馬越峠その2 便石山、象の背、馬越峠、馬越公園、銚子川、キャンプ場

2022.10.02(日) 日帰り

活動データ

タイム

06:57

距離

11.8km

上り

1052m

下り

1056m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 57
休憩時間
1 時間 22
距離
11.8 km
上り / 下り
1052 / 1056 m
5
1 14
1 11
24
49
45

活動詳細

すべて見る

日の出前には目覚めたものの、久々のテント設営等でちょっと腰が重い。 今日も良い天気。ゆっくりコーヒーを飲み、朝食もがっちり。特に急ぐ行程でもないので、08:27キャンプ場を出発。5分で便石山登山口に到着。意外と山肌が近く感じられ、急登の予感。 本日、初めて登山にポールを使用。使い方はYouTubeで学習済。実際使ってみるとすぐなじんだ。北国出身で小さい頃からスキーのストックを握ってたので、意識しなくても的確に動かせた(と思う)。ポール使用の利点は、身体のバランスを早期に修正できるので、無理に踏んばることも少なくなり身体にたまるダメージが減ること、また、登りでは身体を起こした姿勢になること、もちろん登坂力に腕力も加わりリズムカルに登れるのでスピードが上がることなど。実際、自分でも心配になるくらいよいペースで進めたので、少し抑え気味にした。今後はなくてはならないものになりそう。 10時前に便石山頂上に到着。ここは眺望ないが少し開けたスペースがある。早く象の背に行きたかったが、学生のグループが先着してるので小休止。落ち着いたところで象の背方向へ。手前にもビューポイントあり、充分な絶景が見られ、ここでは絶景を独り占め。象の背に行くとまだ学生グループが休んだりしてたが、声を掛け合い象の背を空けてくれる。ザックを降ろして、まずは高度感を味わいつつ前に進んでみる。思っていたより怖くはなかった。足もとから始まる景色はまさに絶景。いったん根元に戻り、2回目は動画を撮りながら進む。緊張感はより高まったが、良い体験ができた。次のグループも到着したので、学生グループに礼を述べ撤退。 頂上の下の分岐から馬越峠方面へ。こちらは更に階段が多く、しかも一段一段が高い。途中、象の背ににいる人の声は聞こえたが、象の背や人の姿は見えなかった。 約70分で馬越峠の茶屋跡に到着。パンとコーヒーで昼食をとり、ベンチでゆっくり休憩。 ここから馬越峠を尾鷲市方面に下る。石畳みの道もあるが、乾いているところが多くほとんど滑る箇所はない。清流と並行しているところもあり、趣もある。25分で登山口の馬越公園に到着。これで馬越峠の熊野古道を踏破。コーラで祝杯したかったが、自販機はなし。少し街の方面に下ってもみたが、自販機は見当たらず、馬越公園に戻り、そのまま馬越峠に折り返す。気温も上がり、さすがにばててきたが、ポールの力も借りて気がついたら茶屋跡まで来ていた。しばし休み、昨日苦労した石畳みの下りへ。ここでもポールが活躍。3点で重心を安定させ、割とスムーズに下山。昨日より10分早かった。 鷲下登山口からは銚子川沿いに平地を約2km歩き、最後は車は通れない吊橋を渡ってキャンプ場に戻った。 その後は、車で尾鷲市の温泉に行くので精一杯。夕食作りは諦めコンビニの弁当で済ませ、山歩きの余韻に浸りながらワインで祝杯。 【補足】 ・サイクリング用のグローブをはめていたので、  ポールを握りやすかった。 ・馬越公園にはトイレと駐車場あり。水飲み場も  あるが、あまり使われてないのか不味い。展望  台もあるが展望はなし。桜の季節ならよいかも ・水は1.5L携行。全て消費。最後の平地歩き時  自販機でコーラ購入。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。