鳴子山のオオヤマレンゲ(東尾根ピストン)

2018.06.12(火) 08:10 - 2018.06.12(火) 14:21
オオヤマレンゲの清楚で純白な花の姿は森の貴婦人、天女花とも称される。 日本では、本州の関東以西と四国、九州に自生地が見られる。 これまで阿蘇や英彦山では何度も見ているが、鳴子山のオオヤマレンゲは見る機会がなかった。 そこでまだ歩いたことの無かった鳴子山東尾根とセットでオオヤマレンゲ鑑賞登山を計画した。 登山口:レゾネイトクラブくじゅう(一番水登山口) 「レゾネイトクラブくじゅう」さんの第3駐車場は宿泊者以外の登山者にも無料開放されています。 鳴子山東尾根:標高差500mほど樹林帯を急登する。樹林帯を超えると岩尾根になり斜度は緩くなる。目印テープは十分にあります。 オオヤマレンゲの見頃は4~5日とのこと。枯れた花もありますがつぼみも結構あります。

写真

レゾネイト登山口からスタート。
今から登る鳴子山東尾根が正面に見えている。

レゾネイト登山口からスタート。 今から登る鳴子山東尾根が正面に見えている。

東尾根分岐点には標識はないが、目印テープがたくさん付いている。くたみ岐れから200mほどの地点。

東尾根分岐点には標識はないが、目印テープがたくさん付いている。くたみ岐れから200mほどの地点。

初めは植林地の登り。

初めは植林地の登り。

地形図通りの急登!

地形図通りの急登!

気温が低いのが救い。

気温が低いのが救い。

明るい落葉樹に代わるが急登は変わらず。

明るい落葉樹に代わるが急登は変わらず。

展望が少し開けた。
登山口が見える。

展望が少し開けた。 登山口が見える。

標高1400m付近から高木が姿を消してミヤマキリシマなどの背丈の低い灌木類が増える。
前日の雨後なので黒土が滑りまくる!

標高1400m付近から高木が姿を消してミヤマキリシマなどの背丈の低い灌木類が増える。 前日の雨後なので黒土が滑りまくる!

最初の岩峰を越すと急登は終了する。

最初の岩峰を越すと急登は終了する。

麓からは青空も見えたが山頂付近はガッスガス!

麓からは青空も見えたが山頂付近はガッスガス!

ドウダンの多い尾根だ。

ドウダンの多い尾根だ。

ミヤマキリシマはとうに終了した様だ。

ミヤマキリシマはとうに終了した様だ。

赤みの強いドウダン。

赤みの強いドウダン。

次々と小ピークが出てきてなかなか山頂に到着しない。

次々と小ピークが出てきてなかなか山頂に到着しない。

コケモモ

コケモモ

コケモモ、小さな花だがマクロでみると可愛い。

コケモモ、小さな花だがマクロでみると可愛い。

振り返り見る。

振り返り見る。

ドウダン落花。

ドウダン落花。

星生山の岩尾根に似ている。

星生山の岩尾根に似ている。

さっき越えたピークを振り返る。

さっき越えたピークを振り返る。

鳴子山山頂到着!

鳴子山山頂到着!

ほとんど枯れたミヤマキリシマ。

ほとんど枯れたミヤマキリシマ。

鈴なりのドウダンツツジ。

鈴なりのドウダンツツジ。

山頂から稲星方面に少し進むと本日初めてのご対面。

山頂から稲星方面に少し進むと本日初めてのご対面。

つぼみも可愛い。

つぼみも可愛い。

控えめなミヤマキリシマもいい。

控えめなミヤマキリシマもいい。

大岩

大岩

オールグリーンの自然庭園。

オールグリーンの自然庭園。

岩屋。
初めての登山路は次々に出会いがあって楽しい。

岩屋。 初めての登山路は次々に出会いがあって楽しい。

ナナカマドがよく目についた。

ナナカマドがよく目についた。

稲星山と鳴子山の鞍部。通行規制が行われている。

稲星山と鳴子山の鞍部。通行規制が行われている。

稲星山山腹の崩壊地。
この崩壊が登山道を巻き込んでるようだ。

稲星山山腹の崩壊地。 この崩壊が登山道を巻き込んでるようだ。

下山は白口岳から下る予定だったが、東尾根以上に滑るのではないかと考えて東尾根ピストンに変更する。

下山は白口岳から下る予定だったが、東尾根以上に滑るのではないかと考えて東尾根ピストンに変更する。

大岩とミヤマキリシマ一株。

大岩とミヤマキリシマ一株。

上りと下りでは視点が違うようで、上りでは見つからなかった花が沢山見つかった。

上りと下りでは視点が違うようで、上りでは見つからなかった花が沢山見つかった。

同じ写真の羅列に見えても、それぞれ微妙に表情が違うと本人は思っているのだが・・

同じ写真の羅列に見えても、それぞれ微妙に表情が違うと本人は思っているのだが・・

こんな地味なミヤマのある風景も好きだ。

こんな地味なミヤマのある風景も好きだ。

白口岳

白口岳

稲星山

稲星山

崩壊地

崩壊地

直下に登山口が見える

直下に登山口が見える

爽快な風景を楽しみつつ下山する。

爽快な風景を楽しみつつ下山する。

稲星山と鳴子山

稲星山と鳴子山

白いドウダン

白いドウダン

初めての東尾根、存分に楽しませてもらいました。
明日はササユリさんに会いたくて大崩山へ。

初めての東尾根、存分に楽しませてもらいました。 明日はササユリさんに会いたくて大崩山へ。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。