YAMAP アンドロイド・アプリを使って信貴山参詣道を歩く

2015.11.16(月) 08:56 - 2015.11.16(月) 11:14
Yanhoo地図アプリの紅葉情報が「見ごろ」になっていたので、雨の止むのを待って紅葉狩りに行ってきました。往路の恩智越ハイキングコース展望台までを記録しています。 使用端末 Xperia Acro HD(SO-03D) Android 4.0.3(ICS) SIMカードは解約済みのもの 記録中は端末をフライトモードにしています。 記録取得後のバッテリー残量は81%でした。(スタート時、98%) ハイキング道に入って直ぐの樹林帯で位置情報の更新がストップしていました。しばらくすると追従するようになりましたが、その後も何か所かで、地図へのルート表示が遅れていました。端末の性能によって、レンダリングが追いついていないのかもしれません。スタート時に大きな乱れが生じて、ログが飛んだようになっています。また、カシミールで読み込ませたところ、位置情報の記録間隔が一定していません。よって正確な位置情報を期待することはできないようですね。 この結果、要望として以下の点を挙げておきます。 その1 測位衛星からの情報を記録する間隔を任意で設定できるようにすること。 (最短は1秒ですが、短く過ぎてもバッテリー消費が多くなるだけですので、簡易的なものでいいでしょう。) その2 記録をアップロードする前に、異常なログをクリーニングするような機能を付加すること。 いずれも有料の追加機能でいいと思います。 追記)2015.11.29 異常なログを削除して、軌跡の乱れを除去しました。YAMAPの「軌跡の追加・編集」機能を使用

写真

信貴山口駅に立ち寄りました。高安山のレーダーが見えています。

信貴山口駅に立ち寄りました。高安山のレーダーが見えています。

八尾市内を見下ろします。

八尾市内を見下ろします。

ここからハイキング道の山道が始まります。

ここからハイキング道の山道が始まります。

YAMAPのスクショ1 ハイキング道の入口にて。

YAMAPのスクショ1 ハイキング道の入口にて。

YAMAPのスクショ2 山道に入るとGPSを見失ったようです。

YAMAPのスクショ2 山道に入るとGPSを見失ったようです。

背よりも高い笹が道の両側に生えていました。

背よりも高い笹が道の両側に生えていました。

道は草刈されていますが、一人がやっと通れる幅です。

道は草刈されていますが、一人がやっと通れる幅です。

見通しの悪い道で、足元も前日までの雨でじゅくじゅく。

見通しの悪い道で、足元も前日までの雨でじゅくじゅく。

ようやく広い場所にでました。この大岩は休憩ポイントです。

ようやく広い場所にでました。この大岩は休憩ポイントです。

岩谷道との分岐に立つ道標(古いものです)

岩谷道との分岐に立つ道標(古いものです)

木橋を渡ります。

木橋を渡ります。

この辺りは古道の面影が色濃く残っています。

この辺りは古道の面影が色濃く残っています。

恩智越ハイキングコースへのバイパスルートと合流しました。

恩智越ハイキングコースへのバイパスルートと合流しました。

恩智越のハイキングコースへ向かいます。

恩智越のハイキングコースへ向かいます。

急斜面を九十九折れで下っていきます。

急斜面を九十九折れで下っていきます。

道幅は広いですが、両側にトラロープ。中央に岩があって、滑ります。

道幅は広いですが、両側にトラロープ。中央に岩があって、滑ります。

展望台に到着。恩智の街並みがよく見えました。

展望台に到着。恩智の街並みがよく見えました。

紅葉にはまだ少し早いようです。

紅葉にはまだ少し早いようです。

100均グッズで固めたランチセット。定番の自作おにぎりです。

100均グッズで固めたランチセット。定番の自作おにぎりです。

道具リスト

  • コンパクトデジタルカメラXP70YイエローFFX-XP70Y

    FUJIFILM

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。