ミヤマ巡り、扇ケ鼻、星生、三俣

2018.06.07

活動詳細

詳しく見る
星生岩尾根のミヤマキリシマを見ることが目的でしたが、 ついでに扇ケ鼻、欲張って三俣山まで足を伸ばしました。 朝、R210の九重町は霧に覆われていて、四季彩ロードを上がってゆくと霧が晴れてきました。 きっと雲海になっているなとうれしい予感。 牧ノ戸峠からチラリ雲海に浮かぶ夜明けの由布岳が目に入る。 展望台まで期待を込めて急ぎ登る。 *地図の写真撮影位置がすべて50分実際地点よりも進んでいます。 デジカメの時間設定がずれてしまっていましたので、ご了解ください<m(__)m>
黎明の風景は刻々と変わる。急ぎ足で展望台まで上がる。 朝焼けの空を背景にして紫色の雲海に浮かぶ双耳峰。 ぎりぎり間に合ったか?
黒岩山方面
沓掛山の尾根突端まで上がると 阿蘇五岳が静かに横たわっている。
長者原と由布岳。 朝いちから心にしみる良い風景に出会えた。
朝露がキラキラ光る。
扇ケ鼻のそばを通るとなかなかの綺麗さ! ちょっと寄り道のつもりが長くなってしまった。
扇ケ鼻山頂部。 つぼみもあり枯れた花もあってピークの度合いは良くわからないが 大変綺麗だ。
九重主峰を背景にして。
山腹の柔らかなカーブに沿って ピンクのマッスが流れてゆく。
湧蓋山と噴煙とミヤマ。
湧蓋山とミヤマ。
祖母山系の山並みとミヤマ。 ちょっと寄り道のつもりがすっかり長くなってしまった。 これから本命の星生山へ。
星生山から先程までいた扇ケ鼻と阿蘇山を望む。
三俣山と由布岳を背景にして。 三俣山も染まっているな~
星生山から扇ケ鼻、阿蘇五岳を一望。
密度の濃いピンクの絨毯。 光の印影が絶妙なコントラストをつけている。
久住山とミヤマ
星生山頂
岩尾根に張り付くように咲くミヤマ。
星生山山頂と登山者。 瞬間的に爽やかなブルースカイ。
星生尾根から。 硫黄山の噴煙とほんのり赤い三俣山、平治岳の山頂部。
星生尾根から。 阿蘇五岳とミヤマ。
星生岩尾根。
星生崎付近から。 平治岳の山頂部は紅をさしたようで可愛い。
星生崎付近から。 三俣山と平治岳と北千里ケ浜。 予定にはなかったが見ていると行きたくなった。 まだ時間も早いので三俣山に行ってみよう。
北千里ケ浜から硫黄山を見上げる。 この一帯は植物の生育もまばらだ。
スガモリ峠の避難小屋は地震被害の修復中だった。
避難小屋から尾根まで急登を一気に登り上がると・・ 目の前に広がる絶景! 登山者の口から感嘆の声が上がる。
三俣山西峰から。 前景と合わせてより豪華に!
大船山はまだかな~ 三俣本峰へは行かず本日はこれでおしまい。 大曲から牧ノ戸峠まで25分歩いて本日の山行終了しました。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。