気の向くまま槇尾山。トラ尾~側川渓~八ヶ丸山

2015.11.20(金) 14:30 - 2015.11.20(金) 17:38
Makiosan, Izumikatsuragisan (Wakayama, Osaka)
運動不足でモヤモヤしていたので、思い立ったが吉日、ターッっとバイクを走らせて槇尾山へ。 根来谷から行こうと思ったが、面白くないので谷からそれてしまいバリーエーションルートで四苦八苦。 方向は間違ってないので、迷うということは無いが等圧線の割に激登りで、薮漕ぎが延々と続くので汗びっしょり。 何とかトラ尾にとりつき、五つ辻まで行かずに清水の滝へ。 人智開明の滝から八ヶ丸山。 八ヶ丸山は未踏だったが、青少年の家の施設っぽくて公園のよう。 ローラー滑り台は子供が喜びそうだ。 展望台からの眺めはなかなかのもの。 下まで降りた時にはもう真っ暗だった。

写真

魔が差し、根来谷からそれる

魔が差し、根来谷からそれる

テープは入口だけだった

テープは入口だけだった

ひたすらバリエーションで急登のうえ、巨岩が立ちはだかる

ひたすらバリエーションで急登のうえ、巨岩が立ちはだかる

やっと踏み跡らしい道に取りつく

やっと踏み跡らしい道に取りつく

看板だ。ホッと一息

看板だ。ホッと一息

グリーンランド方面へ

グリーンランド方面へ

五つ辻へ

五つ辻へ

トラ尾は明るくて良い

トラ尾は明るくて良い

トラ尾の途中の休憩場。ここで清水の滝方面に下りることに決める

トラ尾の途中の休憩場。ここで清水の滝方面に下りることに決める

空気がきれいなので眺めが良い

空気がきれいなので眺めが良い

激下りの末、清水の滝が見えた。三段の連瀑であることを確認

激下りの末、清水の滝が見えた。三段の連瀑であることを確認

雨上がりなので足元が滑り易く、油断できない

雨上がりなので足元が滑り易く、油断できない

清水の滝。今日はそこそこ水量がある

清水の滝。今日はそこそこ水量がある

三段の連瀑

三段の連瀑

少しアップ

少しアップ

どアップ

どアップ

上の方にズームイン

上の方にズームイン

少しい引いた方が絵になる

少しい引いた方が絵になる

「シミズ」ではない「キヨズ」だ

「シミズ」ではない「キヨズ」だ

清水の滝から開明の滝までの沢沿いは危険だ

清水の滝から開明の滝までの沢沿いは危険だ

ロープの連続。足元は濡れた落ち葉で滑り易い

ロープの連続。足元は濡れた落ち葉で滑り易い

雰囲気は良い

雰囲気は良い

渡渉

渡渉

開明の滝の手前。ここもだいぶ危険

開明の滝の手前。ここもだいぶ危険

いつ見ても良い空間

いつ見ても良い空間

滝業してそうな滝

滝業してそうな滝

看板は惨めな姿に

看板は惨めな姿に

側川渓終わり

側川渓終わり

側川渓の駐車場

側川渓の駐車場

側川渓駐車場から登山道に向かって。時間は無いが何となく八ヶ丸山方面に向かう。

側川渓駐車場から登山道に向かって。時間は無いが何となく八ヶ丸山方面に向かう。

船底?

船底?

兜卒岳と卒塔婆峰

兜卒岳と卒塔婆峰

焼山と兜卒岳

焼山と兜卒岳

夕日が当たってキレイ

夕日が当たってキレイ

蔵岩、槇尾山、猿子城山?、上山??

蔵岩、槇尾山、猿子城山?、上山??

蔵岩アップ

蔵岩アップ

地図に無い山名の看板

地図に無い山名の看板

途中ベンチは多い

途中ベンチは多い

ベンチからの眺めは秀逸

ベンチからの眺めは秀逸

あれ?ここなに??

あれ?ここなに??

これがグリーンランドのようだ

これがグリーンランドのようだ

激登り階段はきつかった

激登り階段はきつかった

ローラー滑り台。恐そう。。

ローラー滑り台。恐そう。。

子供にはいいが、一度降りたらもう一回滑りに来るのが苦痛

子供にはいいが、一度降りたらもう一回滑りに来るのが苦痛

展望台はもう少しゴリラ

展望台はもう少しゴリラ

蔵岩が良く見える。槇尾山もついでに良く見える。

蔵岩が良く見える。槇尾山もついでに良く見える。

展望台の下の広場

展望台の下の広場

芸術的な展望台

芸術的な展望台

工事大変やったやろな~

工事大変やったやろな~

良い眺めだ

良い眺めだ

暗くなってきた

暗くなってきた

望遠鏡もある。実際使える。

望遠鏡もある。実際使える。

岩湧山がお目見え

岩湧山がお目見え

三国山方面

三国山方面

関空

関空

お疲れクマ。ちょっと恐い

お疲れクマ。ちょっと恐い

夕焼けが美しい

夕焼けが美しい

展望台全貌

展望台全貌

もう暗い。ローラー滑り台の下

もう暗い。ローラー滑り台の下

暗闇からゴリラ。ものすごくビックリした

暗闇からゴリラ。ものすごくビックリした

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。