので結構滑る

園地へ向かう

園地へ向かう

苔生している

苔生している

大きなシダ 靴もカメラストラップも写っていますヨ

大きなシダ 靴もカメラストラップも写っていますヨ

笹をかきわけ進む 不安がよぎる もう少し行ったところで引き返しました

笹をかきわけ進む 不安がよぎる もう少し行ったところで引き返しました

苔の接写 不安のためピンボケ

苔の接写 不安のためピンボケ

マンモスは寝ている♪①  あれはライオンか?

マンモスは寝ている♪①  あれはライオンか?

マンモスは寝ている♪②

マンモスは寝ている♪②

八島ヶ原湿原

八島ヶ原湿原

沢渡 沢を渡ります(立派なコンクリートの橋で)

沢渡 沢を渡ります(立派なコンクリートの橋で)

アスファルト道を行きます

アスファルト道を行きます

広い砂利道

広い砂利道

霧が出てきました さすが霧ヶ峰①

霧が出てきました さすが霧ヶ峰①

さすが霧ヶ峰②

さすが霧ヶ峰②

奥霧小屋

奥霧小屋

木道が続きます

木道が続きます

鎌ヶ池

鎌ヶ池

さすが霧ヶ峰③

さすが霧ヶ峰③

さすが霧ヶ峰④

さすが霧ヶ峰④

八島ヶ池

八島ヶ池

さすが霧ヶ峰⑤

さすが霧ヶ峰⑤

逆光

逆光

悪路 ぬかるみ多し

悪路 ぬかるみ多し

さすが霧ヶ峰⑥ 右上に気象レーダードームに霧が襲いかかる

さすが霧ヶ峰⑥ 右上に気象レーダードームに霧が襲いかかる

気をつけないと滑る

気をつけないと滑る

さすが霧ヶ峰⑦

さすが霧ヶ峰⑦

車山肩のレストランチャプリンが見えてきました

車山肩のレストランチャプリンが見えてきました

車で”音無の湯”へ向かう途中のビーナスラインで霧に覆われていく下界①

車で”音無の湯”へ向かう途中のビーナスラインで霧に覆われていく下界①

車で”音無の湯”へ向かう途中のビーナスラインで霧に覆われていく下界②

車で”音無の湯”へ向かう途中のビーナスラインで霧に覆われていく下界②

車で”音無の湯”へ向かう途中のビーナスラインで霧に覆われていく下界③

車で”音無の湯”へ向かう途中のビーナスラインで霧に覆われていく下界③

道具リスト

  • P.F. 46

    SIRIO

  • ストーム クルーザー

    mont-bell

  • HeronCrest40L55892510-02910

    MAMMUT

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。