マイナーな山【新造地山】・【摺滝山】へ😃

2022.09.29(木) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 56
休憩時間
21
距離
8.8 km
上り / 下り
642 / 642 m
1 23
1
1 2

活動詳細

すべて見る

最近、百名山ばかり登ってて、歩きやすい山ばかりでしたので、また誰も登ってない未知の山に登りたくなりました。 今回のルート、作業道が上りは頂上付近まで、下りは途中まで有り、それ以外は荒れた藪道かと覚悟をしてたら、作業道も荒れてました。😭 注)まともな方の登る山(ルート)ではありません。レポートは見るだけに。🤣 新増地山は過去に老猿さんが登られてますが、摺滝山は未登かと思ってたら、何と頂上にピンクテープ着いてきてました。👀‼️ 新しい造成地ではないのに、新造地山。近くに滝はおろか川などが無いのに摺滝山。名前の由来が気になります。❓️

女亀山 スタートは女亀山登山口と同じ所です。😊
スタートは女亀山登山口と同じ所です。😊
女亀山 女亀山登山口から少し戻って、ここを左(北)に歩きます。
女亀山登山口から少し戻って、ここを左(北)に歩きます。
女亀山 一軒だけある民家の横を越えしばらく歩くと、荒れた車道(作業道)になります。
この作業道を頂上付近まで歩きます。
一軒だけある民家の横を越えしばらく歩くと、荒れた車道(作業道)になります。 この作業道を頂上付近まで歩きます。
女亀山 藪はすぐ無くなり、杉林の道になります。🎵
藪はすぐ無くなり、杉林の道になります。🎵
女亀山 又荒れてきました。
又荒れてきました。
女亀山 良くなりました。😀
こんな良い道半分、藪道半分でした。
良くなりました。😀 こんな良い道半分、藪道半分でした。
女亀山 まだ歩きやすいです。
まだ歩きやすいです。
女亀山 元々の作業道はこんな感じ。
元々の作業道はこんな感じ。
女亀山 ここ辺から作業道の終点までは荒れがひどく、草木をかき分け進みます。😱
ここ辺から作業道の終点までは荒れがひどく、草木をかき分け進みます。😱
女亀山 作業道の終点です。
ここから山頂への道(踏み跡)が有りません。😖💦
作業道の終点です。 ここから山頂への道(踏み跡)が有りません。😖💦
女亀山 仕方なく笹藪に突入。
上りなのできついです。☀️😵💦
仕方なく笹藪に突入。 上りなのできついです。☀️😵💦
女亀山 頂上近くの尾根に来ました。
頂上近くの尾根に来ました。
女亀山 今日一番の快適な道です。🎶
今日一番の快適な道です。🎶
女亀山 新造地山の山頂到着。😀
新造地山の山頂到着。😀
女亀山 山頂にあったプレート。
2019年11月に登頂されてます。👀‼️
山頂にあったプレート。 2019年11月に登頂されてます。👀‼️
女亀山 山頂にあった大木。
山頂にあった大木。
女亀山 次は摺滝山です。
木に赤いペンキ、枝に青い荷ヒモ、さらに薄い踏み跡もあります。😊
次は摺滝山です。 木に赤いペンキ、枝に青い荷ヒモ、さらに薄い踏み跡もあります。😊
女亀山 笹藪を避けて杉林を歩きます。
笹藪を避けて杉林を歩きます。
女亀山 杉林が無くなり、又笹藪に突入。🤢
杉林が無くなり、又笹藪に突入。🤢
女亀山 ルートを間違え谷に。
笹の海で散々でした。😭
ルートを間違え谷に。 笹の海で散々でした。😭
女亀山 摺滝山到着。
山頂プレート代わりにピンクテープで。
摺滝山到着。 山頂プレート代わりにピンクテープで。
女亀山 下山途中の眺望。😃
下山途中の眺望。😃
女亀山 作業道目指して下山してます。
作業道目指して下山してます。
女亀山 作業道に出ました。
荒れ放題ですが、元は車が走ってた道です。👀‼️
作業道に出ました。 荒れ放題ですが、元は車が走ってた道です。👀‼️
女亀山 もうすぐです。
もうすぐです。
女亀山 雰囲気が良い景色でしたので一枚😊
雰囲気が良い景色でしたので一枚😊
女亀山 車道に出ました。
車道に出ました。
女亀山 地域歴史博物館の殿敷(旧庄屋、古民家)が有ります。🎵
作木町では一番古い民家で、外回りは見れます。😃
地域歴史博物館の殿敷(旧庄屋、古民家)が有ります。🎵 作木町では一番古い民家で、外回りは見れます。😃

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。