山羊戸渡~三枚岩~旧北ドントリッジ

2015.11.20(金) 09:14 - 2015.11.20(金) 15:53
地図に道が載ってなくて気になるところ、三箇所にまとめて行ってみました。 最初の山羊戸渡は、単にしんどいだけの道でした。 眺望もなく、最初は激登り。 日頃の運動不足を一気に解消したい、そんな人向きかと。 地図に名前は載ってるものの、どこから近寄ればいいのかさっぱり分からない三枚岩。 ネットでもかなり検索したんですが、非常に情報不足。 適当なところから薮漕ぎ。 やっとの思いでたどり着いたのは、三枚岩の一番南西の端。 岩の全高、真ん中ぐらいでした。 全貌を確認したかったのですが、足のすくむような岩場。 少しトラバースしたりよじ登ったりするのが精一杯でした。 それでも目標にしていた天狗岩場によじ登り、眺望を堪能することができました。 恐怖を忘れた頃に再訪してみたいと思います。 とはいえ、かなり危険です。 おすすめできません。 岩はもろく、取り付いて命をあずけるには頼りなさ過ぎます。 三枚岩から一般道(?)に合流。 そのまま下ってしまおうかと思ったんですが、一度迷ったルートなので、リベンジということで新穂高に登りました。 そして、旧北ドントリッジ。 この時間帯に登りはキツかった~ 道自体はなかなか味のあるいいルートです。 地図には載ってないものの、テープと北ドントオリジナルの石標で安心して歩くことができます。 ただし、最後の方は分岐らしきものが二箇所あり、テープ等もなくなって少し不安でした。 降りてきたところは森林公園。 有料なんだけど^^; その森林公園の迷路のような道で疲れ果て、公園の無料送迎バスに便乗して北鈴蘭台駅へと下りました。

写真

アイスロードはまだ通行止めですね。

アイスロードはまだ通行止めですね。

ここが登山道入口。

ここが登山道入口。

登山道って言っても、最初は沢と沢の間の尾根を登るんですが。

登山道って言っても、最初は沢と沢の間の尾根を登るんですが。

かなり急です。

かなり急です。

ロープでちょっと垂直下り。

ロープでちょっと垂直下り。

振り返ることこんな感じ。
面白そうなんでよじ登ってみたら崩れました。
もろい岩質。

振り返ることこんな感じ。 面白そうなんでよじ登ってみたら崩れました。 もろい岩質。

穂高湖で写真撮るとなるとこの構図しかないw

穂高湖で写真撮るとなるとこの構図しかないw

このあたりに来るとシェール槍はスルーできません。

このあたりに来るとシェール槍はスルーできません。

穂高湖の堰堤。
なんとなく風景に馴染んでます。

穂高湖の堰堤。 なんとなく風景に馴染んでます。

シェール道、いい雰囲気です。

シェール道、いい雰囲気です。

この地図にも三枚岩が載ってる。

この地図にも三枚岩が載ってる。

暖かくなったら遡行してみたい沢です。

暖かくなったら遡行してみたい沢です。

三枚岩を求めて山中をさまよってたら、オーバーハングした数メートルの崖が。
この上が三枚岩?

三枚岩を求めて山中をさまよってたら、オーバーハングした数メートルの崖が。 この上が三枚岩?

三枚岩の端っこ。
真ん中ぐらいの高さのとこに出てきました。
怖い。

三枚岩の端っこ。 真ん中ぐらいの高さのとこに出てきました。 怖い。

怖い。

怖い。

怖い。

怖い。

あっちにトラバースしたら登れそう。

あっちにトラバースしたら登れそう。

天狗岩場が見えて来ました。

天狗岩場が見えて来ました。

ここに来たかったんだぁ。
上からでも来れるんですけどね^^;

ここに来たかったんだぁ。 上からでも来れるんですけどね^^;

水道施設の廃墟?

水道施設の廃墟?

その横、ガードレールに旧北ドントリッジの表示が極小でw

その横、ガードレールに旧北ドントリッジの表示が極小でw

この時間帯に登りはキツい。

この時間帯に登りはキツい。

痩せ尾根が楽しいです。

痩せ尾根が楽しいです。

切り込みが道の方向だそうです。

切り込みが道の方向だそうです。

森林公園の売店でたまらずビール。
疲れたんで、無料送迎バスに乗ります。

森林公園の売店でたまらずビール。 疲れたんで、無料送迎バスに乗ります。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。