鹿嵐山-2022-09-23

2022.09.23(金) 日帰り

活動データ

タイム

05:14

距離

6.7km

上り

769m

下り

765m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 14
休憩時間
1 時間 15
距離
6.7 km
上り / 下り
769 / 765 m
2
1
11
1 36
1
19
5

活動詳細

すべて見る

4年ぶり2度目の鹿嵐山(九州百名山)へ 西九州新幹線開業で、おめでたいこの日、 ブルーインパルスも見たかったのですが… 久々の遠征で鹿嵐山(かならせやま)です。 朝の登山口駐車場では生憎の靄で、 少し躊躇しましたが、思いきって登ってきました。 結果、山頂でもやっぱりガス… 万里の長城もガス… のんびり休憩して軽く食事を済ませ、 下山準備をしていたら少しだけガスが晴れました。 こんな日もあるさ… 今日は、これで良しとしましょう…

鹿嵐山 鹿嵐山第一登山口駐車場。
他の車は無し。
少し登ったあたりまでガスに覆われているので、気分がいまいち乗らずダラダラ…
長崎は始発の新幹線も無事出発しただろうか?
そう…ここは立派に圏外でアンテナ0。
予定より30分遅れて出発。
鹿嵐山第一登山口駐車場。 他の車は無し。 少し登ったあたりまでガスに覆われているので、気分がいまいち乗らずダラダラ… 長崎は始発の新幹線も無事出発しただろうか? そう…ここは立派に圏外でアンテナ0。 予定より30分遅れて出発。
鹿嵐山 鹿嵐山第一登山口
鹿嵐山第一登山口
鹿嵐山 お彼岸ですね…
お彼岸ですね…
鹿嵐山 ご挨拶して安全祈願
ご挨拶して安全祈願
鹿嵐山 やっと鹿嵐山雌岳稜線…
登山口からの標高差は430m程ですが、結構急登で堪えます。
前回もこんなにキツかったか??
単なる老化か?...
やっと鹿嵐山雌岳稜線… 登山口からの標高差は430m程ですが、結構急登で堪えます。 前回もこんなにキツかったか?? 単なる老化か?...
鹿嵐山 鹿嵐山(雌岳)(730m)山頂。
※眺望無し(有ってもガス…)
登りの無事御礼と下りの安全祈願。
鹿嵐山(雌岳)(730m)山頂。 ※眺望無し(有ってもガス…) 登りの無事御礼と下りの安全祈願。
鹿嵐山 雄岳との鞍部分岐まで下り、雄岳へ登り返し…
雄岳との鞍部分岐まで下り、雄岳へ登り返し…
鹿嵐山 立派な蜘蛛の巣。 
台風後まだ誰も歩いてないようでスタートからゴールまでの間、相当数の蜘蛛の巣が有りました。
立派な蜘蛛の巣。 台風後まだ誰も歩いてないようでスタートからゴールまでの間、相当数の蜘蛛の巣が有りました。
鹿嵐山 鹿嵐山(雄岳)(757.8m)山頂。※九州百名山。
眺望可能なのですが、今日はガスで真っ白です。
台風の影響でしょうか?、標識は倒れていました。応急処置はこんな向きで良かったですか?
鹿嵐山(雄岳)(757.8m)山頂。※九州百名山。 眺望可能なのですが、今日はガスで真っ白です。 台風の影響でしょうか?、標識は倒れていました。応急処置はこんな向きで良かったですか?
鹿嵐山 鹿嵐山(雄岳)山頂の一等三角点(点名:鹿嵐山)
鹿嵐山(雄岳)山頂の一等三角点(点名:鹿嵐山)
鹿嵐山 激下り…
ここら辺りは前回も驚いた記憶がある。
激下り… ここら辺りは前回も驚いた記憶がある。
鹿嵐山 ここから↖へ寄り道。
万里の長城から見える岩場へ。
どうせガスですが…
危険があれば引き返すつもりで...
踏み跡とリボンは有りました。
ここから↖へ寄り道。 万里の長城から見える岩場へ。 どうせガスですが… 危険があれば引き返すつもりで... 踏み跡とリボンは有りました。
鹿嵐山 見えてきた…
断崖の近くを正面へ進みます。
岩が割と乾燥していてコケも無いので思っていたほど危険では無さそう…
でも滑落したら命は無い高さです。
見えてきた… 断崖の近くを正面へ進みます。 岩が割と乾燥していてコケも無いので思っていたほど危険では無さそう… でも滑落したら命は無い高さです。
鹿嵐山 もう少し…
あの木の右側を進む…
右下は何十メートルだろう…
ガスのおかげで恐怖感が少し和らぐ…
もう少し… あの木の右側を進む… 右下は何十メートルだろう… ガスのおかげで恐怖感が少し和らぐ…
鹿嵐山 岩の先端まで来たが、万里の長城側はガスで見えない。
落ち着かないのですぐに引き返します。
岩の先端まで来たが、万里の長城側はガスで見えない。 落ち着かないのですぐに引き返します。
鹿嵐山 分岐まで戻った後、万里の長城。 
左を見ると…
分岐まで戻った後、万里の長城。  左を見ると…
鹿嵐山 先ほど立った岩が中央億に薄っすらと見えます。
のんびり休憩して軽く食事を済ませ、
下山準備をしていたら少しずつガスが晴れだし…
先ほど立った岩が中央億に薄っすらと見えます。 のんびり休憩して軽く食事を済ませ、 下山準備をしていたら少しずつガスが晴れだし…
鹿嵐山 15分後にはここまで見えた。
先程中央の岩の上に立っていました。何と恐ろしい…
そして右手を見ると…
15分後にはここまで見えた。 先程中央の岩の上に立っていました。何と恐ろしい… そして右手を見ると…
鹿嵐山 奥にP589の双耳峰も見えてきた。
ねこ山と呼ばれているらしい。
今日はガスで諦めていましたが、少し晴れたので、これから登ってみます。
奥にP589の双耳峰も見えてきた。 ねこ山と呼ばれているらしい。 今日はガスで諦めていましたが、少し晴れたので、これから登ってみます。
鹿嵐山 分岐を↑地蔵峠へ。 
「足を運ばせたもれ」と言われたら、やっぱり行かねば…
分岐を↑地蔵峠へ。  「足を運ばせたもれ」と言われたら、やっぱり行かねば…
鹿嵐山 地蔵峠
地蔵峠
鹿嵐山 いい顔してます。 
この先の安全を祈願し、お地蔵さんの右奥のリボンの方に進みます。
この先、ピーク付近まで踏み跡とリボンが有りました。(難所も有ります。)
いい顔してます。  この先の安全を祈願し、お地蔵さんの右奥のリボンの方に進みます。 この先、ピーク付近まで踏み跡とリボンが有りました。(難所も有ります。)
鹿嵐山 この小岩の右手10m程下った所に…
この小岩の右手10m程下った所に…
鹿嵐山 標高521.7の四等三角点(点名:鹿嵐)
標高521.7の四等三角点(点名:鹿嵐)
鹿嵐山 先程の小岩まで戻り巻道のリボンを探すが無い… 
まさか…と思い登ってみたら岩の上にロープとリボンが有った。
先程の小岩まで戻り巻道のリボンを探すが無い…  まさか…と思い登ってみたら岩の上にロープとリボンが有った。
鹿嵐山 こんな岩尾根も有ります。
こんな岩尾根も有ります。
鹿嵐山 急傾斜の岩場にロープ。
右手の山中を覗くと巻道らしいリボンが…
迷わず安全な方を進み…
急傾斜の岩場にロープ。 右手の山中を覗くと巻道らしいリボンが… 迷わず安全な方を進み…
鹿嵐山 岩の上から先ほど立った岩と万里の長城方面。
左奥が下りてきた鹿嵐山ですが、山頂付近はまだすっぽりガスの中。
岩の上から先ほど立った岩と万里の長城方面。 左奥が下りてきた鹿嵐山ですが、山頂付近はまだすっぽりガスの中。
鹿嵐山 この先リボンが↑ピーク方面と、→巻道らしき方向とに分かれていたので、とりあえず↑ピーク方面へ向かってみると…
この先リボンが↑ピーク方面と、→巻道らしき方向とに分かれていたので、とりあえず↑ピーク方面へ向かってみると…
鹿嵐山 ここは岩が切れていて目の前の岩には簡単に移れそうになかったが、左の木に足を掛け何とかよじ登ると…
ここは岩が切れていて目の前の岩には簡単に移れそうになかったが、左の木に足を掛け何とかよじ登ると…
鹿嵐山 このロープ。
何とか登ったが、一つ前の写真からのこのルートは危険でお勧めできません。
二つ前の写真の分岐から→巻道のほうが良いでしょう。
このロープ。 何とか登ったが、一つ前の写真からのこのルートは危険でお勧めできません。 二つ前の写真の分岐から→巻道のほうが良いでしょう。
鹿嵐山 P589ピークの岩(おそらく…)。
双耳峰の北側の耳だと思います。
南側の耳へは行けないのかもしれません。
ピークを示すものは特に見当たらず…
ピークからは鹿嵐山方面が見えます。
P589ピークの岩(おそらく…)。 双耳峰の北側の耳だと思います。 南側の耳へは行けないのかもしれません。 ピークを示すものは特に見当たらず… ピークからは鹿嵐山方面が見えます。
鹿嵐山 P589先の鞍部まで下りてきました。 
ここからP589までは大きな危険なく登れます。
登るならこちらからですね!
P589先の鞍部まで下りてきました。  ここからP589までは大きな危険なく登れます。 登るならこちらからですね!
鹿嵐山 展望岩場が有りました。
正面は鹿嵐山です。晴れていれば良い眺めかもしれません。
展望岩場が有りました。 正面は鹿嵐山です。晴れていれば良い眺めかもしれません。
鹿嵐山 P589の先のピークまで足を延ばしてみました。 眺望無し。 
左下にリボンが続いていますが、今日はこのピークで引き返します。
P589の先のピークまで足を延ばしてみました。 眺望無し。  左下にリボンが続いていますが、今日はこのピークで引き返します。
鹿嵐山 先程の鞍部まで戻りましたが、巻道の取付きのような所が見当たらない。
少しP589寄りまで戻ってみたら、左下10m程の山中にリボンが確認できたので、この鞍部まで戻って↖方向へ適当に下ってみると…
先程の鞍部まで戻りましたが、巻道の取付きのような所が見当たらない。 少しP589寄りまで戻ってみたら、左下10m程の山中にリボンが確認できたので、この鞍部まで戻って↖方向へ適当に下ってみると…
鹿嵐山 リボン確認。その先にも見える。踏み跡は薄いがリボンを追ってみると…
リボン確認。その先にも見える。踏み跡は薄いがリボンを追ってみると…
鹿嵐山 予想通り、登りで確認した分岐に合流した。 
先程登った道を←へ下り…
予想通り、登りで確認した分岐に合流した。  先程登った道を←へ下り…
鹿嵐山 無事、お地蔵さんの所に戻りました。
また行きたいかと問われれば…どうでしょう?
無事、お地蔵さんの所に戻りました。 また行きたいかと問われれば…どうでしょう?
鹿嵐山 お地蔵さん前の分岐標識。
←にはいかないで...と言われれば気になりますね!
お地蔵さん前の分岐標識。 ←にはいかないで...と言われれば気になりますね!
鹿嵐山 分岐標識が倒れていたので仮に…
方角的にこんな感じかな?
↗第2登山口に下ります。
分岐標識が倒れていたので仮に… 方角的にこんな感じかな? ↗第2登山口に下ります。
鹿嵐山 第2登山口。
ここから乙村岳・仙岩山周回を計画していましたが、予定時刻を大きく過ぎていますし、ここまでで結構満足できたので、今日はこのまま歩道道路を歩いてスタート地点に戻ります。
第2登山口。 ここから乙村岳・仙岩山周回を計画していましたが、予定時刻を大きく過ぎていますし、ここまでで結構満足できたので、今日はこのまま歩道道路を歩いてスタート地点に戻ります。
鹿嵐山 ここが鹿嵐山中央登山口
ここが鹿嵐山中央登山口
鹿嵐山 方角的には鹿嵐山(雌岳・雄岳)方面ですがどうでしょう?
方角的には鹿嵐山(雌岳・雄岳)方面ですがどうでしょう?
鹿嵐山 鹿嵐山第一登山口駐車場まで戻りました。 
駐車場の車が2台増えていました。
鹿嵐山第一登山口駐車場まで戻りました。  駐車場の車が2台増えていました。
鹿嵐山 帰りの車道から鹿嵐山(雄岳)方面
帰りの車道から鹿嵐山(雄岳)方面

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。